タグ:超高速!参勤交代リターンズ ( 1 ) タグの人気記事

超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

佐々木蔵之介,深田恭子,伊原剛志,寺脇康文,上地雄輔/松竹

undefined

かなり以前に紹介した『超高速!参勤交代』の続編。敵役の老中松平信祝(陣内孝則)が陸奥の小藩湯長谷藩の藩主内藤政醇(佐々木蔵之介)に無理難題を吹っかけ、それを政醇や家臣たちがさまざまな知恵でしのいでいく、というストーリーの骨子は前作と変わりません。ただし、今作は前回よりもハードボイルドかつ、ハートウォーミングな仕上がり。道中の難関をいかに上手くだまくらかして江戸に向かうかが焦点だった前作とは違い、柳生一族や、老中の直属軍などの手だれたちが次々と一行に襲い掛かります。

対する、湯長谷藩一行も政醇自身が並外れた剣豪であるのに加え、柳生の名のある武士と戦って一歩も退くことのない強者荒木源八郎(寺脇康文)や、弓の腕前なら那須与一をもしのぐのではないかという描き方をされる若者鈴木吉之丞(知念侑李)など、文字通りの少数精鋭。前作で湯長谷藩のシンパとなった忍者の雲隠団蔵(伊原剛志)も、風車の矢七よろしく、一行のピンチにはどこからともなく駆けつけるというヒーロー振りを魅せます。

敵の大軍を前に、矢尽き刀折れ、団蔵の投げる煙幕弾も底を突き、という「必殺シリーズ」であれば、メインキャラの誰かが死んでもおかしくないようなシュチュエーションがかなりの長い間続くのですが、不思議に悲壮感がありません。これはいったい何故なんでしょう?血を見せるシーンがほとんどなかったことか?BGMの違いか?演じている役者が毒々しくないからか?なんというか、私にとっては非常に不思議なシーンが展開されました。

最後の最後までかなり重厚な殺陣のシーンなのに人の死を意識させないつくりになっていました。それゆえ、政醇と信祝の直接対決の最後のシーンとセリフの重さにつながるのだと思いますが…。

まあ、肩の凝らない娯楽作としては良くできた作品だったと思います。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-08-13 13:25 | エンターテインメント | Comments(0)