『アイアンマン』鑑賞

アイアンマン [UMD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スコア:





ロバート・ダウニー・Jr.主演、アメコミが原作のアクションヒーローモノ。

天才発明家にして、巨大兵器製造会社スタークインダストリー社長のトニー・スタークは自社が開発した新型クラスター爆弾「ジェリコ」をアメリカ軍にプレゼンするためにアフガニスタンを訪れます。プレゼンは無事成功し、意気揚々と引き上げるトニーを待ち受けていたのはゲリラ組織「テン・リングス」の襲撃。護衛の兵士が皆殺しにされた後、徒手空拳で逃げ出したトニーの近くで炸裂したのは皮肉にも自社製のロケット弾。破片を体に受けたトニーは失神します。

気がつくとトニーは「テンリングス」のアジトに囚われていました。爆弾の破片は心臓付近に刺さったまま、電磁石を埋め込んでどうにか心臓に食い込むことを防いでいます。この手術を施したのは同じく囚われの身であるインセン博士。トニーはゲリラの首領から、「ジェリコ」の製造を命じられます。時間を与えられたトニーがゲリラの目を盗んで作り上げたのが動力つきアーマー「アイアンマン」でした。トニーは「アイアンマン」を装着し、ゲリラのアジトを脱出しようと企みますが、そこはスクラップをかき集めて作った急造品の悲しさ、起動までに恐ろしく時間がかかってしまいます。ここで時間稼ぎをするためにインセン博士が死亡。なんとか起動させることに成功したトニーはゲリラの一味をなぎ倒し、アジトの外へと脱出しますが、これも急造品の悲しさ、途中で飛行装置が故障して砂漠へ真っ逆さま。幸い、ゲリラ組織は壊滅的な状況だったので追っ手は来ませんでしたが、トニーは一人砂漠をさまよいます。何とか米軍のヘリに救助されたトニーは、戦いのおろかさに気づき、今後兵器の製造を止めると宣言。慌てた経営陣の一人、オバディア・ステインはトニーを無理矢休養させてしまいます。

休養中にトニーはインセン博士の仇を討つべく、様々な試行錯誤を経て改良型の「アイアンマン」を完成させます。その改良型「アイアンマン」を装着してゲリラの本拠地に乗り込んだトニーはゲリラを壊滅させるのですが…。ゲリラからもスターク社製の兵器で攻撃されたことで、ゲリラへの内通者がいたことに気づきます。果たしてトニーと「身内の敵」との戦いの行方はいかに。これ以上は実際の映像をご覧くださいm(_)m。

原作がアメコミですので、敵味方がはっきりしていますな。アメリカの正義に楯突く、悪のイスラム教ゲリラたち。ソ連崩壊後は絶対的な悪者はイスラム教信者のゲリラと相場が決まっています。「身内の敵」も最初からいかにも怪しげ。もう少しひねった演出で、正体が露になるのをなるべく引き伸ばしてもらいたかったんですがねぇ。最初の予想の通りにストーリーが展開していきます。で、終盤はお定まりの派手派手しい戦闘シーン。それも苦戦に苦戦を重ねた主人公が最後の最後でぎりぎりの勝利をつかむという、いかにも、っていう展開です。エンドロール突入前のシーンはめでたしめでたしで、主人公は友情も愛情もすべて手に入れます。鉄板のハッピーエンドパターン。まあ統計的にみてもこういう結末が一番ウケるんでしょう。登場人物とプロットが若干違うだけで、結局は同じパターンを踏襲してます。所詮はアメコミなんだよなぁ…。まあ、肩は凝らないんですけど^^。お子ちゃま向けという感は否めません。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2010-02-12 19:18 | エンターテインメント | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30