『嘘神』を読んだ

嘘神 (角川ホラー文庫)

三田村 志郎 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

スコア:




しばらく前の衝動買いツアーの際に「第16回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作」という腰巻の文句につられて買い求めたのが同書。作者三田村志郎氏のデビュー作だそうです。

高校生のコーイチ、ヤス、ダイチ、ユミ、カスミ、ミカの6名は、ある日いきなり、出口のまったくない空間に閉じ込められてしまいます。突然のことに戸惑いを隠せない彼らの前に現れたのは「嘘神」。姿は見えるものの実体のない「嘘神」は捕まえることはおろか、触れることすらできません。

「嘘神」は彼らにこの空間から脱出できるのは一人だけであると告げ、生き残るための七つのルールを一方的に告げると、姿を消してしまいます。彼らに残されたのはダーツやトランプ、ピンクのカードにペンなどのわずかな道具のみ。最初は状況を理解することすら出来ずに混乱していた6名ですが、恋人であるカスミの渇きを救うために水を飲んでしまったヤスが死んでしまったことで「与えられた6本の水の中には1本だけ毒が含まれている」というルールが嘘でないことが証明され、残された5名は全員が助かる道を模索しながらも、同時に仲間に出し抜かれないために仲間を疑わなければならないという複雑な状況に追い込まれます。

基本的に主人公はコーイチなのですが、物語の語り手は次々と交代し、それぞれの人物の目から見た主観的な状況の説明がなされていきます。RPGの影響を色濃く受けた構成ですが、おのおのの心理がよくわかるという点において、なかなかよく考えられた手法だと思います。

果たして、生き残るのは誰なのか?そして彼らをこんな状況に陥れた嘘神の正体とは?DVD同様の逃げ口上で申し訳ありませんが、これ以上は実際にお読みくださいm(_)m。

最後は三段落ちで、なるほどと感心させられたあとに、ちょっと心が温まり、最後に少々苦味が効いている、ということだけ述べておきましょう。

読み進めていくうちに、自分が同じ状況に放り込まれたらどうなるだろうと考えてしまいました。おそらく、まずはパニック状態に陥って、冷静な判断など出来なくなるでしょうし、飢えと渇きに耐えることが出来ずに、水や食料をすぐに口にしてしまうと思います。多分一番最初に死ぬのは私でしょう^^;。

三田村氏は文章、ストーリー展開ともに非常にうまい方だと思います。最初から最後まで倦むことなく読みきらせて貰いました。今後の作品にも期待したいと思います。
[PR]
Commented by himaru73 at 2010-01-26 21:43
山田悠介という作家の「パズル」その他数編を読んだのを思い出しました。こちらはホラー要素が薄くてゲーム感覚だったのですが、閉じた空間で仲間同士の疑心暗鬼と葛藤しながら生き残りを図るという設定が似ています。
伊坂幸太郎も最近はじめて読んだところでして、テンポ良く展開するエンタメ小説の書き手がどんどん出てきているという感想です。
Commented by bon-amulet at 2010-01-27 15:47
黄昏ラガーマンさんの記事を読んで、暑かったのも忘れてしまいました。(35度!)結末が気になります。「日本に帰ったらリスト」に入れておきます。
Commented by lemgmnsc-bara at 2010-01-27 22:58
ひきつづき、ひまる。さんへ。
山田氏は『リアル鬼ごっこ』、伊坂氏はいくつか映画化された作品で有名になりましたね。本屋の店頭でも大量に並べられているのをよく見かけますが、ヒネクレモノゆえあまりに露出している本には手が伸びません。何かの拍子にひょいと手に取るまではしばらく本屋に「積ん読」しときます^^。
Commented by lemgmnsc-bara at 2010-01-27 23:04
ぼなさんこんばんは。毎度コメントありがとうございます。
なかなかよく出来たホラー小説だったと思います。オーストラリアに帰る飛行機の中で読めてしまうくらいすいすい読めちゃうと思いますよ^^。
by lemgmnsc-bara | 2010-01-26 20:04 | 読んだ本 | Comments(4)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30