『10・8−巨人vs中日史上最高の決戦』を読んだ

10・8―巨人vs.中日史上最高の決戦

鷲田 康/文藝春秋

undefined


公式戦の最終戦で勝率がまったくの同率で、勝ったほうがシーズン優勝というプロ野球史上初の大一番となった1994年10.8の中日-巨人戦に関するドキュメンタリー。スポーツライター鷲田康氏の作品です。この試合、私はテレビ桟敷で観戦してましたが、事前からマスコミにあおるだけにあおられたせいもあって、相当に興奮しながら観ていた覚えがあります。

夏前までの楽勝ムードから泥沼の連敗を経てこの日にたどり着いた巨人と、シーズン終了前に早々と高木監督の解任を発表していながら、終盤に一気の連勝で瞬く間に頂上の一歩手前まで上り詰めてきた中日。事前の予想では明らかに後者の方に勢いを感じました。しかも当日の先発は巨人キラーの名をほしいままにしている今中投手。巨人は先発の槙原を始め、斉藤、桑田の三本柱をすべて投入する、と試合前からぶち上げていましたが、いかにいい投手をつぎ込んでも、打って点をとらなきゃしょうがないしなぁ…ってのが試合前の私の個人的な不安でした。 しかし、その不安は二回にでた四番落合のソロホームランで一気に吹っ飛びました。打つべき人がきっちりと仕事をして先制点を取る…。大体において巨人は先行逃げ切りという展開で力を発揮するチームなんです。先発投手のイキがいいうちに、打線がしっかりと点を取って、後は磐石の中継ぎ、クローザーへとつなげて逃げ切る。まずはこの勝ちパターンに一歩近づいた。どうにかこのまま行ってくれ、という当時の心境は今でもかなりリアルに思い出すことができます。

この後、各イニングに関して、どちらかのチームから一人「主人公」が選ばれて、その選手の過去-10.8-その後まで、かなり詳細な物語が語られます。落合の負傷退場、桑田のひじの怪我、立浪の左肩脱臼、斉藤の脚の怪我等々。特にこの中では立浪の左肩脱臼あ印象に残っていますね。非常にスマートで泥臭さを感じさせない立浪選手が、一塁にヘッドスライディングし、セーフにはなったものの、左肩を脱臼。後に前年までチームメイトであった落合氏が「あいつはあんなことをやるやつじゃなかったのに、怪我までしてセーフになろうとした。あの姿をみて中日の必死さを感じた」という主旨の発言をしたと記憶しています。

結果としては巨人が勝ってセリーグ優勝。勢いに乗って、西鉄ライオンズ時代からの仇敵であり、当時は「球界の盟主」の座をあらそっていた西武ライオンズをも破って日本一となります。この本の中で、鷲田氏はさまざまな方法で祝祭的な異次元を演出した長嶋茂雄氏に率いられた巨人が、あくまでも普段どおりの野球をやろうとした中日に勝ったと述べています。こと、「この一戦」に際して、いかに選手の力を引き出すか、に関しては長嶋氏の方が一枚上手だったといわざるを得ません。もっとも高木氏が長嶋氏と同じ事をやろうとしてもうまくいかなかったとは思いますがね。この辺の違いがスターと野球職人の違いなのでしょう。どっちがいいとか悪いとかではなく、あくまでも方向性の違いなのですが、10.8の決戦時に関しては、スターのかもし出す非日常が日常を飲み込んでしまったというわけです。

読み終えて、当時の興奮を思い出すとともに、すでにあれから22年もの月日が流れてしまったことに思い至り、感慨にふけってしまいました。その間、日本プロ野球もずいぶん変わってしまいました。そういう意味ではあの一戦は最後の奇跡だったのかもしれませんね。

[PR]
by lemgmnsc-bara | 2016-12-21 19:54 | 読んだ本 | Comments(2)
Commented by himaru73 at 2016-12-21 21:55
先発3本柱をすべて投入。
最終決戦なのでそうするのが当たり前と思いつつも、疲労の度合いがどうとかハラハラドキドキの試合だったことを思い起こします。
この書、読まねばなりませんな(^^)/
Commented by lemgmnsc-bara at 2016-12-23 06:58
> ひまる。さん
おはようございます。毎度コメントありがとうございます。非日常の状態を作り出して、選手を一段上の緊張感に置き、異常なまでの集中力を持たせる、ということに関して、長嶋氏は天才かもしれません。ただし、これは精々3試合くらいしか出来ないオハナシでしょう。こんな試合をシーズン通して出来たら、多分選手は1シーズンでおしまいです(笑)
<< 『熊撃ち』を読んだ 『マイケル・ムーアの世界侵略の... >>