『ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー』鑑賞

ソフィー・マルソーのSEX■LOVE&セラピー [DVD]

ソフィー・マルソー,パトリック・ブリュエル,アンドレイ・ウィルム,ジャン=ピエール・マリエール,マリー・リヴィエール/インターフィルム

undefined



ソフィー・マルソーが超肉食の美魔女を演じた一作。

ソフィー・マルソーといえば、アラフィフ世代にとってはなんといっても『ラ・ブーム』でしょう。思春期を迎え、恋心に目覚めていく可憐な少女を演じた同作を観て、美少女ソフィーに惹かれた男子は少なくなかったはずです。公開当時男子校の高校生だった私も、美少女ソフィーに魅せられた一人でした。

それから数年後、彼女は見事なセクシー美女に変身します。豊満な肉体を披露したヌード写真を発表してみたり、ボンドガールになってジェームズ・ボンドと濡れ場を演じたりする大人の女性としてのソフィーを観て、引いてしまったロリコン男性もいると思います。私自身は成長した姿を好ましく(もちろん相当なエロ目線は入っています 苦笑)観てましたけどね。

さて、そんな彼女も当年とって50歳。顔のアチコチにあるしわは年輪を感じさせますが、プロポーションはボンドガール当時そのまま。まさに昨今流行の「美魔女」の条件にぴったりと合致する姿でスクリーンを駆け回ります。

彼女が今作で演じるのはセックスのことばかり考えているという美魔女。海外各地を股にかけ取引先の男性担当者をその美貌と肉体的な魅力で籠絡する敏腕営業職というキャラクターが付与されています。彼女が日本人らしき得意先と一戦交える倉庫にはなぜかニッカのウイスキーがずらりと並んでいます。後半部分でもニッカは印象的な部分で登場します。ニッカはフランスで人気があるんでしょうかね?

閑話休題。

彼女の「性癖」を快く思わない上層部からクビを言い渡された彼女は、ひょんなことからカップルセラピーのクリニックに潜り込みセラピストとしての職を得ることとなります。カップルセラピーとは男女のセラピストがコンビを組んで夫婦(または事実上の夫婦といってよい二人)の間の問題を解決するというものです。日本ではお目にかかったことはありませんが、彼の地ではポピュラーなものなのでしょうかね?いずれにせよさまざまな悩みを抱えたカップルがこのクリニックを訪れ、セラピストの経験などないはずの彼女からトンチンカンな回答を得て混乱に拍車がかかってしまったり、逆にうまく問題が解決する姿がコミカルに描かれます。フロイトじゃあるまいし、何でもかんでも性衝動に結びつけりゃいいってもんじゃない気もしますが、まあそういう設定を楽しむしかありません。

そして彼女は相棒の男性セラピストと恋に落ち、自分自身が様々なトラブルに直面する、というのが大まかなストーリー。フランスの作品らしく、色々なところに、細かく、かつ「高度」なくすぐりが入っていたのだとは思いますが、彼の地の文化には明るくない私にとってはイマイチ笑えないシーンが続きました。

昨今は日本の女性もずいぶん大胆に自由に行動するようになったとは思いますが、まだフランスの、それこそ本能のおもむくままに快楽を求めるという奔放さは一般化していませんね。少々誇張されているとはいえ、女だって普通に性欲があり、男をとっかえひっかえすることだってあるさ、という主張は日本の文化と照らし合わせたギャップとしてココロにひっかかりました。文化の差の前に、日本の普通の女性の場合は、この作品のソフィーのような美しさを保ったまま美魔女になれる人の絶対数が少ないってのもあるのかもしれませんがね。

俗に天才子役は大成しないなどといいますが、ソフィーに関して言えば、大スターとまでは言えないにせよ確かな演技力を身につけて立派に一本立ちしてるな、という印象を受けました。ソフィーみたいな女性が目の前に現れたら…、気後れしてナンパなんて思いもよらないでしょうね(苦笑)。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2017-02-23 10:56 | エンターテインメント | Comments(0)

なんだかんだで読んだ本のことばっかり書いてます。たまに映画、時々食い物とドライブとラグビー観戦。


by 黄昏ラガーマン
プロフィールを見る
画像一覧