タグ:貴志祐介 ( 8 ) タグの人気記事

『極悪鳥になる夢を見る』を読んだ

極悪鳥になる夢を見る (文春文庫)

貴志 祐介/文藝春秋

undefined

ホラー小説の第一人者貴志祐介氏の初エッセイ集。ご本人はおそらくこれが最初で最後のエッセイ集になるだろうと文中で述べてもいます。なんでもエッセイだと自分の文章を見ているのが恥ずかしくなるからだとの理由だそうです。


この感覚なんとなくわかるような気がします。この方はおそらくは非常に真面目なんだと思います。文中に時折織り交ぜるジョークの類も、真面目な人が無理矢理ひねくりだしたような感がありました。本人としては意を決して発したジョークなのでしょうが、文章全体の雰囲気から笑ってはいけないのではないかという、空気がかもし出されています。これは決してマイナスイメージではありません。非常に丁寧に作りこんでいるのであろうことが伺えるのが貴志氏の小説の特色であり、その几帳面さがそのままエッセイの文章にも反映されているというのが率直な感想。おかしなフレーズさえ氾濫させれば面白くなるってもんじゃありませんし、フレーズばかりが先行して内容がスカスカでもプロの作家としての名折れとなりますね。貴志氏が書きたい内容については、ヨタを交えずに書き切った方がおそらくは上手く読者に伝わるのだと思います。
いいんです、面白いフレーズは他の人に任せておけば。貴志氏の真面目なホラー小説は十分に面白いんですから。

文体のお話はさておき、興味深かったのは、貴志氏の作家になるまでの道のり。元々本を読むことが好きで、幼少の頃より外で遊ぶよりは読書を好む傾向にあったようですが、読書が好きなことと、自分で作品を書いてみたいという欲求の間には大きな壁が存在します。貴志氏も、一度は文筆の道をあきらめて保険会社に就職しますが、8年の会社生活の後、どうしても作家になりたいとい欲求に抗えずに、ご本人の言によれば「まったく先の見込みなどない」状態で、所得の面では安定極まりない会社を辞して作家となる道を選ぶのです。う~ん。この辺、文筆業に進みたいと思いながらも会社に恋々としがみついている私にとっては、わが身の度胸の無さを改めて思い知らされる条りです。

さらに、作家としての船出も決して順風満帆なものであったわけではなく、角川のホラー大賞を受賞するまでには数々の挫折があったようです。そうそう、最初から上手くいく人はそうそういるわけじゃないんです。ちょっとだけ安心しました。すでにホラー小説界で堂々たる「名跡」となっている貴志氏とまだ何も書いていない私とを比べることはそもそも不遜だ、というお話もありますがね…。気持ちが上がったり下がったり。こういう気分を味わわせてくれるだけでもこの一冊を読んだ価値があったと思います。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-07-29 05:21 | 読んだ本 | Comments(0)

『雀蜂』を読んだ

雀蜂 (角川ホラー文庫)

貴志 祐介 / 角川書店

スコア:




久しぶりに読んだ小説。腰巻きには「サバイバルホラー」の文字が躍っています。出ると買い作家の一人貴志祐介氏の作品。この方の作品は一筋縄ではいかないんですよね。というわけで、どんな謎を読ませてくれるのかとわくわくしながら読み始めました。

ミステリー作家安斎智哉がある朝目覚めると、隣に妻夢子の姿はありませんでした。几帳面な性格に似つかわしくない脱ぎ捨ててくしゃくしゃになったままのガウンを残して…。

同時に智哉は命の危険性を脅かす羽音を耳にします。真冬のような寒さの八ヶ岳の山荘だというのに雀蜂が飛び交っていたのでした。智哉は以前にアナフィラキシーショックで命を落としかけていたことが語られます。今度雀蜂に刺されたら命がない。ここから智哉と雀蜂の戦いが始まります。しかし通常なら活動するはずのない季節だというのになぜ雀蜂が飛び交っているのでしょう?謎が謎を呼ぶ展開。読者の心にも、智哉の心にも疑問を残しつつ物語は緊迫感をどんどん増しながら進行していきます。

色々な可能性が表れては消え、伏線らしきものが示されては潰され、物語は進んでいきます。そして最後に現れる大どんでん返し。実に巧妙なハナシの持って行き方です。ついつい最後まで読んでしまう緊張感に満ち満ちています。どんな緊張感かは本文をお読み下さい、としか言いようがありません。ミステリーの種明かしなんぞは興を殺ぐだけですからね。

どうか智哉に感情移入して智哉の視点で最後まで読んで下さい。緊張感が心地よい一作でした。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2013-12-18 20:57 | 読んだ本 | Comments(0)

『新世界より』を読んだ

新世界より(上) (講談社文庫)

貴志 祐介 / 講談社

スコア:




新世界より(中) (講談社文庫)

貴志 祐介 / 講談社

スコア:



新世界より(下) (講談社文庫)

貴志 祐介 / 講談社

スコア:




昨年末に一気に読んでしまった、貴志祐介氏の壮大な作品。上中下三巻もある上、各々がものすごく分厚いのですが、設定、ストーリー展開ともに全く倦むことなく読んでしまえました。

物語は女性主人公渡辺早季の手記という形式をとっています。現代よりおよそ300年程度後の近未来。いったん壊滅した人類は、「呪力」という名の超能力を手に入れ、独特の統治形態で、各地に小さなコミュニティーを築いています。コミュニティーの内と外を分けるのは結界。早季はその結界の外に出ると恐ろしいことが起きるということを、幼少時より繰り返し教育されたことを語ります。

人類の周辺には「バケネズミ」と呼ばれる、知能を持った生命体が存在しており、彼らは人間に奉仕することで生存することを認めてもらっているという設定です。人間の「呪力」は彼らを絶滅させることなどたやすい強力なものであり、また人間はバケネズミを殺すことになんら心理的葛藤を覚えないという定義づけもなされています。

さて、人間社会の中で、やや成長は遅かったものの、「社会」から、将来を嘱望される身として育てられていく早季。作者は彼女の周辺にさまざまな謎を仕掛けておきますが、この「謎」が後々重要な意味を持つ伏線になってくるのです。この辺は巧みですねぇ。重苦しい雰囲気の中、なんとなくおどろおどろしい謎が現れ、その謎が解明される前に、また別の謎が現れる。典型的な「クリフハンガー」メソッドです。しかし、一つ一つの謎が興味深いうえ、後々すべての謎が一つに結びついてくるであろうということが予想されるので、あまりイライラせずに読み進めることができました。

ここでその謎をいちいち解説してしまっては、作品への興味を著しく殺ぐことになるので、ストーリー紹介はこの程度にさせていただきます。

作中でバケネズミたちは人間のことを「神様」と呼んで恐れ敬っています。その気になれば、いつでもひねり殺されてしまうだけの力を人間が持っているからです。現実の「神」の存在の見事なメタファーになっていますね。「神」を信じることは必ずしもメリットをもたらすものではなく、むしろデメリットを回避するための行為なのだということをうまく語っていたように思います。

翻って人間の立場から考えると、我々の多くは自らの生存のために家畜をはじめとする数々の生命を奪っていることに何ら疑問を感じていません。菜食主義者ですら、植物の命を奪わずには生きていくことができないのです。我々は動植物を人間の都合のいいように飼いならしていますが、こうした存在たちが人間に牙を剥いたらどうなるのか?すでに環境悪化という名の復讐を受けているのかもしれませんが…。

こうしたメタファーを含み、一気に読ませてしまい、かつ結末には大いにうならされました。人間を人間足らしめているものってなんなんだろうっていう、根源的な疑問を投げかけるエンディングは見事でした。

貴志氏の著作の中ではマイベストです。読み応え十分です!!
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2013-01-01 10:33 | 読んだ本 | Comments(4)

『悪の教典』を読んだ

悪の教典

貴志 祐介 / 文藝春秋

スコア:





出ると買い作家貴志祐介氏のサイコホラー。映画化されるとのことで、本屋の店先に大量に積んであった奴を、思いっきり売り手の戦略に乗せられた形で購入。

主人公は私立高校の英語教師蓮実聖司。生徒の興味をそらさない面白い授業をする上に、与える知識も的確。ハンサムなルックスと親身の生活指導も相まって、女子生徒を中心に絶大な人気を誇ります。イヤミな野郎だぜ、とひがんでしまいそうなヒーローです。

しかし、この蓮実という男、実は学校を「自分のモノ」にするためにさまざまな権謀術数を駆使する恐ろしい男だったのです。その権謀術数の中には越えてはいけない一線を遥かに越えてしまっている手法も多々あるのですが、詳しくは本文をお読みいただきましょう。文庫だと上下二巻あり、それぞれがかなり分厚いのですが、蓮実という男の理不尽な狂気を詳細に解説していくにはそれだけの紙幅は必要でした。更にいうと、これだけの分量なのに、停滞感が一切ありません。読み進めるほどに次の展開がどうなるのかを知りたくなり、ページをめくる手が止まらなくなります。

今回は敢えてストーリーは一切紹介せずに、ストーリーから派生して感じたことを二つほど記してみたいと思います。

一つは、学校というシステムの怖さですね。校門を一歩入ってしまったら、そこには外界と隔絶されたもう一つの閉じられた世界が広がっています。校則による理不尽な管理体制。生徒同士のイジメ。そして生徒を毒牙にかけようとする異常性癖の教師たち。教師になりたいという最大のモチベーションが「幼い女の子に興味があったから」なんていう教師が時々問題を起こしますが、これなんかは氷山の一角で、抗議の声さえあげられずに、人知れず苦しんでいる少年少女は多々いるように思います。不審者が侵入して大量殺人を犯すという事件があってからは、物理的にも学校の「壁」は高くなりました。そしてその高い壁を乗り越えて学校に入り込む親は「モンスターペアレンツ」と化して理不尽な要求を突きつけてくる。教職免許なんか取って置かなくて正解だったな、まったく。

もう一つは人心を操ることに長けた子供の存在。私の小学校時代のボス的存在の奴は実に巧く人心を操っていました。教師には一切抵抗せず、アタマのいい優等生を演じる(勉強ができたというのも事実ですけどね)。で、教師の信頼と支持を取り付けた後は自分の気に入らない奴をイジメの標的にして徹底的に傷つける。それも自分では直接手を下さずに周りの人間をイジメの自覚なく動かすんですから実に合理的ですね。仮に教師が見とがめても自分ではなく、実行犯にだけ責めが及ぶような状態にしておく。こいつにとってはさぞかし学校とは居心地のいい場所だったことでしょう。こいつに逆らうことは、同じ学年のガキだけでなく、教師や親を含めた「社会」全体を敵に回すことだと思い込まされてましたからね。政治家にでもなったら小沢一郎クラスの寝業師になれたんじゃないかと思いますが、第一志望の大学に結局入れず、今は平凡な電気技師をやっているそうです。おそらく、本人の中では、小学校時代に皆の上に君臨して「暴政」を布いていたことなんぞ残っていないでしょうね。でも「暴政」を受けた方は恨み骨髄ですよ。もし今ばったり出くわしたとしたら…、どうなるか自分でも想像がつきません。「やあ、久しぶり、一杯どう?」なんて流れにならないことだけは確かです。

さて、本の内容とはまったく関係ない想い出話が長くなりましたが、主人公蓮実とはじっくりつきあうだけの価値は十分にあると思います。読み応えのある作品でした。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2012-08-18 06:39 | 読んだ本 | Comments(2)

『鍵のかかった部屋』を読んだ

鍵のかかった部屋 (角川文庫)

貴志 祐介 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

スコア:




貴志祐介氏による「防犯探偵・榎本」シリーズの三冊目。今巻は密室殺人を題材にした短編が4編収録されています。

今までの二冊は、主人公榎本径やその「ワトソン役」の弁護士青砥純子などのキャラクター設定に関する説明的な部分が多少見て取れたのですが、あくまで冷静に謎を解いていく榎本と少々天然ボケながらも正義感が人一倍強い純子のコンビは、無駄な説明が要らないまでに成熟しました。

更にいうと、今巻は最後の『密室劇場』の「なんじゃそりゃ!?」と突っ込みたくなるオチを除けば、正統派の密室謎解きでした。一見完璧な密室に思える場所で起こった殺人事件の謎を、それこそ蟻の一穴というべきか蜘蛛の一本の糸とでも言うべき本当に些細な破綻から見事に解いてしまう榎本の推理力にはため息しか出ませんでした。どのように見事だったかは、本文をお読みくださいとしか言えません。少しでもストーリーを紹介してしまうと、ヒントになってしまうかもしれませんので、今回の投稿では敢えてまったくストーリーには触れず、私が感じた「味わい」だけを書き記したいと思います。

コンビの熟成度は上がったのですが、純子の突飛な発想が若干落ち着いてしまったように思えるのが少々惜しい。彼女には我々読者の素朴な疑問の代弁者であるとともに、思わず苦笑を誘われるようなアクロバティックな推理をかます存在でいて欲しかったのですが、「どこにでもいるじゃん」ってな感じが出て来てしまいました。まあ、どんな強烈な刺激にも「慣れ」というのはどうしてもでてきてしまうので、その「慣れ」を吹き飛ばすような突飛な発想を考え出すのは、並の密室トリックを考えるよりもよほど難しいのだという、作者の苦悩は理解できるような気はします。

幸いな事に、当家は見ていませんでしたがドラマはそれなりの視聴率を挙げたようですから、これからもこのシリーズは続く事になるでしょう。続編を期待したいと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2012-07-06 23:28 | 読んだ本 | Comments(2)

『狐火の家』を読んだ

狐火の家 (角川文庫)

貴志 祐介 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

スコア:




防犯の専門家(実は窃盗犯?)榎本径と弁護士の青砥純子を主人公にした密室ミステリーの短編集。前作『硝子のハンマー』という長編でしっかりキャラクターが固定された二人を主人公に、様々な密室の謎を解き明かす短編が4つ収められています。

一見難解な密室殺人事件ですが、その背後にはトリックのみならず、様々な人間の思惑が関係しています。その辺の人情の機微みたいなものが、謎解きの過程で段々明かされていくところが実に巧み。ただ、条件を並べ立てて謎つぶしをしていくのではなく、犯人が犯行に至った心理の推移を詳しく説明することで謎解きパズルの最後のピースがはまる、という手法は見事です。四つの短編ともに結末のみならず、謎解きの過程も十分に楽しませてもらいました。

この本では、榎本は将棋とチェスに詳しいという意外な一面を披露しています。様々な可能性を考えて、それを一つ一つつぶしていき、最善と思われる一手を選び出す…。なるほどミステリーを解決する過程は将棋の手を読むことによく似ていますね。「相手」の意外な一手で、結末が自分の思い描いていたモノと大きく違ってしまうところもよく似ています。

それにしても榎本と純子はなかなかの名コンビになりつつあるようです。冷静で理屈っぽい榎本と、弁護士の割には突飛な発想で、時に榎本のみならず読者をもあきれさせてしまう「天然」の純子。因みに彼女も蜘蛛が死ぬほど嫌いだという、今後に大きく影響しそうな設定を付与されていました。

このシリーズはすでにもう一冊刊行されているようです。文庫で見かけたら即買いしたいと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2012-04-10 18:52 | 読んだ本 | Comments(4)

『硝子のハンマー』を読んだ

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)

貴志 祐介 / 角川書店

スコア:




嵐の大野智主演で月9ドラマ化するのが標題の作の主人公榎本。ドラマ化を当て込んで本屋の店頭に大量陳列されていたのに釣られて買ってしまいました。元々、著者の貴志祐介氏は出ると買い作家の一人ではあるんですけどね。

舞台は、ある介護サービスの会社。会社を興し、一代で株式上々を目前にするまでに成長させた社長が謎の死を遂げます。彼が死んでいたのは、様々なセキュリティーシステムに守られた社長室という密室の中。故に警察は状況証拠だけで、唯一その部屋に入ることが可能だった、古株の専務を容疑者として逮捕します。

その弁護を頼まれたのが弁護士の青砥純子。状況証拠だけとはいえ、専務は絶望的なまでに追い込まれています。青砥が、かすかな望みを抱いて訪れたのが、防犯グッズ販売店店主榎本径の下。彼は、防犯グッズやセキュリティーシステムに関してのオーソリティーという設定(実は裏の顔として窃盗犯のプロであるということが暗示されています)。社屋のセキュリティーシステムの説明をしながら、その欠点を指摘し、底から考えられる手口を作業仮説としてその仮説を一つ一つ検証していく、という手法はなかなか巧く考えられており、ついつい引き込まれました。介護用ロボットや介護に携わることを想定した猿などの「小道具」も巧みに配置されて、読者に様々な可能性を考えさせます。著者自身が、巻末の対談で語っている通り、かなりの情報収集が必要とされる内容ですね。それを説明臭くなくエンターテインメントの一つとしてストーリーに織り込んであるところが、著者の練達を示しています。

榎本は考えられるすべての仮説を検証し、そしてその仮説がすべて実行不可能であることを自ら証明します。捜査もストーリーも行き詰るかと思われた瞬間、大胆なストーリー転換により一気に謎解きが進んでいきます。この大転換にも最初は戸惑いましたが、読み進めるうちに、どんどん引き込まれていきました。また、この実行犯の人物描写も実に詳細。そして、人間の心理と行動の矛盾等も無理なく描かれていました。

ミステリーとしてはなかなかの出来だったと思います。このシリーズはあと二冊出版されているようですから、さっそく追いかけたいと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2012-04-08 18:18 | 読んだ本 | Comments(0)

『クリムゾンの迷宮』を読んだ

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

貴志 祐介 / 角川書店

スコア:






以前注目していたホラー作家貴志祐介氏の作。謎の組織に、オーストラリアの荒涼たる原野に送り込まれた9人の人間が織りなすサバイバルサスペンスホラー小説(形容が長くてすみません^^;)です。

リストラされ、妻にも逃げられた藤木は、ある日、まったく見知らぬ場所で目を覚まします。自分が何故こんなところにいるのか、という記憶を失ったまま、赤い岩場の中に放り出されていたのでした。手元にあるのはわずかな食料と水、そしてゲーム機の端末。ゲーム機の端末には、藤木が擬似的な火星を舞台にしたサバイバルゲームに参加していることが示されていました。そのゲームとは、いくつかのチェックポイントを通過してゴールに達すると、賞金がもらえるというもの。藤木は半分訳がわからないながらも、とにかくゲームをクリアしないことには脱出することは不可能だと悟り、行動を開始します。

周りの状況がまったくつかめない中でのサバイバル生活。私なら、まず最初の段階でパニックを起こして狂ってしまうでしょう。ボーイスカウトなどの野外生活の経験がまったくない上に、情報を細かく分析するのが苦手と来てますから。おまけにゲテモノが駄目ですから、食料となるような野生生物の類も受け付けないと思います。まあ、本当の意味での飢餓を体験したことがないからこんなことが言えるのかもしれませんがね。

活動の最中に藤木は藍という女性と知り合います。このゲームの最終的な勝者は恐らく一人であろうと推測されており、やがては敵として戦わなければいけない時期が来るのかも知れない、と思いながらも、藍と藤木は行動をともにすることにします。ゲーム機の指示で第1ポイントに着くと、そこには男女計7名の人間がいました。ここでいきなり争うか、それとも協力するか?9人は一旦は共同して、ゲーム機に示されたアイテムを採取し、平等に分配するという選択をします。藤木・藍ペアが選択したアイテムは「情報」。私はRPGをやらないので分からないのですが、最初の段階で、即利益につながるアイテムよりは、当面は使い道がないと思えるくらいのアイテムをとっておくのがコツだそうですな。藤木はゲームの主催者のウラを読んで、最も重要だと思われる食料を回避して情報を選択します。後々その選択が正しかったことが分かっていくというストーリー展開はなかなか良く考えられていました。

手に入れた情報により、この土地がオーストラリアの一部であり、ゲームをクリアしなければ絶対に脱出できないということが分かります。ゲームをクリアするまでの期間の水や食料は自分で調達しなければなりませんし、虫やディンゴ、毒蛇といった危険な野生生物に襲われる危険性もあります。そして、もう一つゲームの主催者は恐ろしい仕掛けを施していたのでした。その仕掛けとは…。これは本文をお読みくださいm(_)m。狡猾で、身の毛もよだつ、という表現がぴったり来る存在が主人公の二人を追いかけてきます。

飢えと乾きに苦しめられ、迫り来る恐怖にも耐えながら、藤木と藍はゴールを目指します。果たして二人の運命やいかに?そしてこのゲームの主催者の正体とは?というところで本格的な逃げ口上です。結末は本文をお読みくださいm(_)m。

貴志祐介氏はホラーやサスペンスの賞を数々受賞している優れたエンターテインメント作家の一人です。映画にもなった『青い炎』以来久しぶりに読んだのですが、実に面白いストーリーでした。というわけで、先日資格試験を受験後、憂さ晴らしの衝動買いツアーを敢行した際に、大長編である『新世界より』を買い求めてしまいました。すぐには手に取らないと思いますが、折を見て読んでみたいと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2011-01-25 22:24 | 読んだ本 | Comments(0)