『本当は間違いばかりの「戦国史の常識」』を読んだ

本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (SB新書)

八幡 和郎/SBクリエイティブ

undefined


歴史学者八幡和郎氏による、戦国時代の解説書。

私は八幡氏の著作を読むのは初めてですが、様々な時代の様々な地域の出来事について、新しい考え方を提示し、今までの定説(いわゆる教科書に載っている「史実」)を覆すことを自らの使命としている方のようです。

この本のターゲットは題名通り、日本の「戦国時代」。日本という国が大きく変わった時代であり、世の抑圧された皆様が「俺があの武将だったら…」という仮説を好きなだけ飛翔させることのできるエピソードに満ちた時代でもあります。

氏は、現在の定説は、徳川の治世を正統化したいが故にかなり偏った見方をしていると喝破しています。すなわち、それまで戦乱に明け暮れていた日本を最終的に平定した徳川家こそが正義であり、それ以前の反徳川勢力(反織田の勢力も含む)はすべて悪で立ち遅れた存在だったという論調で語られる学説です。

最後の最後に徳川家の前に立ちふさがった豊臣家などは最も悪く描かれています。秀吉は死の間際に狂ってしまい、夢か現かはっきりしない意識状態のまま、勝算などないに等しかった朝鮮出兵に及んだ、とか戦を理解していない淀君とその取り巻きの文官たちが余計な口出しをしたため、真田幸村を筆頭とする優秀な武将を無駄死にさせたとか…。

もちろん、今までの定説にもそれなりの根拠に基づいたものであることは事実なのでしょう。しかしその説と、そこから派生したエンターテインメント作品が広く流布されたことで、徳川にはポジティブさが、それ以外の勢力にはネガティブさが必要以上に付与されてしまったというのもまた事実です。

それぞれの事柄についての定説と、八幡氏の見解の相違についてはぜひとも本文をお読み下さい。一つだけ印象に残ったのは、織田・徳川と武田の二つの大きな戦いを巡る見解です。この二つの戦いとは、徳川軍が大敗し、逃げる家康が馬上で恐怖のあまり脱糞したというエピソードで有名な三方ヶ原の戦いと、当時としては最新の武器である鉄砲と三段構えという斬新な戦法で武田の騎馬軍を織徳連合軍が散々に打ち破った長篠の戦いです。前者は脆弱な三河武士が武田の精強な騎馬武者軍団に蹂躙されたというイメージで、後者は旧態依然の武田軍に対し、織徳連合は最新兵器を用いて大勝したというストーリーですね。確か学校でもそう習った気がします(笑)。八幡氏はこの二つの戦いは単純に兵数の多い方が勝っただけ、という味も素っ気もない説を開陳しています。三方原では武田軍二万五千に対し、織徳側は一万一千、長篠では同一万五千に対し三万五千。血湧き肉踊る戦国物語ではなく、冷徹な現実ってやつです。実社会の経験からは冷徹な現実のほうが強いと学びましたね(泣)。戦国シュミレーションもののゲームだって、武将の才能より兵力のデカい方が強いんですから…。

俗に「歴史を学ぶことの一つの価値は、過去を研究することでその過ちを分析し、同じ間違いを繰り返さない方策をたてることだ」などと言いますが、事象の見方をまるっきりひっくり返されるような説を次々と出されると、なにを基準に考えればいいのか、よくわからなくなってしまいますね。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-04-01 07:36 | 読んだ本 | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31