『よろず屋稼業 早乙女十内 一 雨月の道』を読んだ

よろず屋稼業 早乙女十内(一)雨月の道

稲葉稔/幻冬舎

undefined

早乙女十内シリーズの第一巻。例によってkindleのバーゲン本コーナーで見かけて衝動DL。稲葉稔氏の作品を読むのはこれが初めてです。

主人公の早乙女十内は幕府の要職にある名門旗本の次男坊。幼少の頃は、長男である兄が、「明日をも知れぬ」レベルの病弱体質だったため、跡継ぎとしての期待をかけられ手厚く遇されていたのですが、長じた兄が健康となってからは、一家の中での厄介者扱い。そのことで少々やっかみ気質となってしまった十内は部屋住みの身に甘んじることも、他家への婿入りも潔しとせずに、町人と同じ長屋に住んで「よろず屋」を開業。人捜しなどで生計を立てています。幼い頃から鍛えられたこともあって優れた剣技を持ってはいるものの。その腕を披露する機会にもそうそう恵まれない、その日暮らしの毎日。

自ら選んだ道とはいえ、うらぶれた境遇にあって満たされぬ思いを抱えた身、という設定は心ならずもサラリーマンとして口に糊している方には感情移入しやすいものだと思います。私は大いに身につまされました(苦笑)。

さて、十内はとある商家から人捜しを頼まれます。捜す人物はその商家の一人娘への入り婿。かざり職人として独立しているのですが、何故かその商家のカネを持ち逃げしたというのが捜される理由です。持ち逃げされたのは二百両余。にもかかわらず、ケチとして名の通っている商家の主人が五十両もの金を成功報酬で支払う、という話に違和感を覚えた十内は婿を捜すと同時に、この商家が婿を捜す本当の理由を知ろうと奔走します。

で、数々の妨害にも関わらず、その謎を解いて、こじれた人間関係(婿と嫁である商家の一人娘の間にはいろいろな問題があったということ設定になっています)も修復して、十内の剣の腕も存分に披露される場も生じるというストーリー展開です。

まあ、一言で言ってしまえば、昭和の時代劇の典型的なストーリー展開です。日頃は冴えない主人公が、いざとなったら凄腕を発揮して謎を解いて悪人を懲らしめて最後はメデタシメデタシ。十内のキャラクター設定だけは少々ひねってありますが、主人公が遊び人の金さんでも徳田新之助でもまったく同じストーリーで通用してしまいます。よくいえば、昭和の時代劇へのオマージュ、悪くいえばモロパクリ。それ以上の感想は持ち得ませんでした。このシリーズかなり巻数を重ねているようですが、次の巻に進みたいか?と問われたら「微妙」と返さざるを得ませんね。



[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-03-16 12:03 | 読んだ本 | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31