『人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド』を読んだ

人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド (日経ビジネス人文庫)

小泉 武夫/日本経済新聞社

undefined


日経新聞の夕刊に連載中のコラム『食あれば楽あり』で、食材に関する蘊蓄と料理に関する美味そうな描写を楽しませてくれている農学者、小泉武夫氏のエッセイ集。本書では数ある異名のうち「味覚人飛行物体」を名乗り、主に日本各地で「食べ継がれてきた」食品にスポットを当てて、その魅力を描き出しています。

小泉氏の持論は、人間が長い間をかけて順応して来たその土地土地の気候風土にあった食べ物が一番おいしいということ。

日本人の食生活の根幹をなすのは米、魚介類、野菜、それに発酵食品であり、これらの食材を中心に食生活を組み立てることが、健康に一番効果的であると述べています。

私も齢50を超え、氏のおっしゃることが実感出来るようになりました。肉や、脂肪分とと糖分の塊であるケーキなんぞを食うと、その場は確かに幸せなのですが、数時間後ぐらいからジワジワと内臓が悲鳴を上げ始めます。で、その蓄積が風が吹いただけでも痛いなんて病気の発症につながったりもします。

歳はとりたくねーな、と思うしかない今日この頃ですが、私の場合は食う絶対量が多いということもあります。いかに日本人向きの食材で食事を工夫しても、量が多ければやっぱり不具合を起こしますね。

いい食材を使った料理を適度な量食べる、というのが一番健康であり、現在の世の中では一番贅沢なことなのではないかと思います。今やいい食材を探すのは至難の業ですし、値段も高くつきますからねぇ…。

しかしモノは考え様です。安いけれどカラダに悪いモノを食い続けて、結果カラダを壊して医療に高い金をかけるなら、多少は高くても健康につながる食品を食べ手いる方が結局は安いと言えるのかもしれません。何より、安全な食品は美味いはずです。元々食い物の美味い不味いは食ったら毒になるか否かを判断するものだったはずですから。

今後は少しづつでも、いいモノを手に入れてしっかり味わって食う、という方向に持っていきたいと考えています。とは言え、ついつい店頭に行くと、魚より肉を、高い良品よりは安い難あり品を買い求めてしまうのですがね…。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-04-29 21:06 | 読んだ本 | Comments(0)
<< 『ブラックファイル 野心の代償』鑑賞 『稲盛和夫最後の戦いーJAL再... >>