『峠越え』を読んだ

峠越え (講談社文庫)

伊東 潤/講談社

undefined



戦国時代に数々の名将あれど、最後に天下を取ったのは徳川家康ですね。いったい家康という人物のどこが優れていたのでしょうか?伊東氏は作品中で、家康の師である太原雪斎の口から「お前は平凡なやつだ」という言葉を語らせて、その性質が凡庸であると定義しています。そしてその凡庸さの証拠として、軍略の天才武田信玄に散々に打ち破られる姿と、「上司」である織田信長にいいように使われる姿を描きます。家康が優れているところといえば、辛抱強いところと、切り所(いわゆる勝負所)をはずさない勘働きの鋭さだけ。もっともこの勝負所を乗り切るに至ったのは多分に幸運に恵まれたが故、という説明もなされています。あとは強いてあげれば個性豊かで、時には君主家康をも叱り飛ばすような部下がいたことくらいでしょうか。

とにもかくにも、姉川の戦いで殿軍を勤めたことを筆頭とする、さまざまな切り所を切り抜け、家康は武将として成長し、自身が率いる徳川軍団もどんどん巨大化していきます。そんな家康に脅威を感じていたのは、他ならぬ織田信長。信長は家康の嫡男信康と正室築地殿に謀反の疑いありとして、処刑することを要求し、家康の助命嘆願をはねつけて処刑させてしまいます。長年同盟を組み、一緒に死地をくぐってきた同志に対してのあまりにもむごい仕打ち。家康はじっと耐えます。そして信長は最後の手段として、家康の暗殺を企て、わずかな手勢しか率いらせずに堺までおびき出します。しかし、ここで家康は「天才」織田信長が思いもよらぬ方法で意趣返しをやってのけてしまうのです。戦国時代最大の謎である「本能寺の変」の一つの可能性が、史実に矛盾することなく、見事に解き明かされています。この展開には「う〜ん、そうきたか」と思わずうならされちゃいました。この着想は少なくとも私には今までなかったものです。

さて、信長の謀略をしのいだ家康ですが、この後には史実でも有名な伊賀越えが待っています。信長による大規模な虐殺を骨髄に感じている伊賀の地侍たちが、信長の盟友である家康を黙って通過させるわけはありません。しかも伊賀は名だたる忍者の里。攻撃してくる男たちはすべてが手練れの忍者ばかりという設定です。ここで実際に峠を越えようとする家康一行の姿と数々の切り所という峠を越えてきた家康の姿をダブルミーニングで表したタイトルが利いてくるというわけです。なかなか凝った作りですね。掛詞そのものはシンプルではありましたが、意味は非常に深いものでした。

余談ながら、この物語には秀吉はまったくと言ってよいほど登場しません。秀吉が家康の前に立ちふさがるのはもう少し先の話ですし、信長という峠が道なき道を切り開いていくような道行きでようやく越えたものであるとするなら、秀吉という峠は、家康が越えようとしたときにはすでに崩れ去って平坦な道になっていたようなものですから、ドラマ性には欠けるのでしょう。読み応えのある一冊でした。

[PR]
Commented by himaru73 at 2016-11-20 16:43
”「本能寺の変」の一つの可能性が、史実に矛盾することなく、見事に解き明かされて・・・”
というのに、興味を惹かれます。
いろんな説を耳にしますが、まだあるんですね( ゚Д゚)
「伊賀越え」についてしっかり読んだことがないので、そちらを満たす意味でも、さっそく手に入れようと思います。
Commented by lemgmnsc-bara at 2016-11-23 05:47
> ひまる。さん

おはようございます。返信遅れて申し訳ありません。毎度コメントありがとうございます。
「本能寺の変」の解釈について、私はこの本で展開されている「説」に関しては初めて目にしました。百聞は一読にしかず。見事に矛盾なく描かれていましたよ。この本に限らず、伊東潤氏の作品はオススメです。
by lemgmnsc-bara | 2016-11-19 19:53 | 読んだ本 | Comments(2)