人気ブログランキング |

信長になれなかった男たち 戦国武将外伝 (幻冬舎新書)

安部龍太郎/幻冬舎

undefined





戦国時代を含む、安土桃山時代から題材をとった歴史小説の多い安部龍太郎氏の、いわば「ネタ本」エッセイ集。戦国時代を制覇仕掛けながら、腹心明智光秀の謀反に倒れた織田信長とその後を襲った豊臣秀吉、そして、当時日本の中心であった京都近くに領地を持ちながら、信長のような「覇権ロード」を歩むことのできなかった大小様々な戦国大名についてまとめた一冊です。上杉、武田といった超メジャーな大名も、この本を開くまで私が全く知らなかったような方も同じような紙幅を割いて紹介しています。

戦国時代…、濃いキャラクターが、それこそ綺羅星のごとく登場した時代でしたね。大抵の人はその誰かに、自分の姿を投影し、事と次第によっては俺だった天下を取れたかもしれない、って妄想をたくましくする時代ですね。私もご多聞に漏れず、私もいろいろな武将に自分を投影して、自分だったら様々なシーンにおいてどのような行動をとっただろうか、という空想の世界に遊んだことは多々あります。最終的には隆慶一郎氏の小説ならびにその小説を原作としたコミックの影響で前田慶次になってみたいという結論に達しました。戦いには滅法強い上に、詩歌や茶道を嗜み、古典の文学にも明るいという教養の高さを併せ持ち、前田利家だろうが、豊臣秀吉だろうが、死を賭してまで己の意地を貫き通す。私には慶次の持ち合わせた戦闘力や教養の高さもないので、実際には無理なオハナシなのですが、だからこそ憧れるんです。ついでにいうと、年齢的にちょっと無理だったかもしれませんが、本能寺の変の際に信長の側にいて、一人でなみいる敵をなぎ倒し血路を開いて信長を逃し、彼が天下を取るまで仕えたかったなどと勝手に想像を膨らましました。まてよ、本能寺で弁慶の立ち往生よろしく華々しく散るってのもいいな。なんてな、バリエーションはいくらでも考えられます。

さて、この本で取り上げられた人物で特に印象深かったのが九戸政実と宇久盛定。

九戸政実は高橋克彦氏の小説『天を衝く』で既知の人物でしたが、安部氏もまた彼を主人公とした小説を構想しているようです。上梓された是非読んでみたいですね。天下統一目前の豊臣秀吉に対して牙を剥いた最後の武将。圧倒的に不利な情勢下で、あえて時代の潮流に逆らった武門の意地ってやつにシビれます。

長崎の五島列島を拠点とし、中国の海商王直と関係が深かったという宇久盛定は、この本で初めて知った人物です。当時の五島は東南アジア貿易の中心地として栄えており、種子島以前に初めて日本に鉄砲が伝来したのは五島だという史料があるという指摘は新鮮でした。また海外との貿易で得られる利潤が莫大なものであったということにも改めて驚かされました。戦国時代というととかく農地となる土地の奪い合いというイメージがあったのですが、実はコメの取れ高以外にも、貿易や商流を押さえる事で財力を蓄え、そこから兵力を整えていったものこどが覇権を握ったのだという指摘にも唸らされました。織田信長の父、信秀は現在でいう中部地方から畿内に流れる商流の利権を握っており、信長の挙兵はここから得た収益に裏打ちされたものだったという指摘はまさに目からウロコが落ちる思いでした。

海外との密貿易で栄えていたであろう宇久氏が、歴史の表舞台に出てこなかったのはなぜか?明による盟友王直への取り締まりと、それに連動した大友宗麟からの攻撃にあって勢力を拡大することができなかったからです。多分これに似たような事態は戦国時代のここかしこで起こっていたはずで、その動きの中で埋もれてしまった人物には、より良く世を治めることのできた人物がいたのかもしれません。果てしないロマンに思いをはせることのできた一冊でした。



by lemgmnsc-bara | 2019-03-23 09:08 | 読んだ本 | Comments(0)

カメラを止めるな! [Blu-ray]

濱津隆之,真魚,しゅはまはるみ/バップ

undefined





最初はごく限られた小さな映画館だけでの上映だったものが、いつの間にか口コミで評判が広がり、上映館数、上映日数ともにどんどん広がっていったインディーズ作品。レンタルショップで衝動借り(その1週間後には地上波で放映されてたりしました…)。借りる前の週に『アド街ック天国』で水戸が特集されており、その中でこの作品の舞台となった浄水場跡が紹介されたことも「衝動」に拍車をかけてました。

インディーズ作品だけあって、有名な俳優(名前を聞けば、あ、あの人かとすぐに思い出せる人)は全く出ておらず、技術にも舞台にも必要最低限のコストしかかけていませんが、以前三谷幸喜氏の『12人の優しい日本人』を観た時と同じ感想を持ちました。「映画の出来を決めるのは、キャストでもコストでもない」。ちょっとググって調べてみたら、映画評論家の町山智浩氏は「三谷幸喜を真似ようとしたら三谷作品より面白くなった」という感想を述べたそうです。

さて、ストーリーは劇中劇である『One Cut of the Dead」の撮影シーンから始まります。この劇中劇はゾンビ映画なのですが、現場となった浄水場跡地には、かつて日本軍が死者を蘇らせるための実験を行なっていたという噂があるという設定がなされており、そしてその噂は実は実話で、ゾンビ化したスタッフたちが、ゾンビ化されていない人々を追いかけまわすというベタなゾンビ映画ストーリーが展開されます。ここで終わってしまえば単なるゾンビ映画ですが、実はここからがこの作品の本筋。

地上波で放映された後とはいえ、ネタバレは回避したいので詳しいストーリー紹介はしませんが、劇中劇の中で、様々に仕掛けられた伏線が、次々に回収されていく筋立てはなかなか面白く、笑えるシーンも少なくありませんでした。

またもや、心苦しくも他人様の意見を拝借いたしますが、キムタク氏は「映像制作の現場の雰囲気を上手く表現している」と感想を述べています。映画に限らず、映像を提供する側は、画面の流れをスムーズなものにするために、文字通り見えない部分で工夫や努力を重ねているんだな、ということは、現場を全く知らない人間が観てもよくわかる作りにはなっています。

期待半分、疑い半分てな心理状況で観始めたのですが、期待を上回る出来の作品だったように思います。個人的には最後の最後がスポ根ドラマっぽくなっちゃったのが残念でしたが、まあ、「勝利は全てを癒す」的な結末は最も一般受けしやすいものだというのも事実です。



by lemgmnsc-bara | 2019-03-21 06:35 | エンターテインメント | Comments(0)

『ゲット・アウト』鑑賞

ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ダニエル・カルーヤ,アリソン・ウィリアムズ,ブラッドリー・ウィットフォード,ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ,キャサリン・キーナー/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

undefined

権威主義の権化である私が、「アカデミー賞候補作」という店頭ポスターの謳い文句にひっかけられて、借りてきたのが標題の作品。

黒人写真家のクリスには白人のガールフレンド、ローズがいます。とある週末、ローズの両親にクリスを紹介するため、二人はローズの実家に行くことになっていました。

実家訪問に先立ち、クリスはローズに「僕が黒人であることは両親には話してあるのかい?」と問いかけます。「話してないわ。でももしオバマに三期目があれば、父親は彼に投票していたわ」と返すローズ。両親がレイシストではないと主張し、クリスの危惧を鎮静化しようとします。

さて、二人はローズの実家に到着。両親とローズの弟ジェレミーはクリスを歓迎しますが、この家には黒人の男女が一人ずつ召使いとして雇われており、クリスにも、観ている者にも違和感が生じます。次の日は、両親の親しい人々を集めてのパーティーが開催されます。メンバーは一人の黒人を除いて全て白人。その黒人は30歳も年上の白人女性と結婚しています。違和感がどんどん広がります。クリスはここで、参加者たちの、差別的ではないものの、何か彼を値踏みするような視線に晒され、違和感が不快感に変わっていきます。

アカデミー賞の候補になったということは、何らかの社会問題について掘り下げた作品だという思い込みがあったため、糊塗しても、そこかしこから滲み出てくるレイシズムにクリスが苦しむ姿を描くことで、アメリカ社会に根付いた病巣を描く展開になるのだろうと予想して鑑賞し続けていったのですが、その予想は見事に裏切られ、物語はSFチックな方向に向かっていきます。そういえばポスターには「SFホラー」という文字も躍っていたな、と思い返しもしました。

根底には確かに、白人の黒人への差別意識と、その裏返しとして、黒人の優れた身体能力への憧れがありますが、この作品はまさしくホラーです。なぜホラーなのかを説明するためには、この先の展開を紹介せざるをえず、そうなると単なるネタバレになってしまうので、ストーリー紹介はしません。私が一番恐怖する、正気と狂気のはざまにいる人間の姿を描いた作品としては非常に優れていたと思います。

一番怖いのは、一見正常でありながら、実はどこか一本ネジが飛んでしまった人間なのだということ、ということはすぐそばにいる誰かが、こういう人間である可能性が常にあるということ。日常に潜む恐怖を改めて思い出させてくれる一作だったと思います。オススメです。

by lemgmnsc-bara | 2019-03-09 08:00 | エンターテインメント | Comments(0)