タグ:小泉武夫 ( 3 ) タグの人気記事

『人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド』を読んだ

人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド (日経ビジネス人文庫)

小泉 武夫/日本経済新聞社

undefined


日経新聞の夕刊に連載中のコラム『食あれば楽あり』で、食材に関する蘊蓄と料理に関する美味そうな描写を楽しませてくれている農学者、小泉武夫氏のエッセイ集。本書では数ある異名のうち「味覚人飛行物体」を名乗り、主に日本各地で「食べ継がれてきた」食品にスポットを当てて、その魅力を描き出しています。

小泉氏の持論は、人間が長い間をかけて順応して来たその土地土地の気候風土にあった食べ物が一番おいしいということ。

日本人の食生活の根幹をなすのは米、魚介類、野菜、それに発酵食品であり、これらの食材を中心に食生活を組み立てることが、健康に一番効果的であると述べています。

私も齢50を超え、氏のおっしゃることが実感出来るようになりました。肉や、脂肪分とと糖分の塊であるケーキなんぞを食うと、その場は確かに幸せなのですが、数時間後ぐらいからジワジワと内臓が悲鳴を上げ始めます。で、その蓄積が風が吹いただけでも痛いなんて病気の発症につながったりもします。

歳はとりたくねーな、と思うしかない今日この頃ですが、私の場合は食う絶対量が多いということもあります。いかに日本人向きの食材で食事を工夫しても、量が多ければやっぱり不具合を起こしますね。

いい食材を使った料理を適度な量食べる、というのが一番健康であり、現在の世の中では一番贅沢なことなのではないかと思います。今やいい食材を探すのは至難の業ですし、値段も高くつきますからねぇ…。

しかしモノは考え様です。安いけれどカラダに悪いモノを食い続けて、結果カラダを壊して医療に高い金をかけるなら、多少は高くても健康につながる食品を食べ手いる方が結局は安いと言えるのかもしれません。何より、安全な食品は美味いはずです。元々食い物の美味い不味いは食ったら毒になるか否かを判断するものだったはずですから。

今後は少しづつでも、いいモノを手に入れてしっかり味わって食う、という方向に持っていきたいと考えています。とは言え、ついつい店頭に行くと、魚より肉を、高い良品よりは安い難あり品を買い求めてしまうのですがね…。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-04-29 21:06 | 読んだ本 | Comments(0)

『賢者の非常食』を読んだ

賢者の非常食(IDP新書3)

小泉武夫 / IDP出版

スコア:




発酵学者小泉武夫氏の一冊。

私はこの方が書いている日経新聞のコラムを良く読みます。味わいの表現が巧いんですよ。決して上品ではありませんが(笑)。私自身が食べ物の味を表現する時の参考にさせてもらっています。

さて、氏がこの一冊を上梓した背景には昨年の東日本大震災があります。ああした、いつ救助の手が差し伸べられるかわからない状況に置いて、日本人は一体何を食べるべきか?日頃から備蓄しておくべき食糧はどういった類いのものか?テーマはこの二つに絞られるのですが、そのテーマに沿って解説を加えていくうちに、自然と日本の食文化の解説にもなっているというスグレモノです。

氏の大きな主張は「非常時こそ日常食を摂るようにすべし」というもの。そしてその日常食とは日本人の場合、米、魚、発酵食品(味噌、醤油、納豆など)、海藻などになるとしています。

第二次大戦後、アメリカの政策もあって、日本人の食生活は急速な西欧化が進み、いまや高カロリー、高脂質の食事は日本人の日常にも定着してしまいましたが、そのことは必ずしも日本人にとっては幸福な事ではないと断じています。日本には日本の気候風土にあった植物が育ち、動物が棲息する訳で、日本人はそうした動植物を摂る事を食文化として連綿と受け継いできた訳です。そして、その食文化は解き明かしていけばいくほど、「合理的」で「健康的」なものであることがわかっていくそうです。

「身土不二」という言葉を工藤公康氏の著作で知りましたが、この本に書いてあった事を一言で言い表せばまさにこの言葉になります。生まれ育った土地に根付いている食品こそが、その地域に住む人間に取って一番のスタミナ食であり、非常食であるという小泉氏の言は非常に重かったです。試合前になってから急に焼き肉を貪り食っても効果はないということですね。食事も肉体鍛錬の一つの大きな手段であり、日頃の積み重ねがモノを言う、ということを改めて教えていただきました。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2012-06-01 19:59 | 読んだ本 | Comments(0)

掛け声倒れに終わらなきゃいいんだけどね・・・

フードアクション本部が発足 官民一体で自給率向上を

食糧自給率を上げるために何かアクションを起こそうという発想は大いに結構。ただ、この組織何とも中途半端な感じが否めません。

記事を読んだ限りでは、ただ有名人を集めただけのように感じられます。もちろん食に造詣の深い有名人ばかりですから、それなりに提言は出来るでしょう。ただし、こういう組織は得てして口当たりのいい提言とか理想論だけに終始しがちです。理由は簡単、権限がないからです。

この組織が何か案を出したところで、農水省を始めとする霞ヶ関のお役人さんたちはそれでもって動くんでしょうか?

食糧を増産するためには農業に従事する人口を増やさなければなりません、そのためには今のバラマキ減反政策を根本的に見直す必要があるでしょうし、現在の産業構造をがらりと変える必要もあるでしょう。農政については農水省、産業構造については国土交通省、財源の確保は財務省。このお定まりの縦割り行政制度を突き崩すほどの権限を持つ組織なんでしょうか?

やらないよりはマシという程度のことなら本当にやらないでいただきたい。啓蒙活動と称して丸の内辺りでパンフレット配ったり、おにぎり配ったりするのはどこかの農協にでも任せておけば良いハナシです。

省庁の壁に囚われることなく自由に動け、且つ関係省庁のすべてを動かすことの出来る組織であることを望みたいものですな。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-10-06 19:45 | 時事ネタ | Comments(2)