タグ:オーケストラ! ( 1 ) タグの人気記事

『オーケストラ!』鑑賞

オーケストラ! [Blu-ray]

アレクセイ・グシュコブ,メラニー・ロラン,フランソワ・ベルレアン,ドミトリー・ナザロフ,ミュウ=ミュウ/Happinet(SB)(D)

undefined


ロシアの一流オーケストラの元指揮者を主人公としたヒューマンコメディー。

ボリショイ楽団のコンサートホールの掃除係アンドレイは、かつては世界的に名声を博した名指揮者でしたが、ブレジネフ体制下のソ連において採られていたユダヤ人排斥に対して反抗したため、コンサート中にタクトを聴衆の面前で折られるという屈辱を味わわされた過去を持っています。そんなアンドレイはパリの有名なコンサートホールから届いたボリショイ楽団への出演依頼をたまたま盗み見てしまい、本チャンの楽団の代わりにパリに乗り込むことを決意します。

とはいえ、指揮者一人いても演奏者がいなければ楽団は成り立ちません。というわけで昔の仲間を何とか集めようとするのですが、30年間ほとんど楽器を触っていない人々ばかり。それでも何とかなだめてすかして人集めに奔走する姿が序盤の笑いどころ。

アンドレイが楽団のマネジメントとして採用したのはかつてコンサート中にタクトをへし折った元KGB部員ガブリーロフ。この元KGB部員がまた共産主義の復活を熱烈に願っており、その姿もややステレオタイプな描き方ながら笑いどころではあります。

さて、パリのコンサートホール側にも何としてでもボリショイ楽団に来てもらわなければならないという理由がありました。本当ならLAフィルを呼ぶ予定だったのがキャンセルを食い、ホールの支配人の進退問題になっていたのです。

そんなわけで、アンドレイとガブリーロフは足元を見て散々いろんな条件をつけます。その中でも一番の難題は、世界一と評されているアンヌ=マリー・ジャケとの共演でした。到底叶うはずのない希望のはずだったのですが、アンヌ=マリーはアンドレイが指揮者であることを知り、共演を承諾します。

しかし、楽団員たちはパリに来ただけで浮かれ上がり、三ツ星ホテルでフロントに群がるわ、ギャラを前払いしろとコンサートホールの係員に詰め寄るわ、やりたい放題。おまけに誰一人外出先から帰って来ず、リハーサルもできないまま。呆れたアンヌ=マリーは共演の取りやめを宣告。困ったのはホールの支配人とガブリーロフ、それにアンドレイ。果たしてコンサートは無事開催できるのか?というところでいつもの逃げ口上。これ以降は是非とも作品を実際に観てください。

結末はいわゆるスポ根モノによくありがちなもの。すなわち「勝利は全てを癒す」という締め方です。どのように「勝利」したのかがこの作品の肝ですので、再度ストーリーは語りません、と逃げておきます。

あんまり期待せずに観た一作でしたが、なかなかよくできた作品であったと思います。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-08-06 19:29 | エンターテインメント | Comments(0)