『忍びの者 霧隠才蔵』鑑賞

忍びの者 霧隠才蔵 [DVD]

市川雷蔵,磯村みどり,城 健三朗(若山富三郎)/KADOKAWA / 角川書店

undefined


市川雷蔵主演のモノクロ映画。1964年の作品です。大坂冬の陣から夏の陣の間の真田幸村(城健三朗名義ですがDVDのキャスト欄に()付きで書いてあるように後の若山富三郎氏です。よく似た人がいるもんだ、ひょっとして父親?とか思ったのですが、彼の父君は義太夫節の杵屋勝東治という名人でした)と徳川家康(中村鴈治郎。ご存知中村玉緒女史の父君です)との暗闘を描き、その戦いの中心となった双方の忍者たちの生き様、死に様を描いた一作です。

冬の陣後の家康の策略で、難攻不落の守備機能の多くを担っていた二重堀が埋め立てられてしまい、豊臣方は圧倒的に不利な状況。徳川方は、大坂城を攻める大義名分だけを見つければいい、という状況の下、事態の打開を目指し、霧隠才蔵(市川雷蔵)の朋輩の忍者たちが一発逆転の手となる家康暗殺に奔走するのですが、そこは数々の窮地を乗り越えてきた狸親父の家康のこと、十重二十重に守りを固めていて、次々と返り討ちにあいます。

才蔵自身も家康の喉笛に刃を突きつけるところまで行くのですが、家康自らの「儂は影武者だ」という言葉と演技にすっかり騙されてしまいます。ここで根本的なツッコミを一つ。「では本物はどこだ?」と聞いて、影武者たる人物が、あっさりと本人の居場所にまで才蔵を連れていったという時点で「普通」の人間だって何かウラがあるな、という疑いは持つはずです。権謀術数が重要な「営業品目」である忍者の、それも凄腕を謳われている霧隠才蔵が、あっさりと騙されてしまうのは何故?幾ら何でも人が良すぎないかい?まあ、文字通り命が風前の灯状態だった家康が必死に演技したのだろうし、正義のヒーロー才蔵は人情味も併せ持つ人物だったという設定なのだ、と無理やり納得するしかありません。

後の世に著された劇画や映画の類で、ほとんど人間業とは思えないような超絶的な忍術の数々に毒されたせいなのか、忍者同士の闘いぶりに何となく「間延び」を感じてしまいました。中でもひどかったのが、才蔵相手に、徳川方の忍者が散々に目潰しを投げつけるシーン。才蔵は何発も直撃を浴びて激しく咳き込んで、あっさりと捕まってしまうのですが、体術の優れた者として後世に名を残している「達人」の「ヤラレ方」としてはかなりみっともない。例えば人質を取られて、ウデの方では決して負けていないのに、人質の命を救うためにやむなく投稿するってのなら話はまだわかるんですがね…。

才蔵がとらわれの身から脱出する際に用いた秘術だけが、いわゆる忍者モノに私が期待するレベルの超人的技巧でした。この作品レベルの戦いの方が「実際」の戦いに近いのだろうな、とは想像できるのですが、刺激としては物足りないレベルでした。

最後も中途半端。あそこは「史実」通りに、圧倒的な寡兵でありながら、家康の本陣めがけて猛烈な突進を繰り返し、三度も退却させたという激戦の結果、戦場で華々しく散る、という結末だった方がしっくり来るんだけどなぁ…、ってのが観終わって最初に感じた感想。作品公開当時の民衆には意外な結末としてウケたのかもしれませんがね。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2018-08-19 08:19 | エンターテインメント | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30