『勝つことのみが善である - 宿澤広朗 全戦全勝の哲学』を読んだ

勝つことのみが善である - 宿澤広朗 全戦全勝の哲学
永田 洋光 / / ぴあ
ISBN : 4835616715
スコア選択: ※※※※


TOEIC帰りの電車の中で久々に’普通’の本を読みました。もっとも’受験勉強期間’であっても入浴時と就寝前には標題の本を読んでいましたので、電車内で読んだのは半分ほどでしたがね。

日本でも有数のラグビーライター永田洋光氏による宿澤広朗氏の伝記。筆者がラグビーライターであるだけあって以前紹介した『宿澤広朗 運を支配した男』よりは、より詳細にラグビーに焦点を絞って宿澤氏の「実像」にアプローチしています。

以前紹介した本の欄とも重複するのですが、宿澤氏についてざっと紹介しておくと、早稲田ラグビー部史上有数のスクラムハーフであるとともに、日本代表監督としてスコットランドとのテストマッチに初勝利し、またワールドカップで唯一の勝ち星を挙げた人物であります。

『勝つことのみが善である』とは大正製薬の社是だそうで、宿澤氏はこの言葉を中学から座右の銘として来たそうです。

最大の善である「勝つこと」のために、準備することはすべてやりつくして事に臨む・・・。たった今準備不足を痛感した身には宿澤氏の生き様は痛いほど響きました。今回は模試のつもりだったんだから・・・、と自分自身に言い訳しながらも、読み進めて行くうちに、準備が十分でなかったことはやはり恥ずべきことだったという後悔の念に苛まれました。

仕事しかり、試合しかり。自分がなすべきことをすべてやりきった上で事に当たっているか?については大いに反省させられました。

閑話休題。宿澤氏の凄いところは、ラグビーだけでなく銀行員としても、日本を代表するメガバンクの頭取にあと一歩というところまで昇り詰めたということです。もし急逝していなければ次期頭取への就任がほぼ確実視されていたそうです。このようにラグビーを、戦術面でも、ビジネス面でも改革できる可能性を持った人間を簡単に手放してしまったところに日本ラグビー協会の愚かさがあります。無い物ねだりなのですが、宿澤氏が、思うまま手腕を発揮し、根本から改革された日本ラグビーを観てみたかったような気がしますね。ワールドカップという各国が「本気」で臨んでくる大会で勝利する日本代表の姿も。
[PR]
Commented by himaru73 at 2007-07-28 21:34
お疲れ様でした。フツーの読書に戻れてよかったですね。
次に読む本をどれにしようかと思案したときに参考にさせてもらってますので、読書ネタ、今後もお願いしますね。

今回はダメかも知れんなぁ、と思いつつ挑戦した漢検、あと4点で合格を逃したことを思い出しました。次回チャレンジでしっかりリベンジしたものの、あと少しの努力で受験料や時間を無駄にしなかったのに・・・と猛烈な後悔をしたことがあります。最大限の努力はしておかにゃならんと思い知らされました。
Commented by lemgmnsc-bara at 2007-07-29 03:50
ひまる。さん毎度コメントありがとうございます。あまりに暑くて夜と朝の間(ピーターか!)に起きてしまったのでおはようなのかこんばんはなのか判断がつきません(笑)。
元々気になった本、目についた本はすぐに買ってしまう質なのですが、ほぼ1ヶ月読まずにいると「積ん読」山が高くなるだけ高くなってしまった気がします。溜まった本はバシバシ読んでアップして行く予定です。
今回については「積ん読」だけだった問題集が3冊もあるので、まずその問題集をやりきって次回に臨みたいと思います。しばらく貴ブログへのコメントもさぼっておりましたが、またちょいちょいオジャマさせていただきます。
Commented by maroko at 2007-07-29 13:29 x
こんにちわ^^
試験終わっていきなり、ラグビーの本だったんですね!
昨日はサッカーは負けてしまって残念でした。。。
今年はラグビーワールドカップもありますしね!
サッカー、野球以外でも、何のスポーツでも見始めるととてもおもしろいものです^^
ラグビー人気が出たらいいですね!
lemgmnsc-baraさんでしたら、いつかラグビー本なんて出せるかもですし^^
海外ラグビーにも役立つので、やっぱり英語の勉強引き続き頑張ってくださいね~♪
Commented by サブロー at 2007-07-29 20:07 x
凄い方がいらしたんですね。
私が創業するきっかけとなった憧れの先輩もラグビーをされていました。
Commented by lemgmnsc-bara at 2007-07-29 21:30
marokoさんこんばんは。毎度コメントありがとうございます。
とにかく今は読みたい本だらけです。何しろ1ヶ月「禁欲」してましたんで(笑)。朝早く起きるのは全然苦になりませんので、今後も英語は続けたいです。改めて悔しさも感じましたしね。今回は純粋に私個人の努力不足ですから。
今シーズンは是非花園に生の試合を観に行ってください。迫力が違いますよ~^^。
Commented by lemgmnsc-bara at 2007-07-29 21:33
サブローさんこんばんは。毎度コメントありがとうございます。
「惜しい人を亡くした」この言葉しか思い浮かびませんが、同時にこの言葉では語りつくせません。
サブローさんの先輩は、個人としての強さと組織を上手く動かすノウハウとを兼ね備えた人なのでしょうね。
by lemgmnsc-bara | 2007-07-28 19:13 | 読んだ本 | Comments(6)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31