カテゴリ:うつ( 32 )

根強い「信仰」

「努力は報われる」という教育が日本をダメにする


’「努力は報われる」という教育が日本をダメにする’かどうかはなんとも言えませんが、社会に出てからは「努力は報われる」確率というのは極端に低くなるというのは事実。

学生時代は、テストの点は努力すればしただけ上がるものです。答えが決まってるんですから当たり前ですね。スポーツもしかり。「甲子園に出よう」とか、「プロに入ろう」と思っているならともかく、トレーニングを積めば積んだだけ必ず向上しますね。

いわゆる受験エリートが社会に出てから挫折を味わうことが多いのはある意味当たり前。社会に出て活動を始めた途端、「正解」がなくなってしまうからです。もちろん頭のいい連中は応用力を持ち合わせていることも多いですから、それなりに適応して、高い業績を上げていく確率は高いですがね。

さて、私自身は、「努力は必ずしも報われるものではない」という経験則を持っています。何度かこのブログでも愚痴りましたが、希望部署へ異動するには営業の実績を上げることだといわれて、言われるままに努力して業績を上げたら、ど田舎の支店に飛ばされました。そのときの不満が元になってうつを発症し、いまでも少なからず苦しめられています。

一方で、着実に筋トレして鍛えたことで、ラグビーの現役を続けていられるのも事実。ですから、私が無理矢理積極的な結論を導き出すとしたら、「自分のカラダに対する努力は必ず報われる」ってところですかね。少なくとも今の会社に関しては思いっきり努力が裏切られましたから。

一般的な結論としては、記事のライター氏が書いている通りでしょう。努力は成功の必要条件ではあるが、十分条件ではないってことです。

まあ、私は今後仕事で努力しようとは思いませんが、筋トレと文章に関してはコツコツ努力していきたいと思います。努力した後の充実感ってのはなかなか捨てがたいですからね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2010-10-26 22:45 | うつ | Comments(4)

かなり不調

今日は一日家にいました。本当はラグビーの練習にいくか、トレーニングに行くかしようと思っていたのですが(何しろ明日試合です)、どうしても気力が湧きませんでした。

ここのところ2週間ほど忙しかった疲れが出たようです。朝一度6時前に目覚めたのですが、そのまま起床する気が起きずに2度寝。次に目覚めたのが11時前。一緒に起きた最高権力者様に作ってもらった朝食兼昼食を食べた後、2時から5時まで昼寝。普段こういう行動パターンは平日に休みを取った時に取るのですが、今日は貴重な休日を潰してしまうほど疲れてました。

9月の人事異動の影響で仕事の負担はまた少し軽くなるのですが、そのための引き継ぎはあるわ、来年度の予算作成の仕事はあるわ、上司から課題がワンサカ降ってくるわで、ここ2週間ほど毎日疲れてました。とはいってもほとんど定時退社してましたから、「普通」のサラリーマンの皆さんからしても大甘の仕事ぶりなんですけどね・・・。

予定を早めて、いつものメンタルクリニックに行ったら、いよいよ休職を真剣に考えてみなければいけない、とアドヴァイスを受けました。当面は薬の種類を増やして様子を見ることにしましたが、一区切りついたところで、すこし休養を取らなければいけないかも知れません。

運動する気すら起きないんですから、自分でもちょっとマズいと感じています。まあ、明日は試合ですから大量のアドレナリンが出ることと、そのアドレナリンの効果が1週間継続してくれることを願いましょう。まだ、辛うじてラグビーに関しての興味だけは衰えていない状態です。

パニック障害に陥ってしまった神戸製鋼の元木由記雄選手も、ラグビーだけは続けたことによって回復の道を歩んだとのことです。今の私にもラグビーは命綱です。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-09-06 21:10 | うつ | Comments(4)

左足の痛みと三者面談とベルサな日々

ここのところ、終業ベル即退社のいわゆるベルサ(ッサ)状態が続いています。

上司が年末からの不調を勘案してくれて、4月の人事異動にあわせて、業務分担を軽くしてくれたお陰です。負担が倍増したパートナーには申し訳ないのですが、黄昏時になると疲れてしまって仕事が手につかないような状態が続いていたので、しばらくは様子を見させてもらいたいと思います。

早く帰れば当然時間があるので、トレーニングに精を出したいところなのですが、生憎と、先々週の試合後からの左足甲外側の痛みがひきません。幸いなことに疲労骨折ではないとのことでしたが、医者からは痛みが引くまでは安静にすることを申し渡されたし、左肩は相変わらず「四十肩」だしで、おとなしく家に帰るしかありません。そうそう都合よく事が運ぶ訳じゃないですな。トシもトシだし・・・(苦笑)。

痛みは幾分軽くなったとはいえ、まだびっこを引き引き歩いている状態です。

今日は産業医と直属の上司と私の三者面談の日でした。私のうつ状態については上司はしっかりと把握していてくれており、十分に配慮してもらってはいるのですが、一度主治医でもある医師の話も聞いておきたいということで、予約を取りました。

約束の時間にいったらなんとダブルブッキング・・・。しかたないので1時間後倒しして面談することとなりました。

医師は私の現状を正確に話してくれるとともに、直属より上のレベルからのプレシャーがあまりキツくならないよう注意するべき、と助言をしてくれました。私の不調の原因はワンランク上の上司である部署の部長に業務への取り組みの努力が認められず、むしろ職務怠慢と見なされてしまったことによるものです。そこに1枚噛んでいるのが先頃昇進した女性なのですが、幸いなことにこの方とは離れることが出来ました。同僚としての視点と上司としての視点は違うとはいえ、恐らくこの方は私が「怠け者」であるという先入観からは脱することは出来ないでしょうし、私の方も余計に神経を遣わさせられるのはまっぴらです。40数年かけて身に付いたキツい物言いも直りはしないでしょうしね。正常な状態ならなんてことないんですが、うつが悪化しつつある現状では、傷口に塩をすり込まれるだけのハナシです。

まあ、とにかく今は負担の減った分、現状の業務においては決してミスをしないことを心がけて行こうと思います。医師からも上司からも、それこそが治癒に向けての正道であると言われてもおります。業務時間内は精一杯仕事してベルが鳴ったらさっさと帰る。しばらくはこの「腰掛けOL」パターンで凌いで行こうと思います。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-05-22 22:01 | うつ | Comments(0)

疲れた1ヶ月

今日は日帰りで名古屋出張でした。疲れた一ヶ月の締めくくりにふさわしい、長距離日帰り出張。取引先の工場視察でしたが、視察と講評はベテランのおぢさんたちに任せて、私はボーッと話を聞いていただけでした。帰りに手羽先と赤福を買ったことだけが収穫ですかね^^;。

とにかくこの1ヶ月は疲れました。トレーニングが十分出来ないのに3試合も出てしまったし、仕事の分量は減りましたが、引き継ぐ相手が異常に細かいので、かえって忙しかったり・・・。医者の勧めに従って1ヶ月くらい休業しようかとも思いました。

今年に入ってからの不調が頂点に達した感があります。特に中旬頃は絶不調。早く帰ってもトレーニングに行く気も起らないし、ブログの投稿も発作的に3つくらい書いてはそのまま2〜3日ほったらかし。読み終えたものの、まだ投稿できていない本も10冊くらいたまっちゃいました。

まあ、引き継ぎも大部分終わったし、あと2日しのげば4連休です。適度に息抜きして、マイペースを取り戻したいと思います。

コサキンコント劇場 2[CD] (2)
/ 興陽館
ISBN : 4877231552
スコア選択: ※※※



先週の出張帰りに、「出たら買い」した小堺一機・関根勤コンビのラジオコント集。前作に比べると大爆笑を誘われるような作品はありませんでしたが、それなりに楽しめます。最近車の中ではこればっかり聴いています。




かむろば村へ 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)
いがらし みきお / / 小学館
ISBN : 4091820581
スコア選択: ※※※




トーホグを題材とした少々不思議な物語の2巻目。つくづくと、昔の毒に満ちたギャグ4コママンガ集が懐かしい。爆笑王だった落語家が急に人情噺に目覚めちゃったような寂しさがありますね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-04-30 23:35 | うつ | Comments(0)

ひとまず安心

昨日は平社員の人事異動の内示でした。

幸か不幸か、私の部署異動はなし。まあ、ここまでは想定内。問題は部署内部での担当変更と上司が誰になるかでした。

結果から言えば、業務内容に変更はなし。

上司は・・・変わりました。一安心です。今度の上司は管理職の経験も豊富ですし、近くで見ていて、課の雰囲気も悪くありませんでした。いままで私が所属していた課の雰囲気だって悪くはなかったのですが、私と昇格した人物との折り合いが悪かっただけの話ですがね(苦笑)。

昨日の段階では配属の話だけでしたが、今後細かい業務分担については改めて相談させてもらう場があるようです。多少なりとも負担が減ってくれればいいんですがね。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-03-20 06:59 | うつ | Comments(4)

単なるぼやき

今日は管理職の異動内示の日でした。

で、私が最も恐れていたことが起こってしまいました。すなわち。現在の課長が異動し、冷戦状態にあるおねーさんが課長に昇格したのです。ここ数週間管理職のミーティングに出席していたりしたのでうすうす予想はついていたのですが、当って欲しくない予想でした。

このおねーさんは仕事は当然のことながら出来るんですが、物言いやら態度が非常にキツいことで知られています。実際に私も「男らしくない」だの「怠けている」だの面と向かっていわれたことがあります。(2度ほど別の場面で敵討ちはしましたが。苦笑)

なまじ、自分が「デキる」ので他人に対しての要求水準が異常に高い。私が多忙を理由に現在の業務分担の見直しを現課長に申し入れたところ、一つ一つこちらの論拠をすべて否定してくれたりしました。

私はこのおねーさんに対しては常に「そこまで言うなら俺と同じ分量の仕事をテメーがやってみやがれ」と考えています。向こうは向こうで「40ツラさげてだらしのない男」くらいに思っていることでしょう(半分当ってますが・・・)。

問題は私のうつ病をどこまで理解してくれるのかということです。管理職として経験を積んだ人間ならともかく、実力でのし上がって来た典型的なキャリアウーマン様には理解してもらえない公算が大です。

現課長は先日の診察結果(産業医から1ヶ月程度の休職を勧められたこと)を踏まえて、業務の見直しと、同じ部署での配置転換を考慮してくれているようです。今日の異動の内示を受けて、打ち合わせの時間を作ってくれて、私の意向を聞いてくれました。「あの女性の下で働くのは避けたい」とはっきり言いました。どれほどの効力を持つものかはわかりませんが、このまま唯々諾々と上司が変わることを受け入れたくはありません。

来週の水曜に役付無しの人間の異動の内示があります。それを受けて業務分担の見直しがあるとは思うのですが、私の願いはただ一つ。「新上司の下では働きたくない」です。

まあ、こんなことを書いていること自体彼女に言わせれば「男らしくない」ってことになるんでしょうけどね。心の中に溜め込んでおいても疲れるだけなので、思い切って書いちゃいました。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-03-13 21:59 | うつ | Comments(2)

憂鬱な日々

ここのところ、ついつい更新が滞りがちです。

昨年末までは、書きたいことがたくさんあったし、書くことが純粋に楽しかったので、とにかく書き散らかしていたのですが、最近は億劫感が先に立ってしまい、なかなか筆(キーボード)が進みませんでした。

これは生活全般に言えることです。会社から帰ってくるとトレーニングに行く気力なんて全く無い。ラグビーの練習にだけはなんとか出掛けられるし、その後気分も高揚するのですがね。

昨日も計理〆の業務がまだ少し残っていたのですが、今日やりきってしまえるという目処がついたところで、メンタルクリニックに避難しました。

そこで医師から「1ヶ月くらいの休業が必要かもしれない。診断書を書けば会社側に拒否する’権利’はないよ。」という勧めをうけました。ここ数ヶ月の多忙さが影響しているのは間違いないが、気に染まない転勤をさせられて以降の6年分くらいの疲れが澱となってたまっているようだ、というのが医師の見立てでした。

私自身も今まで楽しかったことが楽しめなくなっただけでなく、仕事上の集中力を欠いたり、効率が下がったりという、うつ病の典型的な症状が現れているという自覚はあります。薬も最大の量服用しているということもあり、休養をとるというのは一つの方法だなとも思ったのですが、やはり周りの人間に及ぼす迷惑を考えると、簡単には決断できません。

で、今日直属の上司に相談しました。すぐにその上の部長と打ち合わせの機会を設けてくれました。ウチの会社は4月と10月に人事異動がありますが、4月の人事異動に併せ業務内容を見直してくれることになりました。

私の所属部署にはうつ病で休業している人間が2名います。いずれもこの部署での業務が原因ではなく、私生活の影響が大きいのですが、部長に言わせると「その二人とお前とはちょっと症状が違う気がする。中途半端に休業するよりは、負担を軽くして業務を続けた方がよいと思う」とのことでした。私も同様に考えていました。仕事の絶対量が多かったのは事実ですから、その量を減らしてもらってしばらく様子を見るというのが、現状ではベターな選択でしょう。1回休み癖がついちゃうと、復帰するのにかなりのエネルギーを要してしまいそうな気がします。復帰後の周囲の人間の反応(特にいちいち文句をつけてくる同僚のおねーさん)のことを考えると、かえって憂鬱さが増しちゃうような気もします(苦笑)。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-03-05 23:51 | うつ | Comments(2)

しゃきっとしない日々

今日は睡眠時無呼吸症候群の診察のため有休をとりました。

診察はいつもの通り1時間待ちの3分診療。来るべき花粉症シーズンに向け、アレルギーを抑える薬も処方してもらいました。これからゴールデンウイーク明けくらいまでは薬を手放せない日々が続きます。鼻が詰まってしまったらCPAPの効き目がなくなっちゃいますから…。

ここのところ、シャキッとしない日々が続いていました。ほぼ毎日更新していたブログも滞りがち。PCの前に座ってブログを開いていざ投稿を、となると億劫感が出てしまい、アクセス数だけ確認して、コメントへの返信すら出来ませんでした。

ブログのみならずトレーニングもサボりがち。ジムに行くことが可能な時間に帰宅しても、その後外出する気力が湧かない。夕飯を食べたら後は寝るだけ。腑抜けたような時間でした。

辛うじてラグビーの練習にだけは行きましたが、目一杯汗をかいてもその効果が長続きしません。精々1日だけ。今日も通院後にトレーニングに行って汗をかいたんで、少々元気が出ましたが、これもいつまでつづくことやら。たった一日の明日の通勤もいまから憂鬱です。

どうやら1月に忙しかった反動が今になって出てきたようです。年度末の経理業務もあったし、今年の活動方針を決める業務もあったし。この時期だけは逃げる訳にいきません。休養を兼ねて月1回は取っている通院のための有休も半日しかとれませんでした。

まあ、休日出勤までしたわけではないので過労死問題に引っ掛かるほどの過剰勤務ではありませんでしたがね。いつもより精神安定剤も多めに服用しましたし、とっておきのリタリンも何回か服用しました。

今週頭にようやく仕事も峠を越えたので、ぼちぼちとマイペースに戻していきたいと思います。無理して頑張ってもその後の反動が大きいことがよく分りました。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2008-02-21 20:55 | うつ | Comments(6)

へろへろへろへろ〜

今週は、月初の経理業務でただでさえ忙しいのに、大詰めを迎えた値上げ交渉で来客は多いわ、特命事項を2つも申しつけられるわ、ミスが発覚してそのフォローに追われるわ、サプライヤーの外国人CEOが二人も来て無理矢理英語はしゃべらされるわ、組合から意見を求められたはいいけど、人数が多すぎて議論が総花的になってしまい、自分の提起した問題についての話なんか5分くらいしかなくて少々ムッとするわ、で通常の月初よりへろへろ度が2倍になってました。

実際に、普段はほとんどやらない残業もずいぶんこなしたし、残業の翌日早朝出勤したりもしましたし。本来なら行く予定のなかった池袋のメンタルクリニックに水曜一日避難しましたが、木曜、金曜の忙しさが軽くなった訳でもなく、へろへろ続行でした。

担当素材の値上げという特殊事情はあるものの、シビアな商談が1日に3つもあるとルーティーンまで手が回りません。今週のミスもルーティーン業務のし忘れですから。フォローのためにかえって時間がかかるというドツボパターンでした(苦笑)。

昨日はやる仕事はあったのですが、さすがに限界を越えたと感じたので、帰って来てしまいました。で、億劫な気持ちにむち打って無理矢理トレーニングに行って通常メニューをハードにこなしました。このままだと折角の週末に憂鬱さをひきずって、2日とも寝床で過ごすみたいなことになりかねないと感じたからです。

効果は覿面。冷温浴までこなした後は非常にすっきりしました。気分転換のための準備運動をしておかないと気分転換すら十分にできない・・・。全く厄介なビョーキです(苦笑)。

今日はいよいよ新車の納車です。来週以降もへろへろ期間は継続しますが、少しは気分が明るくなるトピックスです。しばらくは新しいオモチャとしていじくり回しますよ〜。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2007-12-08 08:19 | うつ | Comments(2)

ついにリタリン打ち止め

<リタリン>違法処方に医院スタッフ全員関与 東京・江戸川


まったく、いい迷惑です。こういう無責任な医者があちこちにいるお陰で、リタリンが処方されなくなってしまいました。火曜日にメンタルクリニックに行ったら「厚生労働省からお達しがあって11月からはうつ病の治療薬としては処方できなくなった」と宣告されました。

私にとってはいい薬だったんですけどね。別に依存症になるほどの刺激はなかったんですが、多少は、しゃきっとしていた気がします。持続時間が短いのが難点でしたが・・・。

代わりにということで処方されたドグマチールは、副作用か軽い頭痛がします。ここのところ風邪気味なんでその影響かも知れませんがね。リタリンでは頭痛を感じたことはありません。

まあ、リタリンを飲み続けたからといって、うつ病が寛解するわけではないので、根本的な対策を考える方が先なんでしょうけどね。愛煙家がタバコを取り上げられてしまったらこんな心境になるんでしょうかね(苦笑)。
[PR]
by lemgmnsc-bara | 2007-11-01 19:45 | うつ | Comments(2)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。


by 黄昏ラガーマン
プロフィールを見る
画像一覧