ヤクルトって微妙だなぁ

Excite エキサイト : スポーツニュース

記事によれば、古田監督は中村ノリ獲得を熱望しているとの事。正三塁手岩村の抜けた穴を考えれば、確かに欲しい戦力ではあります。

ただし、どうなんでしょう?ヤクルトという球団は野村監督以来、戦力の差を頭で補って勝ってきた球団で、細かいチームプレーを要求されそうな気がしますな。ランナーを進めるための右打ちなんてノリに出来るんでしょうか?仮に出来たとしてもあんまり見たい姿じゃないなぁ。豪快なフルスイングでホームランを打ちまくる姿こそが、ノリの本来の姿であり、ファンが一番観たいものだと思います。

もう一つ、ヤクルトは親会社が「家族的経営」を標榜しており、選手が労組を結成した際も、スワローズの選手には加盟を認めなかった球団です。経営陣と折り合えずに球団を飛び出した「ワガママ男」を敢えて獲得するでしょうか?実際に球団社長は獲得に難色を示しているそうですし、仮に入団しても、最大の敵は経営陣というような事態が出来するであろう事は容易に想像がつきます。

この際年俸のことは脇において、韓国や台湾などへの移籍も視野に入れておくべきではないでしょうか。そこで実績を積んでMLBに再挑戦するという手もあります。なによりプレーする場がなければアピールのしようもない訳です。

イスンヨプのホームランアジア記録を抜き、その実績を引っさげてMLB入りってのも結構カッチョイイ、と個人的には思います。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-24 23:14 | プロ野球 | Comments(2)

Excite エキサイト : スポーツニュース

39歳にして血管年齢が25歳で、成長ホルモンの分泌もあがる…。本人が並外れた努力をしているというのも聞いていますが、やはり先天的なものもあるんでしょうかね。

今年40を迎える私としても、彼のトレーニング方法や、栄養管理については是非聞いてみたい。本でも書いてくれないかな…。

トレーニングにより、この歳でも日々自分自身が進化・強化されているのは実感できていますが、やはり、疲労がどうしても抜けきらない。昨日も通常メニューの筋トレをこなしましたが、風邪気味だったことと、仕事の疲れが蓄積していたこともあって、今日は思いっきりコタエテました。

勝負事は、なにより気合が大切ではありますが、気合を支えるものはカラダの力です。体力の伴わない気合は単なるみじめったらしいはったりに過ぎません。日頃の厳しい鍛錬こそがカラダの力をつくり、プレーをささえる。理想ですね。あと10年早く気づいておけばよかった…。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-23 19:50 | プロ野球 | Comments(0)

土曜の休日出勤が21時近くまでかかってしまった憂さ晴らしに、日曜は最近当家で定番の栃木ドライブに行ってきました。

まずは益子焼の共販センターへ。
http://www.hagakanko.com/kyouhan/index.html

ここは有名な作陶家の作品から量販品まで幅広く取り扱っているなかなか使えるショップです。現在当家で普段使いしている鉢、皿の類は8割方ここで買い求めたものですし、妻の両親の結婚記念日には、結構値の張る夫婦湯のみ茶碗を買いました。陶器だけでなく、宇都宮餃子やら川魚の塩焼きやらまで売っているのは少々違和感を感じますが…。

今日の目的は土鍋。鍋シーズン真っ盛りだと言うのに、今まで使っていた土鍋を割ってしまったからです。で、各ショップをのぞいてみましたが、品揃えが非常に少ない、というよりほとんどない。ある店員さんに聞いてみると「益子焼は土の関係で、加熱に適さない」とのことで納得。そういえば売っていた数少ない土鍋にも「万古焼」というシールがしっかりと貼ってありました。

続いて馬頭温泉郷の「田舎レストラン 巴夢」へ。

http://www.mirubenet.com/gourmet/hamu/index.htm

ここはその名の通り、ハム工房と一体となったレストランです。ハムやソーセージもレストランで食べられますが、オススメは肉汁たっぷりのヒレかつ定食と、とろとろビーフシチュー定食。付け合せの野菜がものすごいヴォリュームなのも魅力的。ところが今日は非常に客の入りがよかったらしく、2時過ぎにしてすべて材料切れということで閉店。仕方がないので、ハムを1ブロックとソーセージを2パック土産に買い、さらに店外で売っていたピザを1枚買って小腹をうめました。バジルがきいていてなかなか美味。

結局昼食は別の食堂で妻とともにとんかつ定食。私は安部譲二なみに豚の脂身には愛着を感じている人間ですが、この食堂のとんかつは肉よりも脂身の方が多くてちょっといただけませんでしたな。あえて店名は伏せておきます。

続いて標題の早乙女温泉へ。「早乙女」と書いて「そおとめ」と読みます。

http://www.soutome-on.com/

泉質は硫黄泉でやや白濁しています。源泉かけ流しの正統派温泉。ぬるめのお湯なのでゆっくりと浸かっていられます。ここ一週間の疲れがじんわりと癒されていきました。

難点(というほどの難点ではないですが…)室内の浴槽だけでサウナも露天風呂もないわりには入浴料が900円と少々割高なことと、水道水もすべて温泉と同じ湯なので、上がった後やや体が硫黄臭いことですかね。

コテージ風の休憩所(有料)もあります。家族で来るにはいいんじゃないですかね。カラオケのある小屋もあるみたいです。誰かが松田聖子のメドレーを歌っているのが聴こえてました。

入浴後、めんや小町のうどんを買いに「道の駅どまんなか田沼」へ。途中で宇都宮餃子の名店「正嗣」の冷凍餃子を購入。福山雅治のトーキングFMと「あ、安部礼司」を聞きながら2時間ほど田園地帯をドライブ。それにしても安部礼司と加奈さんはどうなっちゃうんだろう。などといっているうちに「どまんなか田沼」着。

ところが今日はここも農産物直売所が早仕舞い。したがってうどんのみならず、鍋材料の白菜その他野菜類も買えず仕舞い。2箇所も振られるなんて珍しい…。

失意のうちに佐野のアウトレットへ。ここ2週買いそびれていたジーンズを買い、その他ショップをぶらつきました。で、今日はなんとアディダスにラグビージャージが!!でも残念ながらレプリカジャージではなく普通の練習用ジャージだったので、ジャージそのものは一杯持っている私の食指はさすがに動きませんでした。まあ結局、黒のラグパンだけは買いましたが…。気分はすっかりサンゴリアス、というわけで帰途につきました。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-23 00:27 | ドライブ | Comments(0)

大将、ありがとう!

Excite エキサイト : 芸能ニュース

こういう記事に「ありがとう」なんてつけるのはちょっとお門違いかもしれませんが…。

「我慢しなくていいからいっぱい泣きなさい。その後は、仲間がいっぱい待っているからね。」私はこの言葉に不覚にも涙してしまいました。最愛の娘を失った弟子にかける言葉としてこれ以上の言葉はありません。

そう、悲しい時は泣けばいいし、泣いて時が過ぎ行くのを待つしかありません。やり場のない憤りや喪失感も涙で洗い流すしかないのです。

大将、ありがとう。よくぞ、言ってくれました。風見さんもやっとひとつ救われたのではないでしょうか。

祖母の葬儀の2日後にいきなり仕事の電話をかけてきた元上司に聞かせてやりたい言葉でもありました。人間の器の大きさの違いを感じますね・・・。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-22 23:39 | 時事ネタ | Comments(0)

さてさて、お手並み拝見

Excite エキサイト : 社会ニュース

まず、本名に戻したことについては決意の表れとして評価したいですね。ただ、欲をいえば、選挙も本名で戦って欲しかった。本名で戦って勝ったのなら、タレントとしての知名度云々という雑音もある程度軽減できたのでは?

まあ、なんにせよ、宮崎県民の民意として、選ばれたのですから、既存勢力にも既得権益にも負けずに、大胆な県政をお願いしたいものですね。

県民でない私が無責任に言わせてもらえば、「書生の議論」を具現化していただきたい。「書生の議論」とは達成できるか否かはちょっと脇に置いた理想論です。氏は現役の大学生でもあったのですから、大学で学んだ理想をあくまでも追求して欲しい。どうせ、実際は実務担当者から根強い反発があるのは目に見えています。ぜひともそれに屈しないでいただきたい。

あとは、良いブレーンを見つけることでしょうね。政党からの支援を取り付けた候補者には必ずその政党からブレーンが派遣されるし、有形無形の支援がもたらされますが、東国原氏にはそれがない。自前でブレーンを引っ張ってくるしかありません。

いっそのこと、植草元教授と本間教授を呼んで女性スキャンダルトロイカ県政ってのはどうだ、って書いたら師匠ビートたけし氏の雑誌の連載エッセイみたいになっちゃいますね。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-22 23:24 | 時事ネタ | Comments(0)

お気に入り鍋&今日のあったか冬レシピ

当家のお気に入り定番鍋は大根鍋です。

オリジナルは池波正太郎先生の「仕掛人 梅安」シリーズで、梅安が好んで食べているという設定になっている鍋です。

作り方はいたってシンプル。

①まず、大根の千切りを山ほど準備する。
②鶏肉は食べやすく一口大に切る。
③油揚げも大根と同じような大きさに切る。
④鍋に鶏ダシをはり、①~③の材料を煮、粉山椒をふりかけてつつく。
⑤残ったスープは飯にかけてお茶漬けのようにすすりこむ。

梅安が一人の夕餉に、また相棒の彦次郎をもてなす際に好んで食べる鍋ですが、池波先生は食についても造詣が深いだけあって、実に美味そうに描写しています。

当家では上記の内容に水菜と舞茸を加え、大根は皮むき器をつかって薄くそぐ、という形にアレンジし、ポン酢にかんずりを溶かしたものをつけて食しています。流行の野菜しゃぶしゃぶに近い食べ方ですかね。鶏肉は豚のスライスにしても美味しいと思います。

あ、そうそう、ダシには干し貝柱を少々加えて一緒に煮ておくと、より旨みが増します。鍋の翌朝、やわらかくなった貝柱とともに残り汁を飯にかけて食べるのも一つの楽しみ。当然雑炊や、うどんもありだと思います。最後のほうに小さく切った高野豆腐を入れておくと、また良くダシが染みて美味いです。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-21 10:12 | 食べ物 | Comments(0)

今日は休日出勤前に、銀座のアップルストアにAirmac Expressの不具合を相談しに行きました。昨日の電話の対応によりこの店に対してはぶち切れていたのですが、行ってびっくり。

店全体の応対は親切だし、技術者は自らジーニアスと名乗るだけあって、知識もしっかりしていて、ものの数分で不具合は直ってしまいました。のみならず今後同様のトラブルが起こったときの対処方法まで懇切丁寧に教えてもらっちゃいました。おまけに相談と操作だけだったので、無料。

一時「クレーム対応こそが真のビジネスチャンスだ」という論調の本が、ビジネス本の売り上げ上位を占めていましたが、まさにその通り。これだけ完璧な対応をしていただくと、次回もこの店で買おうって思ってしまいますね。

ここ数年、そろそろ限界に来ているiMac DVをiBookに買い換えようと画策しているのですが、我が家の最高権力者からは、お許しが出ていません。でももしお許しが出たら銀座で買おうと思います。どっちにしろMacはどこで買っても値段変わらないし。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-21 01:07 | 雑談 | Comments(0)

納豆業界問題について

この問題については関心をお持ちの方が多いようで、早速4つもコメントをいただきました。ありがとうございます。

リベート云々の件で気を悪くされた方もいらっしゃったようで、失礼いたしました。

つたない文章でうまく伝わらなかったので再度。
あの場合は「関西テレビがリベートでも要求したのでしょうか?」とでも書くべきでした。

当家は納豆のファンであり、買い物に行けばほぼ毎回納豆を購入しておりますので、日頃から店頭で激しい価格競争が繰り広げられているのを拝見しております。また、原油をはじめとした諸物価の値上がりにより製造コストが嵩んできているという状況も、同じ製造業に従事する身としては理解しているつもりでおります。

一方でこの「あるある大辞典」という番組に取り上げられた食品からは、バナナやココア、寒天といった数々の「品切れ商品」が出ていることも事実です。特に肥満やダイエットといった言葉に結びついた食品は馬鹿売れするようです。

以前にスーパーの営業を担当していた際にはバイヤーやお店の担当者から「今週のあるあるでは○○がとりあげられるそうだから、その売り場を拡大しておく」というような話もずいぶんと伺いました。

で、今回の納豆に際しても「ダイエット効果を強調したつくりにするから・・・」といったような「取引」があったのではないかと邪推したわけです。もちろんこれはあくまでも個人的な邪推にすぎません。

通常3パック100円程度の商品が急に160円前後で売られるようになった、という現実もあります。

私としては納豆業界を誹謗したつもりはありません。生活に必要な食品を供給していただいてる貴重な業界だと認識しております。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-21 00:01 | 雑談 | Comments(0)

Excite エキサイト : 芸能ニュース


…たかだかテレビの歌番組の数分の出来事を、国政の場で論じる必要があるんでしょうか?いじめ問題にしても、学力低下にしても早急に手を打たなければいけない問題が山積しているのは事実で、その問題を解消するための教育再生会議であるはずですね。

こんな話は会議後の打ち上げの席の話題程度でちょうどいい。議題として取り上げること自体馬鹿馬鹿しい。あの程度の映像を問題視するのなら、ネットでいくらでもそのものズバリが誰でも見られる状況やら、繁華街でいわゆる裏モノが堂々と売られている事の方がよっぽど問題だと思います。

こんな雑談のために、各界の著名な方々を、税金まで使って招聘しているかと思うと情けなくなりますな。今、本当に最優先で論じなければいけないことをもう一度、考え直して欲しいものです。1秒でも早く解決しなければいけない問題がいくらでもあるんですから。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-20 23:08 | 時事ネタ | Comments(0)

納豆には罪はない!!

Excite エキサイト : 社会ニュース

またやらせ問題か…。製作した関西テレビも放映したフジテレビも何を考えてるんでしょうかね?納豆業界からリベートでももらったんでしょうか。

価格競争と原材料費の値上がりで青息吐息だった納豆業界ですが、ここ数週間は「定価」で売っても品切れ続出だったようですね。ウチの妻も同僚の奥様OLも、皆さんそうおっしゃってました。

今回の番組で喧伝されたような「痩せる」効果はなくても、納豆が安価で栄養価の高い、優れた食品であることは紛れもない事実。罪は牽強付会を企てた番組制作者にあるのであって、納豆そのものにはありません。ま、いままでと変わらず、納豆とはつきあいましょう。

ちなみに、現在私が通っているフィットネスクラブのインストラクターによれば、納豆を2パック食べると、ちょうどプロテイン1回分のたんぱく質に充当するそうです。筋肉をつけようとしている方、高価なプロテイン顆粒よりお手ごろな納豆はいかがでしょう。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-20 22:38 | 時事ネタ | Comments(4)

前回、自身のうつについて書いた時はもっと連続して書き綴ってしまおうと思っていたのですが…。年初の仕事の忙しさにかまけて、2回目までにずいぶんと間があいてしまいました。本当は自分自身と、正面から向き合うことが怖かったのかもしれません。

 席に戻った私は課長に呼ばれ、「どこに行っても日々勉強だと思って、腐らず頑張ってこい」と至極真っ当なことを言われました。しかしこの野郎こそがこの衝撃的な転勤を決めたことに間違いはないのです。「もともと、こっちの希望をかなえるつもりなんか全くなかったくせに、よく言うぜこの野郎」とその瞬間は怒り心頭。

 普通に考えて、当時の成績で昇格も昇進もなく地方支店なんかに飛ばされる理由はないのです。唯一考えられるとすれば、この課長との折り合いが悪かったこと。当時の課でこの課長とウマの合う人間なんか誰もいませんでしたがね。なにしろ、深夜だろうが休日だろうが、自分で思いついたときに「忘れないうちに」という理由で電話をしてきて仕事の指示やら確認をする。そのくせ、口答えしたことやミスについては細かいことまで実に詳細に覚えていて何かと言うと蒸し返す。ミーティングとは名ばかりで、とにかく予算を達成していないメンバーを罵倒するだけ。課の雰囲気は非常に悪かったし、実際に3人辞めていきました。

そんな状況の中、常に私は予算を達成していたのです。しかしこの課長は他のメンバーの足りない分を補うことを命令し、それが達成できないと、また罵倒しました。一度切れて喧嘩したこともあります。その時は双方一応は矛をおさめましたが、その後この課長は「合法的」に恨みをはらしたということになるのでしょう。出世はするもんですね。

で、妻ともども東北地方の日本海側の支店に赴任しました。生活そのものは悪くなかったと思います。米も水もうまいし、温泉は沢山あるし、しかも安い。通勤地獄もないし、自分の時間に電話をかけてこられることもない。

しかしこれらを上回るマイナス点が多々ありました。

まず、冬の厳しさ。私は大学~就職初期と仙台に住んでおり、東北地方の冬についてはそれなりに知っているつもりでしたが、日本海側のそれは予想を遥に上回るものでした。雪の量が段違いだし、なにより日照時間が少ない。うつについて多少知識のある方なら「照射療法」を御存知だと思います。一定時間光に当たるだけでもうつの症状は軽減するのです。裏返せば、日照時間が少ない地域はうつの発症率が高いということです。

次に近隣との人間関係。住んでいたのは地元の人間が多く住むマンションでしたが最後まで親しく付き合えませんでした。これには私より妻の方がまいっていました。妻は決して内向的なほうではありません。転勤族の皆さんとは仲良くしてもらっており、現在でも付き合いのある方もいます。でも、同じマンションの住人とはほとんど付き合いがありませんでした。やっぱり、ヨソモノとして、それこそよそよそしくされていたようです。

もっとも大きかったのが仕事のストレス。なんでこんなところで気に染まない仕事を続けなきゃいけないんだろう。なんで希望がかなわないんだろう。こんなことばかり毎日考えていました。考えざるを得ない状況でした。市場が厳しいこともあって、成績は低迷しました。何とかしなければ、また希望から遠ざかる、という焦りはありましたが、先行きに何一つ確実なもののない状況ではモチベーションが上がるはずもなく、日々間食のやけ食い(それもコンビニのジャンクフードの類ばっかり)の量ばかりが増えて、体重も一気に10kgくらい増加してしまいました。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-20 08:41 | うつ | Comments(0)

単なる愚痴の羅列

もともとの主旨というか、テーマというか、グチグチといくつか。

今日は工場への出張でした。現場を知ると言うことは非常に重要なことなのですが…。往復に5時間かけて2時間の会議に出るっていうのもどうなんでしょうか?お陰で、明日休日出勤決定です。ああ、疲れた。

おまけに今日は早く寝るわけにはいきません。明日あるPCメーカーの直営ショップに機器の修理を依頼しに行くのですが、このショップが当日でないと予約を受け付けてくれないからです。したがって、真夜中までは起きていなくちゃいけません。

元々私は早寝早起きが習慣である上、うつを患ってからは早朝覚醒気味でもあります。10時半には就寝して、翌朝5時半くらいに起きるというのが通常パターン。この文章も半ば眠気覚ましに書いているようなものです。

しかしこのPCショップは対応がいいような悪いような・・・。まず店に電話しても直接かからない。いくつかある選択肢のなかからガイドに従って店へ連絡をとるのですが、これも面倒くさい。折り返しの電話をリクエストしてもなしのつぶて。いい加減にぶち切れて、とにかく繋がる番号を押してすぐに電話をかけるように要求したらようやく電話がかかってきました。電話での説明は懇切丁寧でしたが、電話に即時に出ないというのが致命的。そもそも不具合があってイラついているというのにイライラが倍増します。おまけにコールバックは遅いし・・・。もっと人を増やすなり、回線を増やすなりして対応しろ!!と少々荒っぽい口調で言ってしまいました。

その後に怒りの疲れと自己嫌悪とで不貞寝しちゃいました。ハッとして起きたらまだ「報道ステーション」放映中。あと1時間なんとか起きてよう。それにしても俺は小学生か?
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-19 23:06 | うつ | Comments(0)

Excite エキサイト : 社会ニュース

この男には一体どんな裁定が下されるのだろう?精神科への通院歴があると、「心神耗弱状態」ってことでうやむやになってしまいそうな気がしますね。

通院歴があろうがなんだろうが、自分の都合だけで何の関係もない幼児に危害を加えるなんて断じて許せる話ではない。断固たる処罰をのぞむ。

いまは、この重症を負った男の子の回復を祈るのみ。親御さんの気持ちを考えると本当にやりきれない思いです。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-18 23:11 | 時事ネタ | Comments(0)

Excite エキサイト : スポーツニュース

星野監督の熱さは半端じゃない。ジャイアンツファンである私も2003年の阪神優勝の際はチーム全体の熱さを感じたし、その熱を作り出した星野監督は素直にすごいと思いました。現状況下においては、話題という点でも、力量という点でも最良の人選だと思います。

問題は各チームの協力体制。記事中には「8月のプレ五輪から指揮を執る」云々とありましたが、アテネ五輪の二の舞にならなきゃいいんですけどね。残念ながら、我がジャイアンツの会長様は「ペナントレース優先」を強く主張しそうな気がしますな。

世界中の野球に携わる人々が全て一致団結して、各国のベストチームを参加させるようなプレ五輪になってもらいたい。MLB所属の日本選手もすべて参加する真の意味での世界一を決める大会が観てみたい。

オリンピックの委員の説得に無駄な金を使うより、最高峰のプレーを見せて一般の皆様の支持を得たほうがよほど大きなムーヴメントになると思うんですが…。

戦術云々よりGMとしての手腕を活かして、まずは日本の各チームの協力体制を構築していただきたいものです。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-18 23:06 | プロ野球 | Comments(0)

『交渉力』 を読んだ

著者団野村氏は日本の代理人交渉の魁となった人物。いまでこそ、代理人交渉を認める球団も出てきましたが、まだまだMLBのように代理人交渉が「常識」という状況にまでは至っていないのは明白な事実。この制度に強硬に反対しているジャイアンツの親会社読売をはじめとするマスコミの皆さんが「代理人」を「胡散臭い」「年俸吊り上げに暗躍」というイメージで報道した結果「よくわからないけど、なんとなくダーティー」というイメージをもたれている方が多いのではないかと思います。

私自身も根本のところではいまだにそのイメージを捨て切れていません。また、この団野村氏に関しては、母親がサッチーであるということもあり(失礼)、かなり胡散臭い人物であると思っていました。

この本の内容は、そうした私の先入観を、かなりな部分打ち壊してくれました。野茂や伊良部、マック鈴木のMLB入りの際のエピソードを、あくまでも選手の側に立脚した視点で明快に語っています。これは団野村氏が自らについて「選手のエージェント(代理人)」であるとアイデンティファイしていることによります。氏は「ブローカーは自らの利益のために状況次第で球団側にも選手側にも転ぶ。エージェントはあくまでも選手の希望をかなえることをその使命とする。」と定義づけています。だから伊良部がヤンキースにこだわった時に、その希望をかなえるべく共闘したわけですね。いや、分かりやすい。

現在の私の職務は購買ですが、購買の業務は毎日が「交渉」。氏が実際の交渉について語っている中で、日々の業務に活かせそうだと感じたのは
①常に2通り以上の結末を想定し、そのための準備をしておく。
②妥協ではなくお互いに納得する点を探る。
③決して諦めない
の3点。日頃の自分を振り返ると、このうちなんとか実践しているのは③のみ。汗と根性のスポ根購買。これではいつまでたってもプロの交渉人にはなれそうもない。やはり大切なのは理論と準備だなあ、とつくづく感じました。

一方で、野茂のMLB行きに際して、「この後に続く選手達のためにも頑張った」云々の記述がありましたが、これは少々美化しすぎかなって感じもしました。実際に彼らの行動が日本球界の体質に風穴を開けたの事実ですが、その時にそこまで本当に考えたの?まずは野茂をなんとかMLBに送り込むことに精一杯だったんじゃないの?と勘ぐりたくもなります。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-17 18:07 | 読んだ本 | Comments(0)

Excite エキサイト : 経済ニュース


一度内部告発で問題が公になると、まあ出てくること出てくること。よほど、社内に鬱憤がたまっていたに違いない。マスコミも心得たもので、体質に批判的な人ばっかり集めてきて「証言」させていますしね。

いずれにせよ、これで不二家は存亡の危機にたたされたことだけは間違いありません。これだけネガティブなイメージを流されてしまうと、流通の皆さんがまず置いてくれないでしょうし、置いてくれたとしても消費者が引いちゃってしまった後では、いずれ定番からカットになってしまうのは目に見えています。雪印はまだシェア3位転落で済みましたが、今回は本当に危ないですね。このまま「不二家」というブランドは消滅してしまうのではないでしょうか?

浪人時代に代々木駅前の不二家レストランの2階でケーキセットで2時間粘って勉学に勤しんだ身としては、「不二家頑張れ!!」と励ましの一つも贈りたいところですが…。いかんせん、食品の場合は下手をすると命にかかわる問題となるだけに簡単に信用する気にはなれません。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-17 17:12 | 時事ネタ | Comments(0)

今日は天気が良かったのでドライブに行きました。
行き先は「ばんや」と「ばんやの湯」。鋸南町の漁協が経営している食事処と日帰り入浴施設(宿泊もできるので純粋な日帰り入浴施設ではありませんが…)です。

http://www.awa.or.jp/home/hota-gk/

まずは、「ばんや」で昼食。地魚の握り寿司とイカのかき揚丼を注文。4時前という時間にもかかわらず大盛況で、100席ほどある座席はほぼ満席。
で、出てきたモノはやや期待はずれ。ネタは確かに新鮮だったけど、切り身が分厚すぎるうえ、握りが今ひとつで、握りずしというよりは刺身を茶碗のご飯の上に乗っけて、普通に食べてる感じでした。かき揚丼はものすごいボリュームで、天ぷらと言うよりはお好み焼きを食っている感じ。タレが甘すぎなかったのはよかった。嫁と二人で寿司2人前と天丼一つで思いっきり満腹。
値段は握り寿司が1人前850円、天丼が800円とリーゾナブル。もう少し握りの腕があがればもっとリピーターが増えるように思います。

で、その後は併設の「ばんやの湯」へ。ここは正確には温泉ではなく、沸かし湯に高濃度の炭酸ガスを加えています。浴槽は20人ほどが入れるぬるめ(38℃)のものと5人ほどで一杯の熱め(45℃)の2種類。炭酸含有のお湯は熱が逃げにくく良くあったまります。ぬるい湯にじっくり浸かって疲れがじんわりと和らぐのを実感しました。

今日は少し雲がかかっていましたが、雲がなければさぞかし夕陽がきれいに沈むのだろうな、と考えながら「あ、安部礼司」を聞きつつ帰途につきました。

これでようやく、カテゴリーが一巡した。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-15 00:22 | ドライブ | Comments(0)

清水義範・西原恵理子コンビによる「お勉強シリーズ」7作目にしてシリーズ最終作であるのが本書。著者の言葉を借りて言えば「授業中に先生がしてくれた雑談」をまとめたもの。

このシリーズは確かに面白かった。単純に断片的に覚えていただけの社会や理科の知識が日常生活にどう結びついているかを、分かりやすく説明してくれていたからです。まあ、いかに面白く話してもらったところで、当時は勉強することに対しては単なる義務感しかなかったので、熱心に勉強したとは思えませんが…。

言うまでもなく教師も人間であり、人間である以上は何かしら興味を持って生きているわけで、授業に関係なく、その人個人として造詣の深いモノゴトを語らせたら確かに面白いだろうな、とは思います。ただし、自分自身には先生から面白い話をしてもらった、という記憶はありません。教科を学ぶことに熱心だったのか、授業はよそよそしいものと感じていたのか、おそらくは後者でしょうが・・・(笑)。授業中の先生との会話で覚えているのは、中学3年の時の担任(社会科)とのもの。

先生「お前らももうすぐ卒業だ。卒業したらな、いつまでも親のすねをかじってるんじゃないぞ!」
「親の退職金で家を建てるのは、すねをかじるって言わないの?」
先生「……。」

この先生の父親は県下でNo1の進学校と言われた高校の校長を定年退職したばかりでした。
その退職金の一部を自分の家を建てるために出してもらった、というようなことを数日前に話しておきながら、思いっきり突っ込まれるようなことを言ってくれたので、ここぞとばかりツッコミを入れてしまいました。あとで、職員室の机を蹴っ飛ばしていたそうです。

閑話休題。この本は、1章に一つはかならず「へぇー、そうだったんだ」と思える事実が書かれています。私には暦の話が特に興味深かったです。世に「雑学」の本はたくさんありますが、それこそ断片的知識の羅列で読み物としては面白くない。シミズ博士はパスティーシュ小説で世に出ただけあって、非常に読ませ方がうまい。通勤電車の行き帰りで一挙に読んでしまいました。このシリーズもっと続けてくれないかなー。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-15 00:01 | 読んだ本 | Comments(0)

Excite エキサイト : スポーツニュース

ついに交渉決裂。これで中村選手がオリックスに残留する道は完全に絶たれた訳ですが、ゴタゴタして残るよりはスッキリと新天地に赴いたほうがよいでしょう。

今年の年俸は安いかもしれませんが、打ちまくればすぐ取り戻せるんですから。
ローズと並んで近鉄いてまえ打線の2枚看板だった頃の豪快なフルスイングの復活を望みたい。そのためには、セリーグの細かい野球よりはパリーグののびのび野球の方が良いように思います。西武が早速調査に乗り出しているようですが、カブレラ、和田との3枚看板は迫力がありますな。ちょうど三塁手の適任者がいないようでもありますし、一人にマークが集中するような球団(=楽天)だとさすがにちょっと荷が重いでしょう。主力が右ばっかりというのも偏っているといえば偏ってますが…。

手首の故障がちょいと心配ですが、昨年大して試合に出てない分、今年はなんとかなるでしょう。
日本人のホームランキングは久しく出ていませんが、「額面通り」に働けば中村選手がその最右翼であることは間違いありません。まだ引退するような歳じゃないですよ。工藤選手より10歳も若いんですから。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-14 00:00 | プロ野球 | Comments(2)

何度か書いている通り、私の現在の体重は100kg超。体重4100gで生まれて以来40年この方ずーっと肥満体です。「痩せたね」といわれたことはあっても「痩せてるね」といわれたことは一度もありません。

そんなわけで、小学生当時より肥満解消の指導はずいぶん受けてきており、肥満に関する知識はそれなりに(というよりはかなり豊富に)持っているつもりでした。まあ、知識だけは持っていても実践が伴っていないんで宝の持ち腐れであり、かつ、肥満に関しては正しいことを言っても信用されない状態でした。

これも何度か書いていますが、現在の私の最大の関心事は、ラグビーにおいて自分が納得できる最高のパフォーマンスをすることです。従って、パワーを落とさず体重を落とす、というトレーニングが必要となります。効果的なトレーニングには知識の習得が不可欠、というわけで改めて肥満を一から学びなおそうと手に取ったのがこの本です。

結論としては、各栄養素のバランスの取れた食事を規則正しく摂り、総摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えることが一番確実で早い方法のようです。
運動だけで痩せようとしてもきついし長続きしない。食べることを減らしすぎても多大なストレスとなる。あるものを飲むだけ、とか食べるだけというような減量法は副作用が怖い。

私はラグビーという目標があるのでトレーニングはあまり苦になりませんが、キツイトレーニングは嫌だという方は歩くのが一番良いそうです。モノゴトすべて楽にはいきませんね。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-13 23:41 | 読んだ本 | Comments(0)