暗黒の巨人軍論 (角川新書)

野村 克也/KADOKAWA / 角川書店

undefined

巨人を倒すことに生涯をささげてきたといってよい野村克也氏による現在の巨人軍の問題点を指摘した書。

野球というスポーツは、1球1球プレーが切れ、インターバルがあるという珍しいスポーツです。野村氏によれば、この「間」の活用方法こそが勝負を分ける重要なポイントであるとのこと。点差、イニング、アウトカウント、相手投手との相性、走者の有無などの属性により、その場面場面での最良の結果を見極め、その結果をもたらすよう努力するのと同時に、最悪の結果も考えて、そこから少しでも遠ざかるようなプレーをしようと試みる。たとえば、無死一塁二塁で点差が1点ビハインド自分が右打者で相手投手も右、なんてな場面を想像してみてください。最良の結果はホームランで3点取ることではありますが、ホームランが出る確率は非常に低いし、下手に打って出たら内野ゴロでダブルプレーを取られて一気に二死(すなわち最悪の結果)なんて事態にもなりかねない。そこで、チャンスを広げるために送りバントを選択するが、その際には、二塁ランナーが三塁で封殺されないよう、捕球から送球までに時間がかかる三塁側にボールを転がすことを心がける、などというのが「考えた」プレーです。こうした場面場面での最良選択プレーは長い歴史を経るうちに「セオリー」として定着しています。またこのセオリーがあるからこそ、その裏をかく策だって出てくるわけです。そこで、いろんな選択肢を考え、実行するために練習を重ねる、というのが強化における「セオリー」となります。

俗に「アンチは裏返ったファン心理だ」などという言葉がありますが、野村氏は実はかなりの巨人ファンです。有力な選手が続々と集まる巨人には鼻も引っ掛けられなかったという悔しさが打倒巨人への強いモチベーションとなったのですが、野村氏が打倒したかったのはV9を達成した当時の巨人であり、現在の巨人はまったく怖くないとも述べています。V9時代の巨人はONという打線の軸と強力な投手陣を擁した上に、なおかつ各人が自分の果たすべき役割を熟知し、その役割を果たすための練習をきちんとしていたそうです。中心選手であるONも圧倒的な練習量でチーム全体を引っ張った。試合でのプレーだけでなく、日常生活においても他の選手の手本となるよう心がけていたというわけです。こうしたチームが空前絶後のV9を達成したのは至極当然で、現在のチームもこの時代のチームを手本とすべきだとも説いています。

なぜ、こんなことを野村氏が一冊の本にして上梓したのか?それは現在の巨人軍に考えるということがまったく根付いていないからです。冒頭にいくつかのミスが挙げられていますが、なるほどプロとしては恥ずかしいレベルのプレーばかりです。野球というスポーツへの理解も足りないし、理解するための研鑽も積んでいない。反射神経と筋肉だけでただ目の前の事象にのみ対応しているだけ。だから体力が衰えると高いパフォーマンスがみせられなくなる。仕方がないから他球団で実績を挙げた選手をFAで引っこ抜く。かくして素質のある選手が育たずに、功成り名を遂げた選手ばかりを巨人が引っかき集める、という今の図式が出来上がり、しらけたファンがどんどん離れていくという事態を招いたというわけです。

まったくもってその通り。自前の選手を育てて優勝した広島や日ハムに倣うかと思いきや、またぞろ欲しい欲しい病発動で有力な選手を3人FAでかき集めるわ、未完の大器大田を放出するわ、外国人も欲しいだけ取るわで、まったく反省がありません。盟主がこれでは、日本野球はアメリカに追いつくどころか完全ファーム化への道一直線です。なんとかして欲しいもんですが、今の最高権力者がどうにかならない限りはどうしようもないんでしょうね。テレビのゴールデンタイムにプロ野球中継が復活する日は来るんでしょうか?望み薄ですね…。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-02-23 05:56 | 読んだ本 | Comments(0)

私の教え子ベストナイン (光文社新書)

野村 克也 / 光文社

スコア:




南海・ヤクルト・阪神・楽天と弱小チームを常勝チームに育て上げた(またはその基礎を作った)野村克也氏による、教え子、即ち監督時代に選手として活躍した選手達から選抜したベストナインについて記しているのが標題の書。

監督を務めた各球団のベストナイン候補が、まず興味深い。古くは杉浦、皆川から、最近では先頃引退を表明した山崎武司まで。さすがにヤクルト時代の選手が多かったですが、巨人ファンだった私にはあまりなじみのない藤原内野手や広瀬外野手、三浦投手や西岡投手など往年の南海をささえた名選手達も多々登場していました。

トレードをめぐる裏話あり、新しい球種をマスターするまでの苦労話やら、アスリートとして身体能力は誰が一番優れていたか、などのサイドストーリー満載です。こうした裏話の蘊蓄を披露し合う試合後の飲み会までがプロ野球観戦の楽しみだと思っている私みたいなしゃべりたがりのネタ本としては最高の一冊ですね。

肝心のベストナインとして誰が選出されているかについては、本書の根幹をなすものですので触れずにおきますが、残念ながら阪神の選手は候補どまりで誰も選出されていません、とだけバラしておきましょう。名将ノムさんをしても改革しきれなかったのが阪神という球団でした。でも3年間の監督生活がナニガシかの栄養分となり、後の優勝につながったのだとは思います。楽天だって、ノムさんの影響力なしには今年の優勝はあり得なかったと思いますしね。

ノムさんには、是非オリックスとかDeNAみたいな常弱球団の監督をもう一度引き受けてもらい、日本のプロ野球を活性化して欲しいものです。そして是非とも新しいベストナインを選んで欲しいな、とも思いましたね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2013-10-21 19:06 | 読んだ本 | Comments(2)

執着心 勝負を決めた一球 (PHP新書)

野村 克也 / PHP研究所

スコア:




現代野球界を代表する知将、野村克也氏が2012年のシーズンの巨人戦を中心に書いた戦評集。サンケイスポーツに連載されているものの抄録だそうです。

題名の「執着心」はもちろん勝利に対する執着心を意味します。勝利をつかむためには如何に勝ちにこだわったプレーをするか?勝ちにこだわるためにどれだけの準備をし、いざ自分がプレーする段になって、いかに頭を使うか?野村氏独特の視点で綴っています。

書いてあることの大筋は今まで読んだ事のある野村氏の著作とほぼ同じ。ただし、実戦の場面場面の解説にその考え方を反映させた書き方をしてもらうと、「なるほどこういうことだったのか」という「臨場感」が増します。いわゆる「一球の綾」、「勝負の勘所」などが一体どこにあったのか、ということが懇切丁寧に語られています。

野村氏は、巨人の選手がいかにモノを考えずに野球をしているかということを槍玉に挙げています。点差、アウトカウント、走者の有無によってその時々の対応は違ってしかるべきなのに、初球から難しい球に手を出して簡単に凡退している打者を責め、盗塁の脅威を感じさせない走者に苦言を呈し、危機を切り抜けるための配給を考えきれないバッテリーを批判しています。

そうそう、巨人ファンである私からみても、歯がゆい場面は多々あります。10-1で派手に勝ったかと思えば、0-1や1-2などの僅差の試合をモノにできないことが続く、なんて展開が続くとイライラしますねぇ。他球団に比べて桁違いの戦力を有しているはずなのになんだかもたついている感があります。アスリートとして優れているが故に素質だけでプレーしてもそこそこの結果が出てしまう。従って考える必要がないから考えるという習慣がいつまで経っても出来て来ない。接戦での弱さはこの辺にあるんじゃないでしょうかね?また、今年に関して言えば連勝もするけど連敗もする、という現象が目立ちますが、その辺もこの「考えなし」の影響が大だと思います。

元々能力の高い選手達がしっかりとした準備をし、場面場面で自分の役割をしっかりと考えてプレーしたら最強ですね。実際には好悪の感情などのプレー以外のファクターの影響も小さくはないとは思いますが、一度ノムさんには巨人の指揮を執っていただき、選手達に考える習慣を身につけさせて欲しいと思いますね。

なお同書には過去の日本シリーズを振り返った評論集も併せて収録されていますが、これも懐かしいと同時に興味深かったですね。お買い得な一冊だと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2013-07-14 06:59 | 読んだ本 | Comments(2)

『考える野球』を読んだ

考える野球 角川SSC新書 (角川SSC新書)

野村 克也 / 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)

スコア:




積ん読山の下の方から発掘されたのが標題の書。野村克也氏が楽天の監督を事実上解任されてすぐに著した一冊だと思います。

まあ、書いてある事は今までの氏の著作とほとんど同じ。弱者が強者に勝つには頭を使うしかないという大きなテーマのもと、自らの選手時代、監督時代の体験を綴っています。

「考える」という脳の働きは人間にのみ許されている高度なものだと言えるでしょう。日常のほんのちょっとした行動から、最先端の科学技術に至るまで、全てが「考える」ということに基づいていますね。

恵まれたカラダと運動神経が大きくモノをいうスポーツの世界でも「考える」事は大いに重要。有り余るほどの素質を持ちながら、その素質に溺れて大成しなかったプレーヤーは星の数ほどいます。逆に身体能力はさほど高くなくても考える事を武器に大成した選手も少なからずいます。

「考える」野球の体現者として私が一番印象に残っているのは牛島和彦氏ですね。彼が新人の頃、当時の監督の家に新人選手がすべて集められて、食事会をやったそうです。その時に監督から投手全員に「お前ら二死満塁でカウント2-3だったら次に投げる球はなんだ?」という質問がぶつけられたそうです。他の選手がほとんど「思い切ってど真ん中にストレート投げます」みたいな答えを元気に返した中、牛島氏だけはしばし黙考してこう答えたと言います。「相手の打者の性格も、成績もカウント2-3になるまでの展開もまったくわからない状態では答えの出しようがない。」これを機に牛島氏は首脳陣からも選手からも一目置かれるようになったと言います。アマチュア時代はお山の大将で、困った時はど真ん中に思いっきり放っておけば何とかなったんでしょうけど、プロはそこまで甘いもんじゃありませんね。ご存知の通り牛島氏は中日、ロッテで抑えのエースとして長年活躍しました。これはフォークボール以外に大した球を持たなかった同氏がいかに考えて野球をやっていたかの証左ではないでしょうか?

その他、素質だけで野球をやって才能を食いつぶしたところでさっさと辞めていったかに思える江川卓氏も相当に頭を使うピッチャーだったようです。氏は晩年、直球の球速が衰えてから「コシヒカリ」という名のスライダーをマスターして使いました。しかし、しばらくするとこの球を放る時の癖がバレて狙い打ちされるようになったそうです。で、江川氏は当然その癖をきちんと修正したそうですが、時にはわざと癖を丸出しにして投げる事もあったそうです。打者としては癖を見抜いているが故に、却って迷いを生じるというわけです。なるほど、一つ新しい武器を手にしたら、その使い方ってのは「考え」方によって何種類もの使い方がある訳ですね。

なかなか勉強させていただける本でした。ただ流されて作業するだけではなく、仕事の意味を考えながらこなしていけば身に付いてくるものが違ってくるはずだ、という気づきをもらった事も、この本の効用の一つでしたね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2012-06-29 23:18 | 読んだ本 | Comments(0)

あ~ぁ、楽天イーグルス

野村 克也 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

スコア:





つい先ごろ、名誉監督に正式に就任した前楽天イーグルス監督野村克也氏の回顧録。

野村氏は昨シーズン楽天を球団史上初のシーズン2位に躍進させ、クライマックスシリーズも第2ステージまで進出させたというのに、解任されちゃいましたね。なぜ実績を挙げたのに解任されなきゃならないのかいまだに腑に落ちないんですが、傍目で見ている以上に本人も腑に落ちていないようです。

野村氏は、阪神こそ再生できませんでしたが、ヤクルトを常勝チームに育て上げた手腕を遺憾なく発揮して、「あまりモノ球団」楽天を「考える野球」を実践する集団に変革し、4年という短期間で優勝争いをするまでのチームにしたのです。今年こそ優勝を狙える地位にまで登りつめた矢先に解任。しかもクライマックスシリーズを控えたタイミングでの解任発表という、球界の常識をまったく弁えない仕打ちまで受けましたね。楽天のフロント陣以外は誰もが首をひねった人事だったと思います。

野村氏自身も「楽天イーグルスは大好きだが、楽天球団は嫌いだ」とフロントを堂々と批判しています。これだけ正々堂々と批判しておいて名誉監督に就任するってのも理解できません。他の球団を率いて楽天を見返すくらいの意地を見せて欲しかったんですがね…。しかも当初は「名誉監督なんて受けるもんか!!」って表明していただけに余計に不可解な就任ですな。

閑話休題。野村氏が楽天を強くさせた秘訣は、上述したように「考える野球」をチームに浸透させたことです。例えば一度はオリックスから見放されながら、楽天入団後本塁打、打点の2冠王にも輝いた山崎武司選手。彼は野村監督が来るまでその時々の状況をまったく考えず、常にホームランを狙って打席に入っていたそうです。カウントも得点差も関係なし。とにかくでかいの打ちゃいいんだろうということで、バットをぶんぶん振り回していたそうです。野村氏は配球を読むことの大切さや、いかに得意なコース、球種を投げさせるかという思考法を指導し、それが見事に実を結ぶのです。

「野球はいかに確率の高い方法を選択していくかという競技。確率の高さを維持するためには日頃の準備が大切」というような主旨の文がありましたが、これなどは普段の仕事にも活かせる考え方です。特に後半部分。自分は日頃十分に準備して仕事に臨んでいるのか?と考えて打ちのめされる思いでした。最近サボりがちな筋トレもしかり。試合の場になって急に火事場のバカ力を出そうたって無理なんです。ちょうどトレーニング中に読んだので改めて気を引き締めてトレーニングしました。

今年の楽天が一体どんな戦いを見せるかには大いに注目です。昨年までの技術の蓄積がいっきょにチャラになってしまうような事態にならなければいいんですがね。今日の開幕戦は早速負けたみたいですな^^;。しかも岩隈で…。前途多難な船出ですね(>_<)。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2010-03-20 23:37 | 読んだ本 | Comments(6)

野村楽天の終焉

<パCS>日ハム2年ぶり日本シリーズへ 楽天降し 第4戦

ついに決まっちゃいましたか。まあ、第1戦の大逆転負けで、シリーズの流れは完全にファイターズに傾いちゃいましたからね。野村監督が「打てる手はすべて打っ」て4点リードで迎えた最終回に押さえのエースと頼む福盛が逆転サヨナラ満塁ホームラン打たれちゃ、そりゃ勝てないでしょう。切り替えろたってなかなか切り替えられるもんじゃありませんよ。

昨日の田中マー君は良く頑張ったと思いますが、シリーズ全体の流れを変えるまでには至りませんでした。

近鉄とオリックスの「残り物」の選手で構成されたチームが創立5年でよくここまで来たものです。この点は素直に称えていいと思います。

しかしながら、CS前のお家騒動はいただけませんな。すでにクビになることが決まっている人間が心の底から頑張ろう、という気になれる訳がない。そんな指揮官に率いられる選手も可哀想ですが、心かき乱されたファンも腹が立ったことでしょうね。顧客の満足を得られない企業はいずれ衰退していくというのは不変の真理です。頭がいいはずの三木谷氏はなぜこんな単純なことに気がつかないのでしょうか。チームの強さというのは経済指標だけで割り切れるものじゃないと思うんですがね。

野村監督ひとまずお疲れ様でした。来年は某神奈川県の球団あたりを率いていただきたいものだと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2009-10-24 20:51 | プロ野球 | Comments(4)

あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将

野村 克也 / 角川グループパブリッシング

スコア:




つい先頃通算1500勝という歴代4位の大記録を打ち立てた楽天イーグルス監督野村克也氏による監督論。南海、ヤクルト、阪神、そしてシダックスでの監督在任時の実際の体験から導き出された監督論を展開するとともに、その監督論を基に、野村氏からみた様々なプロ野球の監督の成功、失敗の理由について簡潔に述べています。

巷間よく言われていることですが、プロ野球の監督という職業は、大部隊の司令官、オーケストラの指揮者とならんで、男性が体験してみたい職業のひとつだそうです。様々なメンバーを自分の思い通りに動かして、組織をひとつの方向に導いていく…、確かにやりがいのある仕事でしょうね。私自身は人を動かすよりは自分で動きたい性分なので、監督(=現実に置き換えれば管理職ですかね)をやってみたいとは思いませんが。

興味深かったのは「監督には5つの敵がいる」という野村氏の持論でした。

その敵とは、まず選手。いかに監督の能力が優れていても実際にプレーするのは選手ですから、選手を完全に支配することができなければチームを勝利という方向に導くことなどできません。

第二にオーナー。監督は管理職ではあっても最高権力者ではないわけです。最終的な権限はすべてオーナーにあり、オーナーの鶴の一声でチームの強化策が一挙に白紙に戻されたなどという例は枚挙に暇がないですな。

第三にファン。野村氏は特に阪神時代にこのことを強く意識したそうです。人気球団故に、早急に結果を出すことを求められ、それがかなわなければボロカスに言われる。長期的な展望に立った強化策など講じられる状態ではなかったそうです。

第四にメディア。発言が面白おかしく取り上げられ、真意とは全く違った方向に持っていかれてしまうことの危険性を説いています。これはプロ野球の世界に限ったことではなく、マスコミ全般に敷衍できる問題点だと思います。

最後は「自分自身」。阪神時代をあらためて振り返ったときに、ヤクルト時代の実績で満足してしまい、阪神を強くするための意欲が心底から湧き上がらなかったことに思い至ったそうです。

どれひとつとっても確かに厄介な敵ですな。試合を戦う前にこの五つの強敵と戦わなければいけない…。確かに監督というのは生半可な覚悟でできるものではないですね。

南海や阪神での低迷期はあったものの、野村氏が日本のプロ野球史上に名だたる名将であることに間違いはありません。まずは今年楽天を最低でもクライマックスシリーズまでには導いて欲しいものだと思います。来年以降は未定だそうですが、横浜あたりで指揮をとってくれると、またセリーグに新しい風を吹く込んでくれるような気がしますね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2009-05-03 15:31 | 読んだ本 | Comments(0)

あぁ、阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由
野村 克也 / / 角川書店
ISBN : 404710132X
スコア選択: ※※※※





楽天監督野村克也氏が自らの阪神タイガース監督時代を振り返って著わした「阪神タイガース」論。『巨人軍論』に続き、今度は歴史と伝統ある西日本随一の人気チームをその俎上に乗せます。

ここ数年、阪神は強いですな。永遠のライバル巨人が低迷していたこととあいまって、その強さが余計に目立っていました。今年の序盤戦も圧倒的な強さで首位を独走していますね。90年代のダメ虎ぶりがウソのようです。南海、ヤクルトで名将の名をほしいままにした野村氏が監督に就任してもダメ虎ぶり変わりませんでした。

野村氏によれば指導者の人間への接し方には無視、賞賛、非難の三パターンがあるそうです。箸にも棒にもかからない奴は無視。これから伸びようとする選手は褒めておだてて成長を促す。ある程度完成された選手に対しては、チームの中心になってもらうべく、厳しく接する。叱られ役になってもらうということですね。古田捕手などは非難され通して、野村野球の堂々たる中心選手に成長しました。

野村氏は監督に就任するにあたって、今岡、和田、大豊といった選手にはチームの中心選手になってもらうべく、厳しく接しましたが、考える素地がなく、記者やタニマチ連中にちやほやされなれている阪神の選手たちからはただ反発を招いただけだったというのです。これは指導者としての適性よりも、現役時代の名声で監督を選び続け、成績が悪ければすべて監督のせいにして首をすげ替えることを繰り返して来たフロント陣にも責任があるとも述べています。

結局野村監督の、「人間教育」を重視し、選手が自ら考えてプレーすることを求める野球は阪神には根付きませんでした。選手が「大人」ではなかったということです。それゆえ「カミナリ親父」的な怖さでもって選手の上に君臨し、選手を「大人」扱いしなかった星野監督は成功したのでしょう。

現在の岡田監督もまた、あまり考える野球を実践していないようです。まあ、現在の阪神は金本選手という、チーム全体の手本となるような中心選手がいるのと、JFKという勝利の方程式を確立したお陰で、軸がぶれていません。従って、誰が監督をやってもある程度までは勝てるでしょう。ただし今の主軸がFAなどで移籍したり、引退してしまった時に現在と同じようなしっかりとした野球が継承されていくのか否かについては疑問を呈しています。巨人の様に毎年毎年大型補強ばっかりするだけのチームにならなきゃいいですけどね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-05-31 22:40 | 読んだ本 | Comments(2)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30