『マリアンヌ』鑑賞

マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ブラッド・ピット,マリオン・コティヤール,ジャレッド・ハリス,リジー・キャプラン,マシュー・グード/パラマウント

undefined

第二次大戦下の秘密工作員とフランスのレジスタンス女性との恋を描いた作品。

カナダのケベック生まれでフランス語が少々話せるマックス(ブラッド・ピット)はモロッコでナチス要人の暗殺を命じられます。その要人に近づくためには、社交界に顔を売っておく必要がありました。で、夫婦の相手役として選ばれたのがフランスのレジスタンス闘士マリアンヌ・ボーセジュール。夫婦役を演じた二人は、首尾よく任務を果たします。

この任務が二人にもたらした思わぬ副作用は、真実の恋。様々な人々の反対にあいながら、それゆえ燃え上がった恋は最後には結実し、二人は結婚することとなります。やがて空襲の夜に娘アンが生まれ、三人で幸せな暮らしを営む毎日が続く、はずでした。

しかしながら、ここで幸せに終わってしまっては、単なるブラピの顔見せ映画なってしまいます。マリアンヌは軍の上層部からドイツ軍のダブルスパイであるという疑いをもたれていました。軍の関係者しか知り得ない秘密事項が、マックスの家族の住むすぐ近くの地域から発信されていることが証拠としてマックスに提示されます。最愛の妻が敵国の、それももっとも蔑まれるべきダブルスパイとは…。しかも、軍の偉い方は、マックス自身にマリアンヌの処刑を命じるのです。

マックスは当然のことながら、任務と愛情のはざまを激しく揺れ動くこととなります。疑惑は本当なのか?マックスは様々な方法を用いてその謎の真相に迫って行こうとします。しまいには軍規を犯してまで、自らフランスに渡り、マリアンヌと実際に逢ったことのある人物に確認をとりにいくのです。そこで得た一つの確認方法は「マリアンヌはピアノを上手く弾く」ということでした。

イギリスに戻ったマックスは、マリアンヌを昼間の酒場に連れて行き、ピアノを弾いてみろと迫るのですが…、というところでほぼネタバレですが、あらすじの紹介を終えようと思います。この後の展開はぜひとも実際の作品をご覧下さい。

自らの愛情と、国を守るという大義の間で揺れ動き、なんとか妻を守ろうとするマックスは一途という言葉がピッタリ来る行動をみせますが、その行動をブラピは上手く演じていたように思います。今に至るまで、世界史上の最大の敵役であるナチスドイツという巨悪と戦うよりも自らの愛に生きようとしたのですから、その真剣さは平和な時代に生きる我々にはなかなか想像しにくいことですが、その心の内を推測出来るまでにうまく具象化してくれていました。大義なのか愛なのか?現代に生きる多くの人は愛を選択すると思いますが、選択した後にそのために具体的に何をどうすべきか?この問いに答えを出せる人間はそうそうはいないと思います。

ツタヤでまとめ借りをする際に適当に選んだ一枚でしたが、なかなかの佳作でした。


[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-07-16 06:25 | エンターテインメント | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31