人気ブログランキング |

タグ:信長になれなかった男たち 戦国武将外伝 ( 1 ) タグの人気記事

信長になれなかった男たち 戦国武将外伝 (幻冬舎新書)

安部龍太郎/幻冬舎

undefined





戦国時代を含む、安土桃山時代から題材をとった歴史小説の多い安部龍太郎氏の、いわば「ネタ本」エッセイ集。戦国時代を制覇仕掛けながら、腹心明智光秀の謀反に倒れた織田信長とその後を襲った豊臣秀吉、そして、当時日本の中心であった京都近くに領地を持ちながら、信長のような「覇権ロード」を歩むことのできなかった大小様々な戦国大名についてまとめた一冊です。上杉、武田といった超メジャーな大名も、この本を開くまで私が全く知らなかったような方も同じような紙幅を割いて紹介しています。

戦国時代…、濃いキャラクターが、それこそ綺羅星のごとく登場した時代でしたね。大抵の人はその誰かに、自分の姿を投影し、事と次第によっては俺だった天下を取れたかもしれない、って妄想をたくましくする時代ですね。私もご多聞に漏れず、私もいろいろな武将に自分を投影して、自分だったら様々なシーンにおいてどのような行動をとっただろうか、という空想の世界に遊んだことは多々あります。最終的には隆慶一郎氏の小説ならびにその小説を原作としたコミックの影響で前田慶次になってみたいという結論に達しました。戦いには滅法強い上に、詩歌や茶道を嗜み、古典の文学にも明るいという教養の高さを併せ持ち、前田利家だろうが、豊臣秀吉だろうが、死を賭してまで己の意地を貫き通す。私には慶次の持ち合わせた戦闘力や教養の高さもないので、実際には無理なオハナシなのですが、だからこそ憧れるんです。ついでにいうと、年齢的にちょっと無理だったかもしれませんが、本能寺の変の際に信長の側にいて、一人でなみいる敵をなぎ倒し血路を開いて信長を逃し、彼が天下を取るまで仕えたかったなどと勝手に想像を膨らましました。まてよ、本能寺で弁慶の立ち往生よろしく華々しく散るってのもいいな。なんてな、バリエーションはいくらでも考えられます。

さて、この本で取り上げられた人物で特に印象深かったのが九戸政実と宇久盛定。

九戸政実は高橋克彦氏の小説『天を衝く』で既知の人物でしたが、安部氏もまた彼を主人公とした小説を構想しているようです。上梓された是非読んでみたいですね。天下統一目前の豊臣秀吉に対して牙を剥いた最後の武将。圧倒的に不利な情勢下で、あえて時代の潮流に逆らった武門の意地ってやつにシビれます。

長崎の五島列島を拠点とし、中国の海商王直と関係が深かったという宇久盛定は、この本で初めて知った人物です。当時の五島は東南アジア貿易の中心地として栄えており、種子島以前に初めて日本に鉄砲が伝来したのは五島だという史料があるという指摘は新鮮でした。また海外との貿易で得られる利潤が莫大なものであったということにも改めて驚かされました。戦国時代というととかく農地となる土地の奪い合いというイメージがあったのですが、実はコメの取れ高以外にも、貿易や商流を押さえる事で財力を蓄え、そこから兵力を整えていったものこどが覇権を握ったのだという指摘にも唸らされました。織田信長の父、信秀は現在でいう中部地方から畿内に流れる商流の利権を握っており、信長の挙兵はここから得た収益に裏打ちされたものだったという指摘はまさに目からウロコが落ちる思いでした。

海外との密貿易で栄えていたであろう宇久氏が、歴史の表舞台に出てこなかったのはなぜか?明による盟友王直への取り締まりと、それに連動した大友宗麟からの攻撃にあって勢力を拡大することができなかったからです。多分これに似たような事態は戦国時代のここかしこで起こっていたはずで、その動きの中で埋もれてしまった人物には、より良く世を治めることのできた人物がいたのかもしれません。果てしないロマンに思いをはせることのできた一冊でした。



by lemgmnsc-bara | 2019-03-23 09:08 | 読んだ本 | Comments(0)