『虎に食われた男』を読んだ

虎に食われた男

藤本義一/幻戯書房

undefined


故藤本義一氏の阪神タイガース賛歌。日刊スポーツ紙上に連載されたものを単行本化したもの。どこかの大きな書店でバーゲンブックとして叩き売られていたものを「救出」。

藤本氏といえば、私にとっては作家というよりは『11PM』の司会者という印象が強い方です。中学生当時、親が起きてくるのを警戒しながらエッチな画面にドキドキワクワクしていた身としてはどうしてもイヤラシイおじさまというイメージを持ってしまいましたが、実は私は藤本氏の作品を読んだことがありませんでした。

藤本氏初体験のこの作品の主人公は、阪神タイガース私設応援団の創設に深く関わり、その団長を務めたこともある松林豊氏。この方、タイガースを応援するためなら全国どこにでも行くという筋金入りのトラキチで、そのために安定した公務員という職を捨て、順調に拡大しつつあった事業も手放したという人物です。

ストーリーは連載当時、低迷を極めていたタイガースの実像にちらりと触れてから、終戦直後のダイナマイト打線の回顧へと進んでいきます。ちなみに、私が敬愛する北杜夫氏も熱烈な阪神ファンでしたが、彼が阪神ファンとなったのはこのダイナマイト打線に魅せられたからだそうです。

リアルタイムと過去を行き来しながら、タイガースという球団がどのような性格を持ち、どのように変貌して来たのかを描き、同時にトラキチである松林氏の生き様と、日本社会全体の戦後からの復興と平成の世に入ってからの動向を描いています。一つの球団を物語の核に据え、人間の人生と社会の変遷を描いた見事な「時代小説」と言って良いと思います。

オハナシの最後は昭和60年、超強力打線を有したタイガースが日本一の栄冠をつかんだところで終わっています。バース、掛布、岡田の甲子園バックスクリーン3連発はもはや伝説と化していますね。この三人に、俊足と長打力を兼ね備えたリードオフマンの真弓を加えた打線は、日本球界の歴史の中でも屈指の存在でした。日本シリーズの相手は全盛期の西武ライオンズでしたが、管理野球だの戦術だのといった、小やたら難しい野球を強力打線で粉砕してつかんだ日本一は、野球の面白さの一つの原点でしたね。四の五の言おうが、どんな小細工をしようが、最終的に良いバッターが額面通りに打てば勝つんだよ、という野村克也氏あたりが聞いたら卒倒しそうな世界観の野球を実現しちゃいましたからね。

さて、平成の世も末となった先シーズン、タイガースファンの多くは歯がすり減ってしまうくらい歯噛みしたのではないかと思います。大差をつけられてリーグ優勝には届かず、本拠地甲子園でのクライマックスシリーズでDeNAに下克上を許してしまいましたからね。最後の最後で詰めが甘い、という体質だけは確かに継承されているようです。






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2018-01-13 07:40 | 読んだ本 | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30