タグ:グースバンプス モンスターと秘密の書 ( 1 ) タグの人気記事

『グースバンプス モンスターと秘密の書』鑑賞

グースバンプス モンスターと秘密の書 [DVD]

ジャック・ブラック,ディラン・ミネット,オディア・ラッシュ,ライアン・リージリアン・ベル/TCエンタテインメント

undefined

ツタヤの店頭で見かけて、ジャック・ブラックが出演しているということで借りてきてしまった一作。

予備知識まったくなしで、借りてきた作品なのですが、原作者であるRLスタインという作家は実際に『グースバンプス』というホラーアンソロジーを上梓しており、結構な売れ行きらしいです。ついでに言うとこのアンソロジーはドラマ化もされており、アメリカの人口には膾炙している作品のようです。

物語はザックという高校生が、高校の教頭である母親の転勤に伴って、ニューヨークからマディソンという田舎町に引っ越してくるところから始まります。引越し先の隣家には、やはり高校生らしきハンナという娘がいました。ハンナもザックもともにお互いを友達にしようと思うのですが、そこに割って入るのがハンナの父親(ジャック・ブラック)黒ブチの眼鏡をかけた父親はかなり厳しい口調でハンナへの接近を禁じます。

しぶしぶ引き下がらざるを得なかったザックですが、ある日、隣家から女性の悲鳴が聞こえたことにより、父親がハンナを虐待しているのではないかという疑いを持つに至ります。そこでザックは級友チャンプとともに隣家に乗り込んでいきます。そこには膨大な数の本がありました。この本たちはRLスタインの作品でした。この本のすべてには鍵がかかっており、好奇心に駆られたザックは一冊の本の鍵をはずして開いてしまいます。この本はRLスタインが不思議なタイプライターを使って書いた作品で、本を開いてしまうと中のモンスターたちが実在化してしまうのでした。というわけで、その本たちから抜け出した怪物たちの魔の手からいかにザック、ハンナ、チャンプそして作者であるRLスタインが逃げるかというのが主な内容となります。

なかでも一番の強敵となるのは腹話術師が持つ人形のスラッピー。頭が切れて、しかも神出鬼没。怪物たちのリーダーとして、町を大混乱に陥れます。ちなみにこの人形の声はジャック・ブラックが担当しているそうです。ザックたちが持ちうる「反撃策」は件のタイプライターですべての怪物たちが再び本の中に閉じ込められてしまうという結末の物語を完結させること。逃げながらも、タイプライターで物語をかきつづるという作業をスタインは続けねばならず、この逃走劇が単純なものにはならないというつくりになっています。果たして、スタインの執筆は間に合うのか?というハラハラ感を味わうのが本作の醍醐味だと思いますので、実際に作品を観てハラハラしてみてください。

魔法のタイプライターの由来来歴がまったくの不明です。なぜ、このタイプライターからつむぎだされた物語の登場怪物たちは実在化するのか?おそらく、ドラマや原作の小説の中で何度も語られて、アメリカの観衆には自明のことなのでしょう。でも日本で予備知識なしに観た私にとっては、まったくの説明不足。別にシーンはいらないから説明台詞の一つも入れて欲しかったところです。

この他、スタインが一時身を隠す場所に大きく「シャイニング(ちょっとググッてみたら、シャイニングのジャック・ニコルソンとジャック・ブラックが似ている、という意見が多数出されていました)」って横断幕が張られていたり、スタイン自身が自らをスティーブン・キングと比べて卑下する自虐ネタがあったり、スタイン本人がカメオ出演していたりと、細かなくすぐりは数多く入っていました。ホラー一辺倒でないところは評価すべき点でしたね。こういうしゃれっ気は大歓迎です。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-07-22 09:57 | エンターテインメント | Comments(0)