『飛びすぎる教室 -シミズ博士の雑談授業-』を読んだ

清水義範・西原恵理子コンビによる「お勉強シリーズ」7作目にしてシリーズ最終作であるのが本書。著者の言葉を借りて言えば「授業中に先生がしてくれた雑談」をまとめたもの。

このシリーズは確かに面白かった。単純に断片的に覚えていただけの社会や理科の知識が日常生活にどう結びついているかを、分かりやすく説明してくれていたからです。まあ、いかに面白く話してもらったところで、当時は勉強することに対しては単なる義務感しかなかったので、熱心に勉強したとは思えませんが…。

言うまでもなく教師も人間であり、人間である以上は何かしら興味を持って生きているわけで、授業に関係なく、その人個人として造詣の深いモノゴトを語らせたら確かに面白いだろうな、とは思います。ただし、自分自身には先生から面白い話をしてもらった、という記憶はありません。教科を学ぶことに熱心だったのか、授業はよそよそしいものと感じていたのか、おそらくは後者でしょうが・・・(笑)。授業中の先生との会話で覚えているのは、中学3年の時の担任(社会科)とのもの。

先生「お前らももうすぐ卒業だ。卒業したらな、いつまでも親のすねをかじってるんじゃないぞ!」
「親の退職金で家を建てるのは、すねをかじるって言わないの?」
先生「……。」

この先生の父親は県下でNo1の進学校と言われた高校の校長を定年退職したばかりでした。
その退職金の一部を自分の家を建てるために出してもらった、というようなことを数日前に話しておきながら、思いっきり突っ込まれるようなことを言ってくれたので、ここぞとばかりツッコミを入れてしまいました。あとで、職員室の机を蹴っ飛ばしていたそうです。

閑話休題。この本は、1章に一つはかならず「へぇー、そうだったんだ」と思える事実が書かれています。私には暦の話が特に興味深かったです。世に「雑学」の本はたくさんありますが、それこそ断片的知識の羅列で読み物としては面白くない。シミズ博士はパスティーシュ小説で世に出ただけあって、非常に読ませ方がうまい。通勤電車の行き帰りで一挙に読んでしまいました。このシリーズもっと続けてくれないかなー。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-15 00:01 | 読んだ本 | Comments(0)

落ちた年俸は、フルスイング復活で稼げ!!

Excite エキサイト : スポーツニュース

ついに交渉決裂。これで中村選手がオリックスに残留する道は完全に絶たれた訳ですが、ゴタゴタして残るよりはスッキリと新天地に赴いたほうがよいでしょう。

今年の年俸は安いかもしれませんが、打ちまくればすぐ取り戻せるんですから。
ローズと並んで近鉄いてまえ打線の2枚看板だった頃の豪快なフルスイングの復活を望みたい。そのためには、セリーグの細かい野球よりはパリーグののびのび野球の方が良いように思います。西武が早速調査に乗り出しているようですが、カブレラ、和田との3枚看板は迫力がありますな。ちょうど三塁手の適任者がいないようでもありますし、一人にマークが集中するような球団(=楽天)だとさすがにちょっと荷が重いでしょう。主力が右ばっかりというのも偏っているといえば偏ってますが…。

手首の故障がちょいと心配ですが、昨年大して試合に出てない分、今年はなんとかなるでしょう。
日本人のホームランキングは久しく出ていませんが、「額面通り」に働けば中村選手がその最右翼であることは間違いありません。まだ引退するような歳じゃないですよ。工藤選手より10歳も若いんですから。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-14 00:00 | プロ野球 | Comments(2)

『人はなぜ太るのか  -肥満を科学する』を読んだ

何度か書いている通り、私の現在の体重は100kg超。体重4100gで生まれて以来40年この方ずーっと肥満体です。「痩せたね」といわれたことはあっても「痩せてるね」といわれたことは一度もありません。

そんなわけで、小学生当時より肥満解消の指導はずいぶん受けてきており、肥満に関する知識はそれなりに(というよりはかなり豊富に)持っているつもりでした。まあ、知識だけは持っていても実践が伴っていないんで宝の持ち腐れであり、かつ、肥満に関しては正しいことを言っても信用されない状態でした。

これも何度か書いていますが、現在の私の最大の関心事は、ラグビーにおいて自分が納得できる最高のパフォーマンスをすることです。従って、パワーを落とさず体重を落とす、というトレーニングが必要となります。効果的なトレーニングには知識の習得が不可欠、というわけで改めて肥満を一から学びなおそうと手に取ったのがこの本です。

結論としては、各栄養素のバランスの取れた食事を規則正しく摂り、総摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えることが一番確実で早い方法のようです。
運動だけで痩せようとしてもきついし長続きしない。食べることを減らしすぎても多大なストレスとなる。あるものを飲むだけ、とか食べるだけというような減量法は副作用が怖い。

私はラグビーという目標があるのでトレーニングはあまり苦になりませんが、キツイトレーニングは嫌だという方は歩くのが一番良いそうです。モノゴトすべて楽にはいきませんね。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-13 23:41 | 読んだ本 | Comments(0)

ええーっ、早稲田負けちゃったの!?

シンジラレナ~~イ!!
本当に負けてしまったんですね。Jスポーツで見てましたが、ロスタイムに入るまで絶対に逆転があると思ってました。でも逆に取られて2本差。最後のトライは温情に近かったですね…。

敗因は何といってもラインアウト。前半12本あったマイボールのうち3本しかキープできないんじゃ話しになりません。とられたうちの2本は直接失点に結びついたし。セットピースのマイボールは確実にキープした上で、敵ボールを接点でターンオーバーというのが早稲田の基本的戦術なのに、スクラムは安定しない、ターンオーバーはされまくり、PKをもらってもラインアウトを捨てざるを得ない状況ではこのスコアで済んだことを奇跡的というべきでしょう。

FWも受身だったし、BKのキープレーヤーが密集に巻き込まれて2次以降まともに攻撃できていませんでした。直線的なスピードでは群を抜く今村選手にまともにボールが渡ったシーンは皆無でした。首藤選手もちょっと押されればすぐにタッチの外に出てしまう位置でしかボールをもらえていなかったし…。

関東の選手は気迫も当たりもディフェンスも全て激しかった。まさに完勝です。ま、いずれにしても、今年は社会人には勝てないだろうな・・・。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-13 23:13 | ラグビー関連 | Comments(0)

朝からすごく疲れた

ウチの会社は経理〆が翌月の第3営業日までとなっています。今の仕事は購買なので、支払い処理は業務の中の大きな部分を占めています。したがってここ数日は、とにかく忙しかった。しかも年度末なので、ミスが許されない。うつ持ちにとってはこの「ミスが許されない」という状況は非常なプレッシャーです。ミスしたらどうしようと思うあまり、必要以上に時間がかかってしまったり、ダブルで計上してしまったり・・・。

去年はいくつか大きなミスがあり、そのフォローで相当精神的ダメージを受けたのですが、今年はなんとか乗り切れたようです。今のところは単純な書類の書き間違いが一つだけ。

それでもやっぱり疲れはたまっていたようで、昨日池袋のメンタルクリニックに行って診察を受けたあとは、すぐに帰宅しました。普段なら、ジュンク堂に寄って思う存分本を買いまくるのですが・・・。昨日はもうジュンク堂まで行く気力もありませんでした。

今日もこれからトレーニングに行く予定にしていたのですが、つい先程までは「おっくう感」にさいなまれており、このままもう一度寝床に潜り込もうかと迷っていました。でも、たまたまテレビの占いを見ていたら「身体を動かすと吉」と出ていたので意を決して筋トレにいきます!!

そういえば今日は大学選手権決勝だった…。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-13 08:05 | うつ | Comments(0)

『完四郎広目手控 いじん幽霊』を読んだ

標題の本は『完四郎』シリーズの3作目。旗本の次男香冶完四郎が、広目屋(今でいう広告代理店のようなもの)に居候し、様々な謎解きに挑む時代小説。ややおっちょこちょいで激情家という設定の戯作者仮名垣魯文を’ワトソン’役に配しています。

今回は開国前夜の横浜を舞台とし、異文化との軋轢を背景とした様々な謎解きに挑んでいます。単純に見える事件の裏に、未開の国である日本を食い物にしようとする列強国の思惑が絡んでいたり、外国人の仕業と見せかけて日本人が黒幕であったり。思わぬ小ネタが後になって重要な伏線であったとわかったり、とにかく読んでいて飽きません。

次回作が待ち遠しいですね。それから稲垣吾郎と八島智人あたりでドラマにしても面白そうなお話だと思います。

余談ですが、著者の高橋克彦先生には実際にお会いしたことがあります。たざわこ芸術村にある「わらび座」でご自身の「アテルイ」という作品が舞台化されたのですが、その千秋楽にいらっっしゃっていました。上演後、ロビーでタバコをすっていたのをお見かけしたので、サインをお願いすると快く応じてくれました。サインをいただいた芝居のパンフレットは宝物です。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-11 20:42 | 読んだ本 | Comments(0)

まだまだいけるさ、40男

Excite エキサイト : スポーツニュース

そうか、佐々岡も40か。チーム状況も悪く、いわゆるメディアからの注目度も低い中で、良く頑張ってますよね。2~3年前はチームの支えとなるべく、自ら志願して中継ぎの役割を担ったりもしましたよね。もっともこの時は先発の頭数が足りなくて、結局シーズン途中から先発に回りましたが…。

同じ40歳だと清原ばっかり注目されてますが、怪我で欠場がちの長距離砲に比べれば、1年を通してローテを守った佐々岡はもっと評価されてしかるべき。野球選手は試合に出て活躍してナンボなんですから。年俸の額は安いかもしれませんが、また今年頑張ってもっと上げてもらえばいいだけの話です。40になろうが越えようが、第一線で活躍できるということを証明してもらいたいものです。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-11 20:16 | プロ野球 | Comments(0)

『脳を鍛える筋トレ PNFとはなにか』を読んだ

今の私は40歳目前。自分の納得できるレベルで、ラグビーの現役をどれだけ長く続けられるか、ということが目下の最大の関心事です。で、トレーニングやら、プロテインの効果的な摂取法やらの本を読み漁っています。工藤投手や、ヤマハの村田選手の本などは、歳が近いこともあってずいぶん参考になりました。残念ながら、彼らトップアスリートとは積み上げてきたものが違うので、同じ方法をそのまま取り入れるのは不可能ですが・・・。

で、標題の本の話にいきましょう。PNF(固有受容性神経筋促通法)はもともとリハビリの手法の一つで、人体に存在する受容器に抵抗、牽引、圧縮などの刺激を与えて身体機能の向上を図るものだそうです。ごく荒っぽく言ってしまえば、運動の際にカラダの各部分にいかに効率よくパワーを伝えるか、を脳にインプットするトレーニングということのようです。

まあ、文章を読んだだけでは今ひとつイメージが湧いてこない。こればっかりは実際に体験してみないと効果の程はわかりません。機会があれば、きちんと勉強したトレーナーの指導を受けてみたいと思いますが、おそらく予約が取れない上に、行っても相当待たされるんだろうな…。

野球の話が中心だったので、ラグビーの、それも私のようにプロップなどという、パワー重視のポジションの場合は効果的なのか否かがはっきりしませんでした。柔道の斉藤仁氏も通っていたそうですから、やり方にもよるのでしょうが…。

本筋に関係ないジャイアンツ批判も多かった気がします。既得権益にしがみつくあまり、新しいモノに消極的どころか、排除さえしようとする球団内部の体質についてはおっしゃるとおりだと思いますが、もっと各選手がどのような方法で復活したのか、あるいは、より強くなったのかその部分にもっと紙面を割いていただきたかったと思います。正式にPNFを学んだトレーナーのリストなんかも紹介していただけるともっと良かったですね。読み物としてはまあまあだけど、実用という部分では、もう一歩ってなところですね。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-10 22:23 | 読んだ本 | Comments(0)

どこへ行っても頑張れ、中年の星

Excite エキサイト : スポーツニュース

43歳にして、現役バリバリの工藤投手。その徹底した自己管理は尊敬に値します。私自身も、自分が納得行くまでラグビーの現役を続けるつもりですが、工藤投手の活躍は大いに刺激になっています。

ジャイアンツファンである私にとっては、工藤投手がジャイアンツを離れてしまうのは寂しいかぎりですが、工藤投手登板の時だけは最優先で応援します。まだ燃え尽きるなんていう言葉は似つかわしくありません。ぜひとも不死鳥のごとくよみがえって下さい。

個人的な思い入れはともかく、1年置きに活躍するという工藤投手の「周期」からすると今年はいい年のはずなんだけどなぁ…。ジャイアンツはナニ考えてることやら。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-10 20:37 | プロ野球 | Comments(0)

IKEAはまあまあ、アウトレット通いはやめられない

昨日佐野のアウトレットに行き損ねたので、今日はリヴェンジとばかり、幕張ガーデンウオークへ。
途中、嫁が家具を見たいというので船橋のIKEAに初見参。開店当初の目新しさが薄れたせいか、特に渋滞にはまることもなくあっさりと駐車場へ。

この店は2階のショールームを見た後、1階のストックヤードに行って商品を自分でピックアップしてレジを通るというシステム。1970年代に一度日本に進出して数年で撤退したそうですが、当時は家具のような高価な耐久消費財は対面販売でいろいろ店員から説明を聞きながらモノを選ぶというのが主流でしたから、このシステムはウケなかっただろうな、という印象。現在は情報があふれかえっている上、余計なコミュニケーションは取りたくないという人の方が多数派なので、特に抵抗はないだろうな。

ハコが大きいだけあって、品揃えも豊富だし、部屋トータルでのコーディネートのヴァリエーションも多数。今後どんなテーマで展示が変化していくのか、という興味をつなげていけるという点では頭の良い方法ではあると思います。難点は、広すぎて欲しいものがなかなか見つからないこと。情報提示端末が備え付けられてはいますが、そのモノが具体的にどの場所に展示されているのか、という情報は出て来ません。今回は、リビングに置くコートスタンドを探したのですが、30分以上もかかってしまいました。その上、いざストックヤードに行ってみたら在庫切れ。悔しいからついでに買おうとしていた背高のっぽのCD棚も返品。結局買ったのは歯ブラシ立てと、ソープディッシュのみ、約1200円也。

続いて幕張ガーデンウオークへ。今日のターゲットはジーンズ。このアウトレットにはBOBSONとEDWINが入っている上、2月中旬まではLEVI’Sも臨時で出店しています。まずは嫁とBOBSONへ。ここには大きなサイズのコーナーがなく収穫無し。ちなみに当方、身長170㎝、体重107.5kg、ウエストは40~42インチの間といったところです。(これでも最大時132kgから2年かけて痩せたんですよ!!ちなみに最大時のウエストは125㎝)EDWINは大きいサイズのコーナーはあったものの46インチ以上しかないというアンバランスさでこれも収穫なし。最後の砦LEVI’Sにも40インチ以上のジーンズの品揃えはなく結局ジーンズは買えず仕舞。

半ばふてくされてアディダスへ。以前はスーパー12のチームのジャージが型落ち品として安く売っていたので、それを買いまくっていたのですが、ここ数年はラグビージャージそのものの扱いがない状態が続いていました。ラグビー系はサンゴリアスかコベルコのTシャツくらい。サッカー人気に押されて文字通り居場所のない日々が続いておりました。

今日も全然期待せず、アウトレットに来たときのルーティーンの一環として店に入りました。
ところが、ありましたよ!!!

オールブラックスJrの2006年ジャージ。

パシフィックファイブネーションズ等で使用していた、襟が白くて、両袖にアディダスの3本線がはいっているジャージ(下の写真参照)が奇跡的に1着だけ。しかもサイズは現在の私にジャストフィットの2XO!!!すぐに握り締めてレジに走っちゃいました。5000円強。これだからアウトレット通いはやめられない。

それにしてもナイキはイングランドのレプリカジャージくらい置いて欲しい。まあ、ラグビー後進国の日本では売れるはずがないという冷静な経営判断には敬意を表しますがね…。ニューバランスも菅平のサニアグランドの柱という柱にすべて幟旗つけてるし、三洋電機の公式サプライヤーでもあるのだから、ジャージの一つくらい置いてくれてもいいんだけどなぁ…。
f0126940_2122169.jpg

[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-08 23:24 | お買い物 | Comments(0)

厄除け祈願と佐野周辺

4月に40歳になるということは、今年は男の前厄。そういうわけで、佐野厄除け大師に厄除け祈願に行って来ました。

当初のプランでは、昼前に祈願を済ませて、その後佐野ラーメンを賞味し、麺や小町(館林うどん)を購入し、最後にプレミアムアウトレットによるつもりでした。
ところが東北道の佐野藤岡ICの2km手前からアウトレット渋滞。渋滞の最後尾に並んでから、アウトレット脇を通り過ぎるまで1時間以上かかってしまったので、予定変更。

まずは楓林飯店でねぎラーメンを賞味。
http://www.tobu.co.jp/train/campaign/ryomo/sano/g_006.html

産地を明かさないこだわりのねぎと太いちぢれ麺、醤油味スープは相性ばっちり。健康を考えてスープはあまり飲まないようにしているのですが、ここのスープはついついすすってしまう。

店を出ると生憎の雨模様。様子見をかねて、道の駅「どまんなか田沼」へ。昨年10月で高萩の交差点近くにあった麺や小町の専門店が閉鎖されてしまったので、今年からはここで麺や小町のうどんを買うことにしています。讃岐ほどではありませんがかなり太いうどんで、非常に心地よいのど越しが特徴。同じ群馬県内には日本三大うどんのひとつとして名高い「水沢うどん」がありますが、館林うどんも味は決して引けをとりませんし、値段もさほど高くありません。一度おためしあれ。

で、本題の厄除け祈願へ。まず祈願の受付を済ませて、その後に祈願場所に入るための列に並ぶというシステムをとっているので、二人以上でいく場合には、一人が受付に行って手続きを済ませ、残りの人は列に並んで待っているというのが「正しい」方法のようです。空は明るいというのに雨は降ってるわ、強風は吹くわで、厄除けの前に風除けが必要だろう、などと細かいツッコミを入れながら外で待つこと約40分。ようやく本堂の入り口へ入ると受付のおねーさん(神社なら巫女さんなんだろうけど、寺の場合はなんて言うんだろう?寺女?)から厄除けの木札をもらって、更に待つこと約20分。ようやく「祈祷スペース」へ。

説明役の僧侶から、お祈りの仕方を指導されました。2種類のお経を唱える間、今年の自分の願い事をお祈りし続け、その後、護摩壇の火に木札をかざし、さらに煙を頭や顔、足などに浴びるというものでした。一人一人はそれなりに真剣にお願いしているのでしょうが、こうも大勢それこそ十把一からげに扱われると、信心というよりは、運転免許の更新でもやっているような気分だったというのが正直なところ。厄除けで1人3000円とるので、1万人くれば3000万円の収入。坊主丸儲けシステムに思い至って御仏の慈悲におすがりする気をますます強くして本堂を後にしました。皮肉なことに雨も風もすっかりやんでいました。

最後にアウトレットに寄ろうと思って、高萩町まで戻りましたが、昼前のアウトレット渋滞が解消されておらず、駐車場にたどり着くまでに相当な時間を要することが見て取れましたので、アウトレットを断念し、「あ、安部礼司」を聴きながら、帰京の途につきました。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-08 00:55 | ドライブ | Comments(0)

まったくラグビー協会って…

試合の内容は良かったんですが…。

寒さにも雨にもめげず、せっかく多数のファンが調布くんだりまで来てくれたっていうのに、屋根つきの上部席が開放されたのは試合開始後20分も経ってから。どうせ協会関係者は「現場の状況をみて、最大限柔軟に対応した」とかなんとか思っているのでしょうが、多数の入場も、悪天候も十分に想定されていたはずなのに、試合開始前にその程度の決定が下せないラグビー協会にはあきれるばかり。「普通」の接客業だったら大クレームですよ。

国際試合敗戦の度に毎回繰り返される「体格差をうめきれなかった」という言い訳、日本にろくに来もせず指揮を執ろうとした前HCの仏クラブチームコーチ兼任問題など、数々の失態もむべなるかな、ってなところですな。

元総理をはじめ、優秀な人材がそろっているはずなのに…。いくつかの状況を想定しておき、その状況に対して準備しておく、なんて物事を進めていく上で、初歩の初歩だと思いますがね。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-07 23:50 | ラグビー関連 | Comments(0)

いまさらだけど、サンゴリアス負けちゃった

10-12。
…点数はともかく、両者がっぷり四つに組んだいい試合でした。試合中に密集やスクラムから立ち昇るもうもうたる湯気を見て「ああそうか、今日は雨も降ってるし、寒いんだ」とようやく気づくくらい集中して見ちゃいました。(席が遠くてよく見えなかったってこともありますが)

敢えて浪花節的表現を使えば、ブレーブルーパスの「勝利への執念」が勝った試合だったと言えましょう。特に決勝点となった「12人モール」に関しては賛否両論あると思いますが、プレーする選手の目的が「勝つこと(=相手より多く点数を取ること)」である以上、点の取れる可能性が少しでも高いプレーを選択するのは当然の話で、私はあの試合状況、局面では最善のプレーだったと思います。薫田監督が試合後「マクラウドと冨岡の勝負勘が為させた」という旨の発言をしていましたが、いざとなれば力づくでもなんでもトライをとってしまうところにブレーブルーパスの底力を見る思いがしました。

サンゴリアスは意図したプレーで得点できていなかったように思います。小野沢にしても佐々木にしてもレフェリーの判定に助けられた感があります。やはり接点の強さが他のチームとは段違いなので、ポイントからの球出しが遅れ、その間にDFにスペースを埋められてしまって、外のランナーが走りきるスペースがなくなってしまう。しかたなく内に切れ込むとぬれた地面に足を取られてすってんころりん…。そんなことを繰り返しているうち、先にスタミナ切れしてしまったようで、最後まで「これぞサンゴリアス!!」というような攻撃が見られなかったのが残念。サンゴリアスファンの割りにブレーブルーパスばっかり誉めちゃいましたが、今回の敗戦が、あと2回の対戦に勝利するための「ネセサリー・ロス」となることを願ってやみません。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-07 23:24 | ラグビー関連 | Comments(0)

本日は府中ダービー。勝てよ、サンゴリアス!!

天気があまり良くないですが、本日は文字通り日本ラグビー最高の試合、サンゴリアスVSブレイブルーパス戦が行われます。今年はこの対決は今日も含めて3度観られそうですが、サンゴリアスファンとしては是非全勝して欲しい!!ここ数年の対戦では、接点で圧倒されてターンオーバーを喰らってそのまま被トライという、イライラパターンが多かったですが、今年はFWのメンバーが充実している上、清宮新監督の「早稲田メソッド」の浸透により、見違える程接点の強さが増しているので大いに期待が持てます。初めて日本選手権を制した時のような、嵐のようなトライラッシュを是非観てみたい!!
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2007-01-06 09:06 | ラグビー関連 | Comments(0)

うつについて1(遠因)

 現在うつで通院加療中です。月に2回ほど会社の産業医でもある医師が開業している心療内科クリニックに通っています。トレドミン25を朝晩2回2錠づつ、レキソタン、リタリンを一日2錠づつ服用しています。発症当初に比べれば状態はかなり良くはなってきてますが、月に1〜2回は、朝目覚めた瞬間に起き上がるのも苦痛な状態が来ますし、薬の量だって決して少なくはないでしょう。休職されたり、入院されたりしている方からみれば、まだましなのかもしれませんが、私にとってはつらい日々が続いております。
 
発症のきっかけは、転勤でした。あるメーカーで、入社以来10年余り営業職に就いていましたが、そもそもやりたい仕事ではありませんでした。宣伝関係の部署への異動を希望していましたが(そこでキャリアを積んであわよくば広告業界に転職したいというのも密かな希望でした)、希望を出す度「営業で実績をあげなければダメ」という返事でした。
 
で、9年目と10年目は最高の実績を挙げました。研修という名のご褒美旅行(アメリカ)には連れて行ってもらえるわ、最高の査定でボーナスは上がるわ、全国のマネージャーを集めた会議で営業の成功事例として紹介されるわで「苦節10年ついに実りの秋をむかえたか!!」と思っておりました。

ウチの会社は4月と10月に定期的な人事異動があります。9月のある日、異動の内示のため部長のもとに呼ばれた私に告げられたのは「○○支店」(東北の日本海側のとある都市)という衝撃の内容。「これだけの実績を挙げてなぜ希望が通らない?」という問いには「関係ない」の一言のみ。瞬間文字通り全身の力が抜けました。独身であれば即座にその部長の横面の一つも殴り倒して、その場で辞めたことでしょう。しかし、私には、すでに妻がいました。茫然自失のまま自分の席に戻ったようです。(どのように戻ったか全く覚えていません)
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2006-12-31 08:31 | うつ | Comments(0)

御用納めのあとなのに事始め

よりによって、年の瀬の慌ただしい時期にブログなんかおっぱじめてしまいました。基本的に気分屋でしかもうつ持ちなため、やろうと思った時にやっとかないといつまでたっても始まらないからです。一区切りついたらやろうと思って結局できなかったり始めるまでに多大な時間を要したものは以下の通り。

ダイエット→20代の頃よりその必要性を指摘されていたが「来年こそ」と思い続けてようやく3年前から着手。着手前132kgから現在は105kg。週2回のフィットネス通い継続中。ちなみに来年四十路の大台。

各種の投稿→いまだチャレンジする勇気なし。一時は毎月専門誌まで買ってたんだけど。

語学→自己啓発の一環として大学在学中から心の片隅に引っかかっていた。でも結局漠然と「忙しい」事を言い訳に放置。現在の仕事で必要になったため今年の2月から半ば強制的に英会話スクールへ。習い始めたら結構楽しくなって来年TOEIC受験を決意。

習い事→今までに2回ほどコンピューター言語の通信教育を申し込んでみたが、一度も課題を提出せずに終わる。

自分のミスをフォローするための仕事→日々苦しめられている。その場でやってしまえばなんてことないんだけど、「ミスしちゃった・・・」という気持ちを引きずってしまい、ついつい後回し。結局期限ぎりぎりまでできず、周りの方々の手を借りる羽目になって自己嫌悪。ますますその仕事が手につかない、という悪循環に陥っております・・・。

てなわけで、思い立ったが吉日とばかり始めちゃいました。いつまで続く事やら自分でも不安ですが、自分の内面を見つめ直すこともうつの治療には有効だときいておりますので、リハビリの一環として雑事を綴っていきたいと思います。
[PR]
# by lemgmnsc-bara | 2006-12-30 20:14 | 雑談 | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。


by 黄昏ラガーマン
プロフィールを見る
画像一覧