カテゴリ:読んだ本( 1229 )

『岳飛伝 三 嘶鳴の章』を読んだ

岳飛伝 三 嘶鳴の章 (集英社文庫)

北方謙三/集英社

undefined


岳飛伝も三巻目を迎えました。文庫本ではすでに五巻目まで発売されているようですが、まだ電子書籍では三巻目が最新です。早く電子化して欲しいなぁ、集英社の皆さん。

というわけで、いつもの通りの読書感想文です。

さて、この巻では梁山泊、南宋、金国の三つの勢力が、来るべき「決戦」の日に向けて力を蓄えていこうとする姿を描くとともに、それぞれの勢力が内側に抱える問題や、勢力同士の小さな衝突などが描かれています。

我らが梁山泊の一番の問題は、絶対的なリーダーがいないこと。各頭領たちはそれぞれ「志」を持ち、現在でいうところの自由主義経済国家、すなわち国の強権的な部分をなるべく小さくして、商流や物流を自由に行えることを保証する国家を作ろうとしてはいるのですが、「志」を明確に示し、成員を一つの方向に引っ張っていくだけの資質を備えた人物がいないため、「志」が各人各様に分裂してしまう危険性を常にはらんでいます。水滸伝の頃から「生き残って」いる史進や燕青、呉用などに加齢からくる衰えが忍び寄ってきているのも不安材料。新時代のリーダー候補秦容は軍を離れ、ベトナムで甘藷の栽培に勤しむこととなりますし、新しい商流を築きつつあった王貴は南宋の軍閥張俊の軍に襲われ、半死半生の状態で岳飛の軍で手当を受けることとなります。

かつて、北宋軍に攻め滅ぼされた梁山泊から落ち延びた楊令は金国の保護を受け、「幻王」という名で北宋の軍に対峙しましたが、こうした敵味方とははっきり分かれにくい人間関係が出現するところも「現代的」。王貴と岳飛軍の今後の関係性の変化も見逃せません。

南宋も趨勢がはっきりしない。張俊、岳飛の軍閥は成長を続けている上、皇帝の直属軍も整備されつつあります。張俊は他国と対抗する気満々の上、巨大化した軍閥の勢力を背景に宋の乗っ取りをにおわせる行動にも出ています。岳飛はこのシリーズの「主人公らしく」、心身ともに精強な兵団を作り上げつつあります。先にも述べた通り、梁山泊の中心人物の一人である王貴ともつながりができました。旧宋で跋扈していた諜報集団の残党もいまは鳴りをひそめていますが、今後の勢力の動向によってはまた暗躍を始めるかもしれません。

金国は梁山泊と対決して敗戦します。しかし梁山泊は一気に金国を攻め滅ぼそうとはせずに、和を結びます。そこで交渉の任についたのは宣讃の息子にして、呉用が自らの後継者であると見込んでいる宣凱。武力同士の衝突だけではなく、交渉による戦いもあるのだ、という記述には静かな力があります。宣凱の今後にも期待したいところです。

様々な勢力が入り乱れる様相を示してきた物語がどのような混沌を迎え、平静をとりもどすのか?早く次の巻が読みたいなぁ。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-20 15:10 | 読んだ本 | Comments(0)

『よろず屋稼業 早乙女十内 一 雨月の道』を読んだ

よろず屋稼業 早乙女十内(一)雨月の道

稲葉稔/幻冬舎

undefined

早乙女十内シリーズの第一巻。例によってkindleのバーゲン本コーナーで見かけて衝動DL。稲葉稔氏の作品を読むのはこれが初めてです。

主人公の早乙女十内は幕府の要職にある名門旗本の次男坊。幼少の頃は、長男である兄が、「明日をも知れぬ」レベルの病弱体質だったため、跡継ぎとしての期待をかけられ手厚く遇されていたのですが、長じた兄が健康となってからは、一家の中での厄介者扱い。そのことで少々やっかみ気質となってしまった十内は部屋住みの身に甘んじることも、他家への婿入りも潔しとせずに、町人と同じ長屋に住んで「よろず屋」を開業。人捜しなどで生計を立てています。幼い頃から鍛えられたこともあって優れた剣技を持ってはいるものの。その腕を披露する機会にもそうそう恵まれない、その日暮らしの毎日。

自ら選んだ道とはいえ、うらぶれた境遇にあって満たされぬ思いを抱えた身、という設定は心ならずもサラリーマンとして口に糊している方には感情移入しやすいものだと思います。私は大いに身につまされました(苦笑)。

さて、十内はとある商家から人捜しを頼まれます。捜す人物はその商家の一人娘への入り婿。かざり職人として独立しているのですが、何故かその商家のカネを持ち逃げしたというのが捜される理由です。持ち逃げされたのは二百両余。にもかかわらず、ケチとして名の通っている商家の主人が五十両もの金を成功報酬で支払う、という話に違和感を覚えた十内は婿を捜すと同時に、この商家が婿を捜す本当の理由を知ろうと奔走します。

で、数々の妨害にも関わらず、その謎を解いて、こじれた人間関係(婿と嫁である商家の一人娘の間にはいろいろな問題があったということ設定になっています)も修復して、十内の剣の腕も存分に披露される場も生じるというストーリー展開です。

まあ、一言で言ってしまえば、昭和の時代劇の典型的なストーリー展開です。日頃は冴えない主人公が、いざとなったら凄腕を発揮して謎を解いて悪人を懲らしめて最後はメデタシメデタシ。十内のキャラクター設定だけは少々ひねってありますが、主人公が遊び人の金さんでも徳田新之助でもまったく同じストーリーで通用してしまいます。よくいえば、昭和の時代劇へのオマージュ、悪くいえばモロパクリ。それ以上の感想は持ち得ませんでした。このシリーズかなり巻数を重ねているようですが、次の巻に進みたいか?と問われたら「微妙」と返さざるを得ませんね。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-16 12:03 | 読んだ本 | Comments(0)

『奇談蒐集家』を読んだ

奇談蒐集家 (創元推理文庫)

太田 忠司/東京創元社

スコア:


kindleのバーゲン本コーナーからのDL品。最近このイントロ多いですが、バーゲンコーナーから購った作品から新しい作家を知ることも少なくないので、この衝動DLだけは止められません。太田氏の作品を読むのはもちろん初めてです。

主人公は恵美酒一(えびすはじめ)。奇談蒐集家を名乗り、新聞広告を打って実際に奇妙な体験をした人を募り、応募してきた人からその体験談を聞き取るというのが趣味という人物設定です。なお、本当に奇妙なオハナシには高額な謝礼を支払う、というのが広告の謳い文句でもあります。『聊斎志異』みたいな作りのオハナシですね。

さて、この一冊は、いくつかのオハナシが編まれた連作短編集で、どの話も恵美酒氏が指定したバー「Strawberry Hills」に奇談を売り込もうと企図した人物たちが入店するところから始まります。どの話もそれなりに奇妙な話ですので、恵美酒氏は大いに喜んで買い取ろうとするのですが、そこに待ったをかけるのが恵美酒氏の助手(というよりは相棒またはそれ以上の存在)である氷坂。話をする人の背後にいつの間にか忍び寄っているような不気味な習性を持ち、美貌でありながら、外見からは男か女かの区別がつかないというキャラクターが付与されています。

この氷坂は、出てくる話出てくる話にすべてツッコミをいれ、冷静に、科学的に話の矛盾点を指摘し、すべての人の話を思い込みや錯覚によるものだと「解決」してしまうのです。

奇談を集めたい恵美酒氏も、奇談を買ってもらおうと意気込んできた人々もガックリとさせてしまうことがオチ。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ではありませんが、いわゆる奇談とか怪異譚の類いは、すべて当事者の歪んだ主観がもたらすもので、すべてにおいて何らかの「合理的」な説明がついてしまうものだ、という皮肉り方はなかなか悪くありません。この展開は展開として面白かったのですが、最後の最後のオハナシにどんでん返しが待っています。う〜ん、やられたね、ってな感じです。すべての矛盾に対する答えを示すと見せかけて、実は最後の最後に最大の奇談を持ってくるというのは、この一冊の完結編としてなかなか見事な落とし方だったと思います。

太田氏なかなか面白い作風の持ち主ですね。また別の作品を読んでみたい作家が増えちゃいました。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-11 19:34 | 読んだ本 | Comments(0)

『漂流巌流島』を読んだ

漂流巌流島 (創元推理文庫)

高井 忍/東京創元社

undefined


kindleのバーゲン本コーナーで見かけてDLした一冊。

著者高井氏は、日本史上有名な出来事にフォーカスし、様々な資料を検証し、再構成することで、「そういう見方も出来るな」という事態にその出来事を放り込むという手法でこの一冊を書き上げ、文壇デビュー。ちなみに今作は『ミステリーズ!新人賞』を受賞しているそうです。

さて、この一作には4つの事件が取り上げられていますが、主人公は事件の「当事者」でも、事件があった時代に生きた人物でもなく、その子孫でもなく、映画界の底辺付近を這いずり回っているような駆け出しのシナリオライター。主人公は、低予算でどんな無理な撮影も引き受けるが、「巨匠」とか「名監督」という名称にはほど遠い三津木という映画監督からの依頼で、巌流島の決闘を題材とした作品のシナリオを書くこととなります。この三津木監督という方、安い予算で撮影を引き受けはしても、作品そのものを安っぽく作ることは良しとしない気概だけは持っている人物という設定で、主人公の書いてきたシナリオと、そのシナリオの基となった史料をもう一度見直して、よく言えば大胆な新解釈の、悪く言えば荒唐無稽な筋立てて映画を撮影しようとするのです。

主人公がSFチックな存在、すなわちタイムトラベラーとか超能力者などではなく、身は現実社会にありながら、空想だけは果てしなく飛翔させることを常に求められる映画というものの制作に関わっている人物だというのがミソ。一般的に「常識」とされている説を紹介した上で、「それじゃつまらないから」という理由で、ちょっとしたほころびを見つけて、そこをどんどん拡大させて新しい物語をでっち上げてしまう…。なかなか巧い方法です。

で、でっち上げられた方のストーリーでも、それなりに信憑性のあるものに仕上げられてしまうというところも巧みです。

4つの出来事は、巌流島の決闘の他、赤穂浪士47士の討ち入りに、池田屋事件、鍵屋の辻の仇討ちとどれもこれも人口に膾炙したオハナシばかり。さてさて、この物語たちがどんな風に変身させられ、それなりに筋の通ったオハナシとなるのか?基本的にこの作品集はミステリー集ですので、ネタバレになるような野暮なことはできません。実際の文章に是非触れてみて下さい。

高井氏はこの作風をこの後も続けているとのことなので、折をみて別の作品も読んでみたいと思います。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-11 19:08 | 読んだ本 | Comments(0)

『日本の「神話」と「古代史」がよくわかる本』を読んだ

日本の「神話」と「古代史」がよくわかる本

日本博学倶楽部/PHP研究所

undefined

私が愛読しているコミックスの一つに『孔雀王』シリーズがあります。

このシリーズ、最初の作品が好評だったために一旦完結した後『退魔聖伝』という続編が連載されたのですが、その中盤位から、日本の天津神と国津神の戦いを描くストーリーが展開されます。主人公、裏高野退魔師孔雀がスサノオの牙の力を得て、天津神たちの野望を打ち砕こうとするというのが主な筋立てなのですが、このシリーズはなぜか途中でブッチ切れてしまいます。その後このストーリーを引き継ぐものとして『曲神記』が連載されたのですが、これも肝心なところでブチ切れ。ようやく最近『戦国転生』というシリーズが始まって尻切れとんぼだったストーリーの続きが読めるようになりました。

前置きと愚痴が長くなりましたが、このストーリーで孔雀の前に立ちはだかるのがイザナギとその子供のツキヨミ、それに手力男やオモイカネといった日本の神話の神たちです。『孔雀王』では実際のキャラクターはそのままに本来なら善であるはずの神が悪役で出てきたりするので、この作品を読むためにはそもそもの「位置づけ」を知っておく必要があります。しかしながら私が日本の神話に触れたのは遥か昔の小学生時代に子供向けの「やさしい日本神話」みたいなものを読んだのが最後。そのため、イザナギ、イザナミの後、アマテラスが出てきて、スサノオが暴れて天岩戸に引っ込んで、八岐大蛇に因幡の国の白ウサギ、海幸山幸、ヤマトタケル…、どの人物がどの順番で出現してきて、で、どんな子孫を残したのかについて混乱に混乱を重ねる状態でした。

これは良くないね、ということでいつかは日本の神話を読んで、少なくとも誰がどの順番で出てきて、どんなキャラクターだったのかのアウトラインくらいはあたまにいれておかなきゃ、という思いは常に持ち続けていました。で、kindleの割引本コーナーで見かけたこの本を即DL。一応すべて読んだのですが、まだなんとなくこんがらがっています。

天皇が人間宣言をしたのは第二次大戦の敗戦後ですが、神話の神が実際の人間の天皇として政治を始めたのは誰の代からなのか?なぜ、大国主は国ゆずりをしたのか?土蜘蛛や長髄彦などと呼ばれ蛮族とされた土着民たちはどんな由来を持つ民族だったのか?こうしたことはこの本を出発点としてより深く学んでいくべき事柄なのでしょう。孔雀王を最初から読み直す際には、端末に呼び出しておいて、並行して読み進め直したいと思います。




[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-05 19:57 | 読んだ本 | Comments(0)

『2014年! 中国と韓国、北朝鮮の動きが15分でわかる本』を読んだ

2014年! 中国と韓国、北朝鮮の動きが15分でわかる本

中島 孝志/ゴマブックス株式会社

undefined



標題の通り、日本の隣国3国の状況につき著者中島氏が概観した一冊。2014年時点での概観ですので、3年後の現在、状況は変化してはいますが、当時より良くなったと思える状況はどの国との間にもありません。まずは中国。南シナ海での軍のプレゼンスをますます高めてきているような印象があります。そのうち本気で尖閣諸島に進出してくるかもしれません。一応アメリカとは「尖閣諸島は日米安保条約の適用区域である」との合意をみてはいますが、大統領が大統領だけに、今後のアメリカの動向には注意する必要がありますね。中国には「太平洋を中国とアメリカで分け合おう」という壮大かつ馬鹿げた妄想がありますが、提示される条件によってはアメリカ側が日本の権益などそっちのけでいきなり合意してしまわないとも限りません。トランプ氏は20年、30年先のことを考えるより、目先の利益に追われるビジネスマンの典型例ですからね。ましてや、アメリカファーストを掲げて当選してますから、アメリカの利益につながれば、日本がないがしろにされる可能性は低くありません。さらに中島氏の解説によれば、中国は表向き共産党の首脳が指導者ですが、実際は軍閥による支配の方が強力であり、もし軍閥のどれかが暴走しはじめたらそれを止める術はないそうです。直接的な軍事的行動はないにせよ、民間の漁船(を装ってはいるもののその実、軍の方針で動いている可能性が高い)をどんどん送り込んで、気がつけば実効支配されているなどという事態が出来しないとも限りませんね。

お次は韓国。この国は今実質的に指導者がいない状態です。パククネ大統領は「友人」への利益供与問題で、機能停止状態ですが、そんなこと関係なく世界は動いていますから、どんどんその潮流から置いていかれてしまっています。最大の有力企業であるサムスンはスマホの不具合で大打撃を受けていますし、政治、経済ともに麻痺状態ですね。そんな時にこの国が何を考えるか?嫌日です。プサンの大使館前をはじめ世界各国に設置された従軍慰安婦の像は撤去されるどころかますます増えていきそうな勢いです。明日、すぐに諸問題をすべて解決してくれとはいわないものの、せめて正常な交渉ができる責任者を早く擁立して欲しいものですね。

最後は北朝鮮。ここのところマレーシアでの暗殺事件で世界を騒がせていますし、査察が行われる度に破棄を約束するものの、実際はまったく破棄などせず、日米交渉が行われるタイミングにあわせて、ミサイルを発射するなど、ならずもの国家としての体裁ばかりが整いつつある状態です。「親」である中国も、経済制裁は実施していますが、国家の根本的な体制を変革するまでの意志はないようですし、「兄弟分」の韓国は前述したとおり、自国のことで精一杯で北のことをどうこうできる状態にありません。

お隣三国の状態もばたついてますが、わが日本も国有地の格安払い下げ問題なんかでかなりゆれています。政局政局ばっかりで肝心の政治活動は進まないまま。野党に与党を倒すほどの甲斐性がないために政権だけは安定してますが、やっぱり短期的な問題の対処に追われて、重要な問題は先送りのままです。こういうときこそアジアが共同体を組んでアメリカや欧州に対抗するチャンスだったような気もしますがね・・・。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-02 05:48 | 読んだ本 | Comments(2)

『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』を読んだ

トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 (小学館文庫)

青木 理/小学館

undefined


青木理氏による徳田虎雄氏の評伝。週刊ポストに連載されたものに加筆して上梓しています。

徳田氏といえば、2013年の11月に発覚した猪瀬都知事(当時)への資金供与の件で公の場に現れた姿をみて、驚いた記憶があります。現代の世にあっても原因、治療法ともに明らかになっていないALSという難病に冒され、全身が麻痺して、視線の動きでようやく意志の疎通ができるという、非常に痛々しい姿だったからです。そこには、地盤である徳之島で全島の島民を巻き込んで「保徳戦争」を繰り広げたり、徳州会病院の建設に際して建設予定地の医師会とモメゴトを繰り返したり、といった猛々しさはほとんどみられませんでした。わずかに視線の鋭さのみが強烈な意志を感じさせてはいましたがね…。

この本の出版は2013年の前半だったようで、猪瀬都知事への資金供与の問題についてはまったく触れられていませんでしたが、そうでなくても重大な疾患なのに、この事件でよりダメージを負って一気にあの世に行ってもおかしくはないなと思った記憶もあります。でも、あれから3年以上経った現在でも自力で呼吸もできない状況ながらまだご存命のようです。生命力が強いと感心すべきか、この世への未練がそんなに強いのか、とあきれるべきか?いずれにせよ、そんな状態でありながら、徳州会は虎雄氏の指導なしには日も夜も暮れぬという状態だそうです。いやはや。

徳田氏の医学への志向は幼い時に故郷の徳之島の医療体制が整っていないが故に弟が死んでしまったことで芽生えました。徳州会の根本的なスローガンである「生命だけは平等だ」という言葉には、地域や収入により受けられる医療に差があってはならないはずだ、という徳田氏の思いが込められています。患者は年中無休、24時間オープンという体制で受け入れ、3割の自己負担分も場合によっては支払いを免除する、という徳州会グループの病院の姿勢はなるほど「医は仁術である」という言葉を体現しているように思えます。しかし、この患者に取ってはありがたいと思える方針であるが故、進出する地方地方でその地の医師会からの猛反発を喰い、衝突を巻き起こします。徳州会グループに、常に漂うきな臭さというかヤバい雰囲気はこういう紛争に由来するもののようですね。

そして徳田氏自身もかなり強烈な人物であるようです。自分が正しいと信じたことを推進するためにはどんな「汚い」方法でも使う。そしてその「汚さ」ですら、自分の策の推進のためには必要だったと正統化してしまう。まわりの人間もすべて巻き込んで、不眠不休で目的を達成するまでしゃにむに走る。スティーブ・ジョブズしかり、ダイエーの創始者中内功氏しかり。大きな既得権益団体に戦いを挑み、大きくブレークスルーした人物にはどこかしら狂的な部分があるようです。徳田氏も、どんな地域のどんな人々にも平等に医療が行き渡る体制を作るためには政治を変えなければいけない、と考え「俺は総理大臣になる」と言い放って政界に進出します。

実現させるための方法についてはいろいろと問題があるように思いますが、なにしろ、一つのことを成し遂げようと自分の持てるもののすべてを注ぎ込む、という集中力と執念については大いに見習う点があるように思います。もっとも凡人中の凡人である私は自分の身の減量すらも達成し得ないというのが現状なのですが…。




[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-02-26 18:03 | 読んだ本 | Comments(0)

『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』を読んだ

アフリカで誕生した人類が日本人になるまで (SB新書)

溝口 優司/SBクリエイティブ

undefined


少し前にkindleをPaperWhiteからFireHDに変えたのですが、変更後の最大の利点は本体のメモリ容量が増えたこと。本体に落とし込んでおける書籍の数が大幅に増えました。例えば前者だとコミックスはせいぜい3冊くらいしか落としておけませんが、後者なら100冊以上持ち歩くことが出来ます。文字情報だけの書籍なら1000冊以上大丈夫。そんなわけで、今までクラウドの中で文字通り眠っていた書籍を端末上に引っ張り出して片っ端から読んでいこうとしております。

以上のような状況の下で、クラウドの中から引っ張り出したうちの一冊が標題の書。今の人類がどこで発生し、どんな環境下で進化して現在の姿に至ったのかについて、特に日本人にフォーカスしてかなりわかりやすく解説してくれています。

人間がサルから枝分かれして人類としての歩みを始めたのはどの時点なのでしょうか?

それまでは森林地帯に住んでいたサルの種族のなかから、森林の中の敵を避けるために平地で暮らすものが出てきてから、というのが本書に記されたその答え。樹上とは違い、地上で素早く合理的に動くには二足歩行をする方がよい。で、自由になった前脚を「手」として使えるようになり、その手から受ける刺激で脳が著しく発達し、知能という卓抜した能力を得たところでヒトという種が始まります。その後は気候の寒冷化にあわせて、カラダの表面積を減らしたり、逆に暑さに対処するために体毛を減らしたり、大きくなった脳を格納するために頭蓋骨が大きくなったりというマイナーチェンジを何万年もの間連綿と続けてきた結果として今の人間に至った、という説明はシンプルながら非常にわかりやすいものでした。

今後、人間の姿はどのように変わっていくのでしょうか?発達した知能によって開発された道具の機能が優れていると、本来的には持ち合わせていた生物としての機能は衰えていくものなのだそうです。例えば、歯やあごの大きさや形状。刃物という道具によって細かく刻まれたり、熱を加えることで咀嚼しやすく加工することを覚えた結果、人類のあごはどんどん小さくなってきたそうですし、歯の形状も変化してきたそうです。確かに類人猿は牙を持った顔で表現されることが多いですね。生肉を喰いちぎるための能力が不可欠だったことの証左です。

さて、昨今人間特有の「考える」という働きを代行したり補完したりするための人工知能の発達が著しいようですが、これは人類の今後にとってどのような変化をもたらすのでしょうか?まあ、私が生きている間には結論が出るようなオハナシではないとは思いますが、様々な電子機器が身近にあることが「当たり前」となっている世代の常識と自分の持っている常識との乖離を考えあわせると少々恐いような気がしています。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-02-23 10:23 | 読んだ本 | Comments(0)

『暗黒の巨人軍論』を読んだ

暗黒の巨人軍論 (角川新書)

野村 克也/KADOKAWA / 角川書店

undefined

巨人を倒すことに生涯をささげてきたといってよい野村克也氏による現在の巨人軍の問題点を指摘した書。

野球というスポーツは、1球1球プレーが切れ、インターバルがあるという珍しいスポーツです。野村氏によれば、この「間」の活用方法こそが勝負を分ける重要なポイントであるとのこと。点差、イニング、アウトカウント、相手投手との相性、走者の有無などの属性により、その場面場面での最良の結果を見極め、その結果をもたらすよう努力するのと同時に、最悪の結果も考えて、そこから少しでも遠ざかるようなプレーをしようと試みる。たとえば、無死一塁二塁で点差が1点ビハインド自分が右打者で相手投手も右、なんてな場面を想像してみてください。最良の結果はホームランで3点取ることではありますが、ホームランが出る確率は非常に低いし、下手に打って出たら内野ゴロでダブルプレーを取られて一気に二死(すなわち最悪の結果)なんて事態にもなりかねない。そこで、チャンスを広げるために送りバントを選択するが、その際には、二塁ランナーが三塁で封殺されないよう、捕球から送球までに時間がかかる三塁側にボールを転がすことを心がける、などというのが「考えた」プレーです。こうした場面場面での最良選択プレーは長い歴史を経るうちに「セオリー」として定着しています。またこのセオリーがあるからこそ、その裏をかく策だって出てくるわけです。そこで、いろんな選択肢を考え、実行するために練習を重ねる、というのが強化における「セオリー」となります。

俗に「アンチは裏返ったファン心理だ」などという言葉がありますが、野村氏は実はかなりの巨人ファンです。有力な選手が続々と集まる巨人には鼻も引っ掛けられなかったという悔しさが打倒巨人への強いモチベーションとなったのですが、野村氏が打倒したかったのはV9を達成した当時の巨人であり、現在の巨人はまったく怖くないとも述べています。V9時代の巨人はONという打線の軸と強力な投手陣を擁した上に、なおかつ各人が自分の果たすべき役割を熟知し、その役割を果たすための練習をきちんとしていたそうです。中心選手であるONも圧倒的な練習量でチーム全体を引っ張った。試合でのプレーだけでなく、日常生活においても他の選手の手本となるよう心がけていたというわけです。こうしたチームが空前絶後のV9を達成したのは至極当然で、現在のチームもこの時代のチームを手本とすべきだとも説いています。

なぜ、こんなことを野村氏が一冊の本にして上梓したのか?それは現在の巨人軍に考えるということがまったく根付いていないからです。冒頭にいくつかのミスが挙げられていますが、なるほどプロとしては恥ずかしいレベルのプレーばかりです。野球というスポーツへの理解も足りないし、理解するための研鑽も積んでいない。反射神経と筋肉だけでただ目の前の事象にのみ対応しているだけ。だから体力が衰えると高いパフォーマンスがみせられなくなる。仕方がないから他球団で実績を挙げた選手をFAで引っこ抜く。かくして素質のある選手が育たずに、功成り名を遂げた選手ばかりを巨人が引っかき集める、という今の図式が出来上がり、しらけたファンがどんどん離れていくという事態を招いたというわけです。

まったくもってその通り。自前の選手を育てて優勝した広島や日ハムに倣うかと思いきや、またぞろ欲しい欲しい病発動で有力な選手を3人FAでかき集めるわ、未完の大器大田を放出するわ、外国人も欲しいだけ取るわで、まったく反省がありません。盟主がこれでは、日本野球はアメリカに追いつくどころか完全ファーム化への道一直線です。なんとかして欲しいもんですが、今の最高権力者がどうにかならない限りはどうしようもないんでしょうね。テレビのゴールデンタイムにプロ野球中継が復活する日は来るんでしょうか?望み薄ですね…。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-02-23 05:56 | 読んだ本 | Comments(0)

『岳飛伝 二 飛流の章』を読んだ

岳飛伝 2 飛流の章 (集英社文庫)

北方 謙三/集英社

undefined

北方大水滸伝シリーズ完結編『岳飛伝』の二巻目。『楊令伝』終了時における作品世界の状況の「おさらい」に終始した観のある一巻目から、岳飛、金国、梁山泊のそれぞれが躍動を始め、新しいストーリーをつむぎだし始めたのが今巻です。

まずは主人公岳飛。梁山泊で銭を鋳造していた田峯を招聘して、楊令に斬り落とされた右手にはめる義手を作ってもらうこととなります。元々の右手に質感、性能ともに劣らぬ義手は、楊令との戦いで文字通り傷ついた岳飛の心身を癒し、新しい戦いへの意欲を掻き立てます。ただし、まだ、自分が主権を握ろうという考えは薄く、あくまでも南宋の軍閥の一つの頭領という位置づけで、金国や梁山泊との対決に臨んでいかに勝利するかを考え、行動しています。また、彼の下には崔蘭という義理の娘が登場します。彼女が、梁山泊の医療を薬という面で支えた薛永が残した、さまざまな薬草の効能を記した書をたよりに、薬に対する造詣を深めていく姿が描かれます。やがて訪れるであろう、大きな戦において彼女が重要な役割を果たすこととなるのでしょう。そして、彼女はまた岳飛に、父親の成長した娘に対する戸惑いまでをも感じさせる役割をも担います。岳飛の人間臭いエピソードを示す手段としてはとしてはなかなか上手く考えられた手法ですね。

金国は王位を狙う人物たちの権力闘争と平行して、隣接する梁山泊との戦いに突入します。元々精強な兵を多数抱えるという設定であり、兵の絶対数も梁山泊軍を大きく上回るために、梁山泊軍と一進一退の攻防を繰り広げます。国としての野望は中原に覇を唱えることではあるのですが、実際にもし覇を唱えることになっても、その際の王が誰なのかについてはまだまだ混迷を深めていきそうですね。梁山泊を凌駕して南宋軍との直接対決があるのか否かも気になります。

さて、われらが梁山泊の面々ですが、現首領である呉用は、自らの「統治権」を破棄し、一種の集団指導体制を採っています。軍、兵站、商流、物流などなどの各分野に最高責任者を任命し、自身はその調整役に回っているのです。自分自身には宋江や楊令のように「志」を強烈に示して梁山泊を一つの方向にまとめあげる力はないと考えての施策です。潔い腹のくくり方ですね。権力に固執するどこかの政治家にはぜひとも見習って欲しいと思います。呉用をはじめとする元々の水滸伝からの登場人物たちは、志という一番の重荷を若い楊令一人に背負わせてしまったことを悔いてもいます。そして、志は一人の人間が背負うものではなく、梁山泊に集った面々の一人ひとりが持つべきものだという結論に達したのです。この施策は結果として、梁山泊の運営体制を現代の「民主主義」に近いものに変質させていきます。「志」に反しない限りはどんな行動をとることも自由。軍においてはさらに「規律」が存在しますが、たとえば商流に関しては梁山泊に蓄えられた原資を背景に日本やベトナムにまで手を広げるなど、当時としては目一杯ワールドワイドな活動が可能です。「裁量が」大きい分、責任も重大であるというのは容易に想像はつきますがね…。

さてさて、今後の展開を楽しみに次巻のkindle化を待ちたいと思います。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-02-23 05:52 | 読んだ本 | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。


by 黄昏ラガーマン
プロフィールを見る
画像一覧