『青に候』を読んだ

青に候 (新潮文庫)

志水 辰夫 / 新潮社

スコア:




志水辰夫氏の時代小説。解説によれば氏の初の時代小説だそうです。

物語の時代背景は幕末のちょっと前。黒船が浦賀沖に現れて世情が騒がしくなり始めた頃という設定です。播磨の山代家に仕える主人公神山佐平が、尾羽打ち枯らした姿で江戸に戻ってくるところから始まります。佐平は山代家で同僚と諍いを起こし、その同僚を斬ってしまったため、藩を出奔したのでした。江戸で彼は藩の追っ手から身を隠しながら、行方不明となっている朋輩の永井縫之助の行方を捜す活動を始めます。

何故、佐平が播磨で諍いを起こさなければならなかったのか?永井の行方を追うのは何故か?この辺の理由は江戸で活動する佐平の現在の姿と、山代家に仕えていた過去の出来事を交互に描くことで段々と明らかになっていきます。読者の興味をひきつける手法としてはなかなか考えられていますな。佐平に感情移入して物語を読み進めていくうちに自然と物語の背景が頭に入ってくるという寸法です。見事にその手に乗せられちゃってぐんぐん読み進んじゃいました^^。

物語は山代家の先代君主の急死にまつわる疑惑、暗君である現君主とその威を借る胡散臭い取り巻き連中の暗躍を軸に徐々に佐平に危険が迫ってくるという展開をみせます。藩中唯一の親友といってよい六平太の手助けや、自身の我流の剣法でなんとか窮地を切り抜ける佐平。先代君主の側室である園子(佐平の親戚にして幼馴染。彼女の引きで佐平の山代家への仕官が決まった)へのかなうことのない淡い恋心と、佐平を慕うたえ(六平太の妹)への想いとの間で揺れる佐平の気持ち。武士として生きるべきか、好きな絵の道に改めて進むべきかにも悩む佐平。時代小説であるという体裁を取りながら、中身は現在の青年の悩みとも通じる古くて新しいテーマ「人はいかにして生きるべきか」を描いていました。のみならず、一種の企業小説として読むことも可能でしたね。ワンマン君主を取り巻く有象無象と、実際の藩政をささえる、謹厳実直な武士たち。封建制故に暗愚であっても君主には忠誠を誓わなければならないという苦悩。殖産興業を志す先進的知識を持った江戸出身の藩士と、何事も先例に則って改革を拒む地元の藩士との相克。どこやらの国のお役所体質そのままですな^^。

物語の終わり近く、佐平は凄腕の浪人と切り結びますが、そこだけが時代小説っぽかったですね。その果し合いの結末もリアルでした。で、最終的には古今東西を問わず好まれる結末、ハッピーエンドが待っています。またこのハッピーエンドがミエミエなんだけど胸を打つんですよ。様々な紆余曲折を経て、ようやく自分の本当にやりたいことを見つけた佐平の姿は感動的でした。

志水氏の作品は以前に一つだけ読んだことがあるのですが、題名も内容も忘れてしまいました^^;。シミタツ節と呼ばれる、氏独特の文章には熱烈なファンが少なからずいるようです。あまり重い気分になりたくないときにはシミタツ節は有効だと思いますので、別の作品も是非読んでみたいと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2010-02-24 19:56 | 読んだ本 | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30